旅行・地域

方向音痴

 昨日の歩き疲れのことや明日の休日出勤のことも考えて、今日は家で1日のんびりすることにしました。

 その結果は読書→昼寝→買い物→読書→昼寝・・・でした。

 とにかくうつ伏せになって本を読む度に強烈な睡魔に襲われたのです。

 でも気持ちよかったですね。

 眠たい時に眠るのがこれほど気持ち良いとは!

 それにしても昨日の大須商店街はよく歩いたな~。

 でも東西南北の方向感覚がずっとおかしかったです。

 商店街は東西方向に長いのですが、東に歩いているつもりが実は北に、南に歩いているつもりが実は東に・・・。

 地元の浜松駅は東西に線路が伸びていますが、地下鉄大須観音駅は南北に線路が伸びている、たぶんこの違いのためではないかと思っているんですけど。

 家に帰って冷静になってガイドマップを見ても、まだ何か不思議でおかしな感じがしたくらいです。

 線路は東西に伸びているもの!という思い込みが邪魔していたようですね。

P8190022_2

 ↑握り締めて歩いたためにヨレヨレになったガイドマップですが、こんなに広い場所に、こんなに多くの店がズラッと並んでいますよ。

 ほとんどがアーケードになっているので雨が降っても大丈夫です。

 大須商店街、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

歩いて歩いて・・・

 今日は愛知県名古屋市中区にある大須観音の骨董市へ、妻と一緒に遠征して見てきました。

 本来は“商店街の聖地”大須商店街を目的として行く予定でしたが、毎月18日と28日に骨董市が開催されていることに気がついたので、そちらをメインに行くことに決めたのです。

 でも今日の名古屋は途中で雨が降ったりしたので、売主さんたちは雨避けシートを出したり引っ込めたり大変そうでした。

 初遠征の骨董市なので期待してましたが、本当の骨董品が多くてグッズ関係が少なかったので、私も妻も買う気になったものがなく残念な結果となりました。

 珍しくカルビーの昔の野球カードのセットがありましたが、中身がどんなカードかわからなかったのでやめておきました。

 私たちは悪天候だった前半は商店街と骨董市を何回か行ったり来たりしてました。

 だから後半も含めてかなりの距離を歩きました。

 私は大丈夫でしたが妻は辛そうでしたね。

 そんなこともあって「疲れたな~。」と思うたびに何回かお店に入って休憩です。

P8180003 まずは「コメダ珈琲店・上前津店」で、私は朝食代わりにブレンドコーヒーとハムサンド。

 ビルに入っている店舗のためか、単独店舗とは雰囲気が全く違いました。

 平日の朝ってこともあったでしょうが、静かでのんびり出来ました。

 こういう感じのコメダだったら私は許してあげます。

P8180006 次が「星乃珈琲店・大須第2アメ横店」です。

 店内はおしゃれでしかも高級感があってすごく良かったですよ。

 席も隣が見えないように区別してあって落ち着けました。

 暑さと歩き疲れで汗が出たのでここではアイスコーヒーを飲みましたが、ふと外を見たら強い雨が降り始めました。

 折りたたみ傘は持っていましたが、ずぶ濡れにならなくてラッキーでした。

P8180010 お昼はサラッと軽いものを食べたかったので、「あした葉・大須店」でざる蕎麦をいただきました。

 やや細めに見える蕎麦でしたが噛み応えがあってしっかりしていて美味しかったです。

 意外にも若い子達が後から数組入ってきましたね。

 “若い子=脂っこい食べ物”と思っていましたが、日本食をわかってくれている子達がいるのはうれしかったですよ。

P8180013 最後は行きたい店の開店待ちを兼ねて、甘味処の「七福堂」で黒みつあんみつをいただきました。

 ここは以前来た時に雑煮を食べたので覚えていたお店です。

 私にしては珍しく和風の甘い物を食べましたね。

 かき氷もありましたがお腹が下ったら困るのでこちらにしました。

 美味しかったですよ。

 さて、その開店待ちまでして行きたかった店というのは、昔の懐かしいおもちゃの専門店です。

 驚くほど狭い店ですが、ここも前回の時に来たことがあります。

 今日立ち寄ったらお店のご主人が私たちのことを覚えていてくれました。

 ここは当時の本物のおもちゃが多くてそれなりのお値段もしますが、どういうおもちゃなのかをご主人がしっかり説明してくれるのでとても助かります。

 話しがおもしろいご主人でもあるので、今日も私たちは楽しい時間を過ごさせていただきました。

 私は手ぶら帰宅でしたが、妻は2つほどかなりお安くしていただいた物を買うことができました。

 まあとにかく今日はよく歩きました。

 最初は東海道線で来ようと思い、電車が混むかもしれないと思って車で・・・と思いましたが、結局は一番楽で一番お金が掛かる新幹線での往復となりました。

 でも結果的にはそれで良かったです。

 また行きたいです!

P8180007

 (↑何だかはハッキリわかりますが、ちょっと違うんだよな~。)

 

 

 

 

| | コメント (0)

超短の旅

 夏休み連休に入ったのに家で過ごすだけではもったいない!

 ということで今日は遠州鉄道の電車の1日フリーきっぷを買って旅をすることに決めました。

1280pxenshu_railway_line_1501 ←画像はウィキペディアよりいただきました。

 浜松人は“遠州鉄道の電車”と言うよりも断然“赤電(あかでん)”でしょう!

 実は私は赤電が高架になってからは乗ったことがないのです。

 その赤電の1日フリーきっぷは1000円だそうです。

 家を出る前にお腹の調子がやや変だったのですが、念のためトイレには行っておいたので大丈夫。

 でもバスに乗ってすぐに「?」

 こりゃあ浜松駅どころかバスが次に曲がる交差点までもちそうもない!

 次に曲がるどころか次の信号までもちそうもない!

 非常に危機的な状態に陥ってしまったので、緊急に下車して近くの公衆便所へ駆け込むことになってしまいました・・・。

 冷や汗というより脂汗が出てしまいました・・・情けないです。

 バスに乗ってから5分も経っていなかったですね。

 “赤電の途中下車の旅”のはずが“超途中下車の旅”で終わってしまいました。

 当然今日はこのまま家で過ごすことに。

 なんでこーなるの?

 朝飲んだ冷たい牛乳が良くなかったのかな。

 このリベンジは後日必ず果たします!

 皆さんも冷えた牛乳に気をつけてください。

 現在は体調は元に戻ってます・・・。

 

 

 

| | コメント (0)

喜劇駅前旅行

 今回も映画を観たわけではありません。

 実は昨日から妻と2人で1泊でJR清水駅前旅行に行ってました。

 メインイベントは駅前から伸びている「清水駅前銀座商店街」の散策です。

 旧東海道復路の旅の時に見つけて、近いうちに行ってみたいと思っていたのです。

 やっぱり長~い商店街でした!

P7110019 確かに長かったですが空き店舗が目立ってましたね。

 特に駅から離れるほど多かったように思えます。

 でも商店街のブラリ歩き自体はとても楽しかったです!

 日曜日まで行われていた七夕祭りの人出はすごかったようですが、私は混雑状態よりもこういう時のほうが自分のペースでゆっくり歩けるから好きです。

 旅の初日はここへ来る前に三保の松原に行きましたが、羽衣の松は「えっ、これ?」って思うくらいバッサリ切られていて、“見るも無残”とはまさにこのことだなと思いました。

P7110039 今あるのが三代目のはずで松の状態が悪いというのは聞いた覚えがありますが、まさかこんなことになっているとは思わなかったですね。

 この辺りは砂浜の侵食も激しくなっているはずなので、早いうちに四代目の松と砂浜を復活させてほしいものです。 

 夕食は市場の横にある「まぐろ館」内の、特急レーンのみの寿司屋「バンノウ水産」で。

 その後は駅前銀座商店街を出て、少し歩いた先で妻が偶然見つけた純喫茶「木馬」へ。

P7110066 入るのにちょっとためらいましたが、勇気を持って幅の狭いドアを開けて大正解。

 これぞ本物の喫茶店という雰囲気ですぐに気に入りました。

 山登りが趣味のご主人が登った山で集めているというバッジを見せてもらいました。

 古いレジスタやピンクの電話も良い雰囲気でした。

 壁にはジャズのCDが楽器ごとに整理されてあって、心地よいリズムが店内に静かに響いてました。

 ここもそうですが、最近は昔ながらの渋い喫茶店によく出会えているのでうれしいですね。

 初日や2日目で他に出かけたところもあるので、それはまた後日に紹介したいと思います。

 

 

 

| | コメント (0)

「一会」

 昨日(29日)と今日(30日)は妻と2人で東京に行ってましたが、残念ながら両日とも見事に悪天候でした。

P1290040 その中でのメインイベントは29日に行われた中島みゆきさんのコンサート「一会」。

 みゆきさんの大ファンである妻の同伴者として今回も私は参加させていただいた次第です。

 会場の東京国際フォーラムで私たちは1階席の前から3分の2くらいの座席でしたが、スピーカーからの大音響もあって最初から圧倒されっぱなしでした。

 私はそんなにファンでもないのですが、とても来月で64歳になる(えっ、そんなになるの?)女性の声とは思えない迫力もすごかったですよ!

 特に力強い高音が。

 毎度のことですが会場に来られているファンの年齢層はかなり高いですね。

 今回も知らない歌が多かったですが、私が唯一持っているCDの曲を歌ってくれました。

 それはアンコールでの歌だったので、今後コンサートに行かれるファンのために曲名は伏せておきたいと思います。

 妻はみゆきさんのコンサート、そして私が一番楽しみにしていたのは大井競馬場の駐車場でのフリーマーケットでした。

 土日に開催されているのを旅行前に調べておいて、今日(30日)は私はおそらく40年ぶりで乗るであろう東京モノレールで会場まで行ってきました。

 しかし!

 だ~れも・・・、な~にもありませんでした・・・。

 小雨決行なので傘が必要か迷う程度の天気なら絶対やっていると思ったのにっ!

 帰宅後に調べたらやはり「天候不良のため中止」となってました。

 本当にガッカリだ・・・。

 会場に行く前に調べておけばよかったなぁ。

 私の目的が目の前から突然消え去ってしまったので、その代わりとして東京観光の王道でもある浅草に行ってきました。

 表道から裏道まで歩き回りましたが結構楽しかったですよ。

P1300066 驚いたのは中国からの観光客がかなり多かったことで、特に仲見世の周囲は「半分!」といってもオーバーな表現ではないくらいでした。

 以前も中国語が聞えていたことはあったのですが、今日はこちらが圧倒されるくらいの多さでした。

 それでも浅草はやっぱりいいですね。

 残念ながら雰囲気が変わってしまった場所も一部ありましたが、裏側では浅草らしさが残っているところが多かったので、今日はそこを目当てにあっちこっち歩き回りました。

 う~ん、でも大井競馬場のフリーマーケットは必ずリベンジしたいですね。

 この他にも小ネタがいくつかありますので、旅の様子は次に続きます・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

駅前旅行

 森繁久彌さんが出演されていた映画で「駅前シリーズ」がありましたが、今回は妻と2人で久しぶりに駅前旅行を楽しんできました。

 このブログで調べたら昨年は妻の不調でキャンセル、その前というと3年前でした。

 そして今回はいつもの浜松駅前ではなくて掛川駅にしました。

 細かくいうとJR掛川駅ではなくて天竜浜名湖鉄道の掛川駅前です。

 その近く、2人で朝食付きで1泊7600円というビジネスホテルに昨日泊まりました。

 いつものようにチェックインは早めにして、外で夕食を食べるついでに掛川市街をブラブラ散策。

 掛川城はちょうど閉まった時間だったので外から見ただけでした。

 その後は見た感じ地元密着のお手本と言ってもいい「中町商店街」と「連雀商店街」を歩きました。

 ここは昭和の匂いがそのまま残されているような印象でしたよ。

 商店街の中央を通る道は旧東海道で以前私も歩いたことがありますが、その時はゆっくり見ながら・・・という余裕は全くなかったのでうっすらとした印象しか持っていなかったです。

 でも今回はしつこいくらいじっくり見ることができました。

 そこで見つけた古い雰囲気の喫茶店に思い切って入ってみることに。

P8110069 「アカシア」です。

 本当はちょっと抵抗があったのですが“COFFEE”の文字があるなら大丈夫だろうと思って入ってみました。

 中に入ったら「あれっ?」と思うくらい照明が暗くて、まるで地下深い別世界に紛れ込んだような感じでしたよ。

 でも席に座ってゆっくり見渡すとまるで古い船内にいるような店内のデザインでした。

 大きな蛇輪が壁や柱にいくつか飾られていたり、天井からぶら下がっている照明もレトロな雰囲気いっぱいでした。

 他では見られないような独特な喫茶店だと思いましたね。

 ここでは軽くコーヒーとサンドイッチをいただきましたが、まだ夕方5時ころだったのでこのままでは夜にお腹が空いてしまいそう・・・。

P8110071 さらに商店街を歩いていたら、これまた昭和の雰囲気が残ったいい感じのパン屋がありました。

 手づくりパンとケーキの店「アンデルセン」です。

 閉店時間まであと30分という時だったので残っていたパンは少なかったですが、ホテルの部屋で食べようと思ってメロンパンや白あんパンなど数種類を買いました。

 ここもお店の雰囲気が良かったですねぇ。

 特に入り口の上に書かれている「手づくりと~」の文字のデザインと色が私は気に入りました!

 もうこの2つのお店を見つけられただけでも今回の駅前旅行は大満足ですね。

 掛川駅を選んで本当に良かったです。

P8110073 さて、メインの(?)夕食は最初に見つけてキープしておいたそば処「若木屋」を選びました。

 サンドイッチを食べてしまったし、麺類で軽く・・・ですね。

 昨日も暑かったですが、そういう時だからこそ私はきつねうどん!

 1枚の大きい油揚げではなく小さめに切られていましたが、醤油風味と思われる濃いめの出汁の味が充分染みていて美味しかったです。

 やはりジワッと汗をかきました。

 ホテルに帰ってからは先ほど購入したパンをいただきました。

 名前は忘れたのですが、形は丸くて外が硬めで中にクリームのような甘い物が入っているパンが私の中では第1位でした。

 中の甘い物がどこか懐かしい、昔味わったような記憶がある味でしたよ。

 ぜひこのパンはもう1回食べてみたいです。

 わざわざ遠くに行かなくても近場で充分楽しめた「駅前旅行」でした。

 ぜひ次回も古い商店街がある駅を・・・それが近くにあったらいいんですけどね。

 そして今日は妻の実家へ行き、私だけ先に帰宅するついでに妻とまた秘境カフェへ行ってきました。

 今回もカフェの子猫に水を飲まれました・・・。

P8120096_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

“大幹部最期の地”へ

 今日は有給休暇を取ってあったのでのんびりできました。

 そうは言いましても妻と買い物へ行く途中の成り行きで、突如、日本三大砂丘のひとつ・中田島砂丘を歩くことになりました。

P9220054 砂丘を歩くのは何年ぶりかな?

 近くに住んでいて来ようと思えばいつでも来れるのに、前回来た年数さえ覚えていないくらい久しぶりです。

 砂丘への入り口も昔に比べたら観光地らしく立派になっています。

 私が子供のころは入り口を入って少し歩いた先の左側に観光用のラクダがいましたね。

 お金を払うと背中に乗って砂丘を観光できたと思います。

 ラクダの他にも観光客を後ろに乗せてそれを引っ張っていく馬もいたような記憶があります。

 そんな昔を思い出しながら進んで行ったら、思ったより砂の山が高かったですね。

 もっと平らになっていると思っていたのですが、砂が流れていくのを防ぐ堆砂垣(たいさがき)という物を設けてあるためか、一山越えてようやく海岸へたどり着けた感じでした。

P9220060 視界がグーッと広がっていて、やっぱり海は広いな。

 海は大きいな。

 海から吹いてくる潮風も気持ちよかったです。

 今日は平日ですが家族連れも数組いました。

 横ではお父ちゃんと手を繋いでいた子供がいましたが、波が押し寄せてきて逃げる時に波の中で転んでしまい大泣きしてました。

 そんな海でもやっぱり楽しいな。

 そう思いながらしばらくボーっとしてました・・・。

P9220092 ここはあのショッカーの大幹部・地獄大使が倒され、それによってショッカーが消滅した由緒ある場所なのです。

 ここから新組織・ゲルショッカーへ、そしてブラック将軍へと繋がっていくのです。

 だから、私の中では「中田島砂丘=地獄大使」以外は考え付きません。

 本郷猛・仮面ライダー1号のおかげで今の砂丘には平和が訪れています・・・。

 砂丘から戻ってくるとトイレの向かいに手足を洗う水場がしっかり用意されているので安心ですよ。

 昔からある水車もまだ残されていました。

 今日は凧も上がってましたよ。

 最後に・・・「ショッカー軍団、万歳!」

P9220090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

古物巡り

P3150011  東京・中目黒の公園にあった河津桜がきれいでした。

 さて、15日の土曜日の舞台「ステージ・ドア」を観た(その時の模様はこちら)後の翌日の日曜日は、中古レコードを探しに神保町まで行ってきました。

 探し物とは、山内賢さん&和泉雅子さんの「二人の銀座」、浜田光夫さんの「青春ア・ゴーゴー」、石原裕次郎さんの「紅の翼」の3曲です。

 神保町と言えば古本屋のイメージだったのですが、調べてみたら老舗の中古レコード店も多いようなので行くことに決めたのです。

 3軒ほど回りましたが、分類ジャンルに“レコード会社別”というのがあるのを見つけました。

 トホホ・・・そこまでは調べてこななかったな。

 「二人の銀座」が何レコードなのか?

 浜田光夫さんは?

 裕次郎さんは?

 結局は思い当たるところをくまなく探すしかなかったですね。

P3160107 そして今回購入したのが「二人の銀座」と「星空の二人」。

 見つけてくれたのは妻だったんですけどね。

 この2枚は“グループ”というところにありました。

 できればこういうのは“デュエット”として分けてほしいですね。

 でも今回の収穫としては一応目的は達成。

 これで「東京ナイト」に続いて山内さん&和泉さんデュエットで欲しかった物が揃いました。

 古本屋も数軒覘いたりしましたが、そちらはこれといったものはなかったです。

P3160068_2 帰る前には近所で見つけた「神田伯剌西爾(ブラジル)」(ホームページはこちら)という渋い喫茶店でコーヒーを飲みました。

 私たちが入った禁煙席のスペースは狭かったですが、音楽も流れていなかったのでとても静かな時間を過ごすことができました。

 もちろん私はカプチーノ。

 食べるものはケーキとゼリーしかなっかので、その中からベークドチーズケーキを選びました。

 それにしても最近は私にしては珍しくコーヒーをよく飲むなあ。

 相変わらず味や風味の違いはほとんどわかりませんけど。

 最後には地下鉄で東京駅に行って、そして駅舎を中から外から見学して帰りました。

 今回は愛川欽也さんや任漢香さんにもお会いできたし、とても良かった1泊の旅でしたよ。

 次回は行きだけでも高速バスを使ってみようかなと思っています。

 金額がぜんぜん違いますからね。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

穴場!大須商店街

 昨日(金曜日)は中島みゆきさんの「夜会工場Vol.1」を観るために名古屋市金山へ行き、そこで1泊してきました。

Pc130105 今回は今までの「夜会」で歌われた曲を振り返るという内容だったようです。

 当然私は中島みゆきファンの妻のおまけとして参加(?)しました。

 妻がファンクラブを通して購入したチケットの席がなんと前から6列目!

 ほんの10mくらい先ご本人が歌ったりしたので、妻は相当感激したそうですよ。

 しかしそんな前の位置ですから公演の2時間はずっと顔を上げっぱなし。

 後半は首が痛くなり、しかも途中休憩もなかったのでお尻も痛くなったりして辛かったです。

 さらに舞台スピーカーの前方に座っていたので、大音響で腹部が振動しっぱなしで変な感じでした。

 大スターを間近で見られるのはうれしいことですが、舞台観賞の時はもう少し後ろの席のほうがいいですね。

 そしてこういう時に問題になるのがメイン行事の次の日の行動。

 今回も特に「どこへ行く?」を決めてなかったのですが、ホテルの部屋に帰ってから地元の無料の観光ガイド冊子を観ていた妻が“大須商店街”という記事を見つけてくれました。

 そこには「活気と情緒あふれるアーケード街」とあったので、思いっきり地元密着のにぎやかな商店街を想像しながら地下鉄に乗って大須観音駅で降りてみました。

 大須観音の大きさにも驚きましたが、大須商店街が想像以上でした!

Pc140140_2 スタートは大須観音を抜けた先にある“大須観音通”から歩き始めたのですが、アーケードを出て信号を渡った先に見えた次のアーケードが長い、長い。

 先の出口が見えないくらい長かったですよ。

 途中で大須マップというのを手にとって確認したら、1本隣にもあるある、長~い商店街!

 逆方向にもある!

 90度方向にもある!

 マップ上での「~通」は全部で8箇所もありました。

 商店街好きの私はこれはタマラナイ現実ですっ!

Pc140144 アーケード街を歩いていてふと横道に目をやると、昭和のころを思い出させてくれるような店先のほほえましい情景があったりして、それはそれは楽しい時間でした。

 とても全部は回れなかったですが、私の見た感じで言うと、服装関係の店多数、食べ物屋多数、雑貨・アクセサリーの店多数、アンティーク店多数、老舗多数、メイド関係ごく僅か・・・というところでしょうか。

 小規模の期待はしていましたが、東京・浅草意外でこんなににぎやかで人が多い商店街は久しぶりだったのでうれしかったですよ。

Pc140164 帰りかけた頃には偶然にも“昭和レトロ”を感じさせてくれるお店を発見できたので、そこのご主人とあれこれ話をして、私も妻もそこのレトロ商品を購入しました。

 もちろん左が私。

 NASCARを思わせてくれるブリキの車ですが、お店のご主人の話では大事なのは「MADE IN JAPAN」であること。

 昔はブリキといえば日本製が当たり前でしたが、今のブリキ物はほとんど中国製ですからね。

 右(妻購入)はイラストレーターの故・内藤ルネさん(男性!)がデザインしたパンダの当時物の小さい置物。

 調べたらこれはパンダが来日する前にデザインされた“ルネパンダ”といって、日本で最初のパンダデザインになるそうです。

 ルネさんのことは妻は知ってましたが私は全くわからず。

 だからこの置物の価値もさっぱりわかりません。

 とにかく慌しい2日間も最後は良い形で締めくくることができました。

 この商店街はぜひまた来てみようと思ってます。

 なんだかここ1年くらいで急に掘り出し物探しが大好きになってきたなあ。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

| | コメント (0)

涼・山中湖・・・おまけ

 14,15日と行ってきた山中湖旅行のおまけです。

P8140042_02 14日、足漕ぎボートに乗った後に近くの「浅間茶屋」という“ほうとう”が売りのお店でお昼ご飯を食べたのですが、私が注文したきつねうどん(だったかな?)のお揚げの大きかったこと!

 器も巨大でビックリしましたが、お揚げの大きさにもビックリしました。

 重たくて箸でうまく持ち上がらないので食べるのに必死でしたよ。

 麺は“ほうとう”と言ってもいいくらい、うどんの軽さよりも「小麦粉で練ったぞーっ!」という重たい食感でした。

 この山中湖の西岸辺りから河口湖方面への道には“ほうとう”のお店が多かったですよ。

P8140057_01 これは今回泊まったペンション「アースウィンド」の各部屋のドア。

 面白いでしょう?

 翌日の朝食の希望時間に○をつけてここに掛けておくのです。

 このペンションにはおとなしい黒い犬が1匹いるのでそれに合わせたのでしょうか。

 ドアを開けたら胴体の前の部分が出てるかな?と思いましたが、それはさすがになかったですね。

 でもいいアイデアですよね。

P8150155 翌日の帰りは富士から清水の間は第二東名を走りました。

 新東名は初めてですよ。

 路面がきれいで凹凸もなかったです。

 ただ、清水J.C.T.で東名下りに合流するところは危険だと思いました!

 J.C.T.からの合流車線とその先の清水I.C.の出口車線が重なったようになっているので、後方をよーく確認してから合流しないとダメです。

 それを知らなかった私は、東名下りを勢いよく走ってきた来た車がそのまま走り過ぎることなく急にスピードを緩めて私たちの合流を待っているのが不思議でならなかったです。

 なんか第二東名にはいろいろと評判悪い箇所がいくつもあるそうですが、こればっかりは実際走ってみないとわからないですからね。

P8150160 この旅行の後に妻の実家に寄ったものの、妻も私もお腹の調子がおかしかったので、生まれて初めて“液キャベ”を買って飲んでみました。

 ウェ~!マズイwobbly

 なんですか、この味は?

 とてもお腹の具合が改善されるとは思えない、さらに悪くなるような酷い味でした。

 まだ正露丸の苦味の方がいいですよ。

 これはもう2度と飲みたくないですね。

P8170003_2 これはコンビニに買い物に行った時に思わず買ってしまった雑誌です。

 パラパラッと中を見たら可愛らしい形をした車がたくさんあること。

 !

 今のカプチーノがダメになったらこっち方面の車に歩み寄ってもいいかなと思いましたよ。

 コンビニで雑誌を買うなんて十数年ぶりかも・・・。

 は~、休みもあと1日ですか。

 早く年末が来ないかな。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧