書籍・雑誌

大学時代を買う

今日は久しぶりの「まいどおおきに食堂」→いつもの「鴨江珈琲」T&B→またまた磐田市の「BOOK・OFF」というコースでした。
そして今回は月刊「長嶋茂雄」の立教大学時代を買いました。
P5160011-2
立教での活躍は私もすでに知ってますが、巨人時代よりは知らないことが多いので読んでみたいと思いました。
この調子だとお店に並んでいる月刊「長嶋茂雄」を全部買ってしまいそうですが、さすがに私はそこまではしないです。
というのも、ぶ厚くて、大きくて、重たくて、立派な製本の「長嶋茂雄写真集」をすでに持ってますので・・・。


| | コメント (0)

最終日も変わらず

もう連休中の日課になっている「鴨江珈琲」通い。
今日はケニア・マサイ浅煎りにしました。
P5100036-2
小雨が降ってましたが外のベンチにはなんとか座れたので、今日もボーッとしてました。
深煎りに慣れているので浅煎りの酸味が強烈に感じましたね。
あ~、今日で五月連休が終わってしまう・・・。
早く夏休みが来てほしいな!
その後は本探しでついに磐田市の「BOOK・OFF」まで行ってしまいました。
昨日まで行った3店舗より小さかったですが、読んでみたい物があったので買ってみました。
P5100049-2 
ベースボールマガジン社の分冊百科シリーズの「長嶋茂雄」創刊号です。
定期的に発刊されるのを購入し続けてやっと揃うというあれですね。
このシリーズのVol.11だけ持っています。
行ったお店には全号あったようですが、これをパラパラッとめくっていたら見た記憶が無い写真があったのでこの号だけ買いました。
P5100051-2 
長嶋さんがデビューした開幕戦の様子です。
内角高めの速球をフルスイングした時の写真でしたが、いかにも長嶋さんらしいと思いました。
ハッキリ言ってシビレマシタ!!
そんなにページ数がない冊子ですが、写真が多いので楽しんで読みたいと思います。
明日から仕事ですけど、元に戻るまで時間がかかりそうだな・・・。


| | コメント (0)

まいったな・・・。

昨日長嶋さんと王さんの自伝2冊を買いましたが、昨日のうちに長嶋さんを、今日は王さんを読み終えてしまいました。
この2冊があれば日曜日までの連休の間はもつと思ってましたが、やっぱり無理でしたね。
残り4日。
どうしましょう?
再び「BOOK・OFF」へ本探しに行くのもいいけど、それじゃあキリがないなぁ・・・。

| | コメント (0)

ON砲!

連休中に当てにしていた図書館が利用できないのは痛いです。
でも新刊は意外に高い!
ということで、今日は「何か良い本があったら・・・。」の軽い気持ちで「BOOK・OFF」へブラッと行ってきましたが、ありました!
P5050046-2
長嶋さんと王さんの自伝的な本です!
どちらも日本経済新聞朝刊に掲載された“私の履歴書”の書籍化のようです。
この2冊を手にレジ待ちしているだけでも誇らしい気分でした。
とても重みを感じる本ですので、じっくり読んでみたいと思います。
いやあ、「BOOK・OFF」に来て良かった。
気分を良くした後は「鴨江珈琲」のテイクアウトで、私はケニア・マサイ深煎りを購入しました。
あまりにも外が気持ち良かったので、入り口横の椅子で妻と2人でのんびりといただきました~。
P5050025-2 
スズメ(?)の行水も見られたし、とても心地よい時間を過ごすことができました。
P5050026-2


| | コメント (0)

日本への思い

図書館で借りていた「ベーブ・ルース自伝」を読み終えました。
1934年(昭和9年)にアメリカン・リーグの選抜メンバーの一人として来日て大歓迎を受けましたが、その時の思いが記されていたので紹介したいです。

「いま思い返してみると、あれだけ友好的な国民が無意味な戦争にかりたてられたのだから、ひとつの国の政府というものがいかに恐ろしい力を持っているかが、わかるような気がする。」

テッド・ウィリアムズ(最後の4割打者!)の自伝だったか忘れましたが、他にも同じような言葉が出ていたことがありました。
残念ながら今の日本でも通用してしまう気がします・・・。
P4190107-2

| | コメント (0)

のっぽさん

P2100003-2
昨日の午後に本を借りたのですが、夜までに一気に読んでしまいました。
おもしろかったです。
「本当は不器用だった。」というのには驚きました。

| | コメント (0)

「人間の記録」終了

地元の図書館で日本図書センター発行の「人間の記録」」を読み続けていましたが、今日ついに全部読み終えてしまいます。
「人間の記録」は日本の著名人の自伝を編集・発行したシリーズで、全部で200巻あるはずです。
そのうち167巻あたりまでは順調に借りることができたのですが、それ以降は抜けている本が多く、その抜けている人物は自伝の題名と同じ本を借りて読みました。
でもそれもついに尽きてしまいました。
意外にも美空ひばりさんの本が無かったな~。
ぜひ読んでみたかった具志堅用高さんも無かったな~。
でもネットで探し出して読む気は最初からありませんでした。
あくまで借りて読むっ!

問題はこの後は何を借りて読めばいいのか・・・。
できればまたシリーズ物を読みたいのですが、それを探し出すまではとりあえずは映画俳優の自伝でも読もうと思います。


| | コメント (0)

本2冊

図書館で借りていた力道山さんの自伝「空手チョップ世界を行く」をやっと読み終えました。
P7280005
本当は先週の夜勤の夜休み時間に読むつもりで借りたのですが、B5判と大きく、しかも写真集のように表紙と裏表紙がガッシリして持って行くことが難しかったのです。
そこで今日は残りのページを睡魔と闘いながら読みました。
でも読み終えた途端に睡魔に完敗し、4時間近く寝てしまいました。
気がついたら午後3時前。
もーせっかくの日曜日だったのに・・・。
交替勤務は身体に良くないっ!
ところで妻はというと、三浦百恵さんのキルト作品が載った本を先日買ってきてました。
P7280010
現在の百恵さんの写真が出ているということだったので、失礼ながら作品の写真は飛ばしてそれを探しました!
う~ん、よーく見ると昔の面影がなんとなく残っているかなぁ・・・。
でも知らずにお会いしても絶対に気がつかないと思います。
逆にどこにでもいる普通の女性になられているのがうれしかったですね。





| | コメント (0)

エノケン

図書館で借りて読みました。
P5240029
ほぼ一気読みでした。
私は榎本健一(エノケン)さんはもちろん知ってますが、私は映画は「エノケンのホームラン王」しか観たことがないです。
もちろんテレビで放映したものなので録画保存してます。
妻は「お笑い芸人の・・・。」なんて言ってましたが、そういう下等な呼び方じゃなくて、この方は“喜劇役者”か“喜劇俳優”と呼ばなければいけません。
返却日までまだ日があるので、もう1回読んでみたいと思ってます。




| | コメント (0)

一気読み

先週東京へ「劇団415」の舞台公演を観に行った時、小劇場の手前の古本屋で面白い本を見つけたのですが、その時は買わずに帰ってきました。
でも帰ってから無性に読みたくなりまたので、ネットで中古本を購入しました。
P4210043 
「喫茶店百科大図鑑」(カメラとペン・沼田元氣)です。
喫茶店についてのどうでもいいこと(!)がいろいろ書かれていて、まさに“大図鑑”なのです。
古本屋で見つけた時はこの本の装飾が気に入りました。
まずはビニールカバー。
これは喫茶店で読む時に汚れないように作ったためだそうです。
もう1つは角が丸くカットされていること。
見開きにすると四隅がR(円弧)状になっているのです。
そんなところがおもしろいな。

読み出したら一気読みでした。
マッチ、カップ、コースター、ナプキン、カフェマヌカン、看板、内装、映画など、写真も多くて読みやすかったです。
東京の喫茶店を紹介しているので行ったことがないお店ばかりでしたが、機会があったらぜひ行ってみたいと思いました。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧