旧東海道

旧東海道復路の旅・その31

 長めの連休に入ったこともあるので、今日は腰の不具合を心配しつつ1年ぶりに旧東海道復路(日本橋へ!)の旅へ行ってきました。

 今回のスタート地点はJR富士川駅の近くです。

 午前8時前に駅を降りた時はちょっと肌寒く感じましたが、歩き始めたら寒さはどこかへ行ってしまいました。

 富士山はやっぱり大きい!

P5020017
 途中から頭が雲に隠れてしまいましたが、富士山と共に歩いた1日でした。

 吉原宿にある商店街は長かったですね。

P5020049
 10時前でまだ開いていない店が多かったのが残念でした。

 そして今回歩いたコースのポイントは何といっても「左富士」でしょう。

P5020060
 もちろんこれは江戸から京都に向かって歩いた時の「左富士」なので、日本橋に向かって歩いている私は「回れ右!」して写真を撮りました。

 往路の時も思いましたが、工場の建屋が邪魔ですね。

 逆に言えば東海道があった当時はそれはそれは素晴しい眺めだったと思います。

 このあたりまでは道が右へ左へ曲がって変化がありましたが、吉原駅の東側にある踏切を越えてからはほぼ直線。

 疲れが出てきたころにこういう道は堪えました。

 ずっと先が見えるというのは楽しめないです。

 ここまで休憩しなかった私も悪いっ!

 ということで毘沙門天妙法寺というところで、スポーツドリンクとアーモンドチョコで15分ほど休みました。

P5020073
 この時にどこからか「ドスーン」「ドスーン」という響きが時間を置いて何回も聞えましたが、一体なんだったのでしょうか?

 「今日はできれば沼津まで行きたいな・・・。」

 そう思って再スタートして2時間弱無理して歩いたところ、グッド・タイミングで「蔵カフェ」という案内板を見つけたので立ち寄ってみました。

P5020092

 「蔵カフェ ちゃ・茶・cha」 

 自宅にある蔵を利用したようですが、旧東海道から脇道を入ったところにあるのでとても静かでした。

 私はランチのチキンカレー(サラダ付)とコーヒーをいただきました。

 カレーは辛さはほとんど感じられず、十穀米(?)も柔らかめだったので女性向けのカレーかな・・・と思いました。

 何といっても茶碗蒸しとスープをおまけで付けていただいたのがうれしかったです!

 1000円のランチ料金よりさらに得をさせていただきましてありがとうございました。

 結局1時間くらいゆっくり休憩させてもらいました。

 で、今後箱根の関所まで歩く距離も考えまして、このカフェの先にあるJR片浜駅前で終了としました。

 つまり今後2回歩いて箱根まで行く予定を3回に細かくしたつもりです。

 帰宅後に計算したら、今日歩いた時間は4時間37分、歩数は28530歩、距離はおよそ22kmでした。

 なんだ、距離はもっといっていると思ったのに・・・。

 でも時速4.75kmで歩くというのは早いほうなのかな?

 遅くはないですよね。

 さあ、明日の身体の痛みはどう出るでしょうか!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

軽食とコーヒーと音楽と

 いつものことですが、旧東海道を歩いた翌日はギクシャクした歩きになってしまいます。

 今日は「空飛ぶ流れ鮨」へ行ったり買い物に行ったりしたのですが、脛(すね)の部分が痛くてスタスタ歩けなかったです。

 腰にも違和感はありますが、こちらは軽めの痛さだったので安心してます。

 さあ、この脛の痛みはいつまで続くでしょう?

 さて昨日の旧東海道復路の旅(こちらです)では、古くていい雰囲気の喫茶店があったら入ってみようと思いながら歩いていました。

 おしゃれなカフェらしい店は1軒ありましたが、古そうな店、いわゆる“純喫茶”というのは残念ながら見つけられなかったです。

 そんなこともあって今回もろくな休憩ナシで歩いてしまったというのもありますね。

 「まあ次回に期待するしかないか・・・。」という思いで、帰りの電車に乗るためにJR富士川駅に向かいましたが、なんと、駅の目の前にまさにドンピシャリの喫茶店があるではないですか!

 こりゃあ入るしかないっ!

 でも電車の時間が・・・それがありがたいことに40分後くらいだったので、その喫茶店に入ってみました。

P5020106 “軽食とコーヒーと音楽と”の店「りんでん」です。

 幅の狭いドアを開けると店内は思った以上に狭かったですが、カウンターの前の棚にはLPレコードがビッシリ入っていました。

 先客も1人いらっしゃいましたがすぐに帰られたので、私は迷わずカウンターの席へ。

 この時はバテバテで食欲もあまりなかったので、ジャムトーストとオリジナルコーヒーを注文しました。

 振り向くと反対の壁側に大きなスピーカーが2つ、そして私の席のすぐ横にはテーブルゲームが置かれていました。

 店内にいる年配のご夫婦がお店の方のようでしたが、常に動いているのはお母さんだけで、ご主人と思われる方はカウンターでのんびりされていました。

 こういう味のある喫茶店に入りたかったんですよ、私は!

 もし無理してでも富士川を越えるまで歩いていたら、ここに立ち寄ることはなかったでしょうね。

 だからたぶん神様が私をここに呼び寄せてくれたかもしれないです。

 感謝、感謝。

 旅を終えたばかりで荒い息をしていた私を見て、カウンター内のお母さんが水のお代わりを数杯くださいました。

 ありがとうございました。

 ジャムトーストも美味しくいただきました。

 コーヒーは酸味が強い気がしましたが、他に味わったことがない独特な風味のような感じでした。

 昔の雰囲気を大事に残してくれている喫茶店。

 こういう店はまた来てみたいと思いますね。

 計画より手前の地点で旅を終えてしまいましたが、この喫茶店に立ち寄れたことで十分満足のできる旅となりました。

 次回の旅の時はこの富士川駅まで来るので、その時は歩き出す前に立ち寄ってみたいな。

P5020107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路の旅・その30

 今日は旧東海道復路の旅に行ってきました。

 最近は年末に1回歩くだけだったので、久しぶりにゴールデンウィークにも歩いてみようと思っていたのです。

 今回のスタートは清水駅の西からです。

 それにしても今日は明らかに「旧東海道歩きしています!」という方々とよくすれ違ったり追い抜いたりしましたね。

 往路の時も含めて今までで最多の数だったと思います。

 年配のご夫婦と見られる2人組が多かったですね。

 それも今回の難所の薩埵峠の前後でよく会いました。

 平日とはいえゴールデンウィークですからね。

P5020036 さて、この薩埵峠は上道、中道、下道、脇道の4つが通っているそうですが、もちろん私は旧東海道として使われた上道を歩きました。

 往路の時はこの辺りはもっと開けていた気がするのですが、上道の後半は区画整理されたような直線道路だったのでおもしろくなかったですね。

 そして峠の本来の登り口でもあるの墓地の前には「ご自由にお使いください」用のストックが置かれていましたが、私はあえて使わず、自分の足だけで登りました。

 当然のように息が切れ、自分の足の弱体化もひしひしと感じたのでした。

P5020056 でも展望台のある辺り、つまり安藤広重のあの有名な浮世絵木版画とほぼ同じ場所からの見晴らしは気持ち良かったですねぇ。

 現地では奥に見える山の凸部の上に富士山の雪化粧の部分がうっすら見えていたのですが、写真に撮るとやっぱりわからないですね。

 ハッキリ見るなら冬の寒い時でしょうか。

 そしてここから先は甘夏みかんの木が並んでいて、所々で収穫もしていました。

 そういえばあっちこっちの軒先に「1袋100円」で甘夏みかんが売られていましたが、荷物になるし重たそうなので買うのは断念しました・・・。

 結局は今日も無理したことになりました。

 歩いている時はジュースを3本飲んだだけで何も食べなかったです。

 途中休憩も最後のほうで10分くらいだけ。

 でも立ち寄って食事するような店は珍しくほとんどなかったですよ。

 で、今回は富士川駅の近くで終わることにしました。

 つまり富士川越えは断念です。

 できれば川を越えて富士駅まで行けたらいいなと思って今日は歩き始めたんですけど、今回も両足の小指が痛み出して、とてもそこまで行ける気がしなかったので諦めました。

 新調して2回目のウォーキングシューズの幅がやっぱり足りないのかな・・・。

 足に合った物を買ったつもりですが、今まで使っていたシューズと比べると足が痛くなるのが早いです。

 買ったばかりなのでまだ使うつもりですが、シューズが柔らかくなったら改善されるでしょうかね。

 ということで今回は歩いた時間が4時間34分、歩数が28574歩でした。

 帰りは浜松行きの東海道線でのんびり帰ってきました。

 今後は自宅からの距離がさらに離れていくので交通費がかかって大変です~。

P5020064

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路のおまけ

 歩いた翌日の今日(30日)。

 足はそんなに痛くないですが、腰の背中側の筋肉が重たい感じです。

 でも大掃除ならぬ小掃除はなんとか済ませることができました。

 さて、旧東海道の復路の旅のおまけでございます。

Pc290017_2  「日本の紅茶発祥の地」

 これは知らなかったですね。

 確かにお茶や紅茶も茶葉から出来るはずです。

 ウーロン茶もそのようですが、茶葉の発酵の度合いによって変わっていくそうです。

Pc290075 色が剥げちゃったのかもしれないですけど、このままではかわいそうなので誰か色を塗ってあげてください・・・。



Pc290107 思わず覘きに行きたくなる小路ですね。

 だから覘きに行きました。

 渋い飲み屋が数軒並んでいましたよ。







Pc290110 この“純喫茶”という名称に惹かれたので立ち寄ってみようと思いましたが、どうも営業している様子が無かったので、次に見つけた洋菓子喫茶に入ったのです。




Pc290111 次に見つけたその「富士」。

 改めて見るとスゴイ形の建物ですね。

 両側に建物が無いので余計に目立つのでしょうけど、昔は同じような建物が並んでいてアーケードみたいになっていて賑やかだったんだろうな。





 

Pc290117 清水駅の手前に延びていたアーケード商店街です。

 向こうが見えなかったです。

 商店街ファンとしては絶対来なければいけないですね。

 以上、今回の旧東海道歩きのおまけでした。

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路・その29

 年末で慌しいというのに、今日は今年初の旧東海道復路の旅に行ってきました。

 かろうじて最低年1回のペースを保てたことになりますが、こんな調子じゃ日本橋に着くのは何年後になるでしょう?

 今回のスタートは国1バイパスの道の駅・宇津ノ谷峠からでした

 藤枝駅から路線バスに乗ってそこまで行きましたが、途中の岡部では車のフロントガラスが真っ白、そして道の駅のバス停で降りたら吐く息が真っ白でした。

 この辺りは山の谷間で日が当らないというのもあるでしょうね。

Pc290015_2 いつものように車の通りが激しい道はただうるさいだけですが、脇道に入ると旧東海道独特のクネクネ道があったりします。

 さすがに年末ということもあって大掃除をしている家が多かったですね。

 高圧洗浄機で家の外壁を洗っている人、玄関先で何かをゴシゴシ洗っている人、窓を拭いている人・・・なぜか年配の人ばかりでした。

 洗車しているのは若い人が多かったですよ。

Pc290037 今回は歩きながら周囲の景色を楽しめるという道は少なかったですが、安倍川の手前でいきなり富士山がドーンと見えた時は感動しました。

 「いよいよ来たな!」という感じでしたね。

 往路ではこんな感じ方は無かったと思います。

 この後の復路ではもう3回分くらいは富士山を見ながら歩くことが出来そうです。

 安倍川を越えた先の府中宿では道を間違えそうになりましたが、危うく気がついたため2回ほど修正して元に戻すことが出来ました。

 府中宿の先では鉄道の線路によって2箇所ほど旧東海道がバッサリ切断されているので回り道しました。

Pc290087 静岡草薙球場北側の線路越えでは地下道をくぐったのですが、これがまた恐ろしいくらいに狭かったです。

 対面通行の道のくせに車1台が通れる幅しかなく、クラクションを鳴らしながら車がダーッと通り抜ける行為は危険極まりない様子でした。

 真ん中あたりに待避所がありましたが、その前後が狭いからあまり意味が無いですね。

 私も向こうからクラクションが聞えなくなった隙を見て早歩きで通り抜けました。

 命懸けの地下道でした。

 その先しばらくしたら坂道がありましたが緩い傾斜だったので難なく歩けました。

 いつもだったら私は食事なしで無理して歩くことが多いですが、午後1時半ころ江尻宿でレトロな喫茶店を見つけたので入ってみました。

Pc290114 「洋菓子喫茶・富士」

 洋菓子喫茶って?

 確かに入り口の前には洋菓子が並んでいましたが、中に入ったら思いっきり昭和の雰囲気が残る、私好みのいい感じのお店でした。

 そしてハムサンドイッチとホットコーヒーをいただきました。

 サンドイッチは辛さは無くマヨネーズが多めで美味しく、コーヒーは酸味強めでした。

 店内の様子から思いっきり地元密着型の喫茶店だと思いましたね。

 いつか妻も連れてぜひ来てみたいです。

 ここからの最寄り駅は清水駅でその先だと興津まで歩かなければいけないので、今日は清水駅前で終わりにしました。

 まあ何とか予定通りに歩けました。

 帰宅後に計算したら今日は5時間15分歩き、歩数は31009歩。

 まあ平均的な結果でした。

 でもやっぱり最低でも年2回は歩かないとダメですね。

 私の高齢化がどんどん進まないうちに何とか日本橋まで行きたいものです。

 今日歩いたことで5冊あるガイドブックが残り2冊となりました。

 確実に日本橋に近づいてはいますがまだまだですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

旧東海道復路のおまけ

 箱根駅伝のテレビ中継を少し観ましたが、中継所のアナウンサーのやかましさにあきれてすぐに消してしまいました。

 叫ぶだけのヘタクソなアナウンサーは外してほしいと毎年のように思ってしまいます。

 さて、先日歩いた旧東海道復路の旅(こちらです)のおまけですが、実は新型アルトを見つけたら間近で見てみたいと思いながら歩いていました。

 ディーラーはどこも休みでしたが、岡部宿あたりでようやく見ることができました。

Pc300068 カタログでレッドカラーを見た限りではスポーティな印象を持っていましたが、色違いの実車を見たらそうでもなかったですね。

 でもそれはあくまでボディの形だけで、キリットした鋭い目(ヘッドライト)は鷲(わし)か鷹(たか)のようでかなり印象が強かったです。

 外から眺めていたらお店の方と思われる白髪のお母さんが出てきて少しお話しをすることができました。

 隣にはハスラーがありましたが、やはり人気があるそうです。

 アルトについて話をしていたら「ぜひ買い換えてください。」と言われてしまいました。

 小さなお店でしたが、ふと奥のほうを見るとヨタハチがあるではないですか!

Pc300069 真っ赤なトヨタ・スポーツ800ですよ。

 新型アルトも良かったですが、こちらも良かったですね。

 室内は狭そうでしたが、これほど小さくまとまった車は今でも通用しそうだなと思いました。

 ナンバーがついていたのでいつでも走れる状態なんでしょうね。

 さらに、その奥には・・・。

Pc300071 これはトヨペット・コロナとトヨタ・カローラですか。

 コロナは古いナンバープレートが付いていました。

 スズキの販売店にトヨタのビンテージカー、さらにその奥にあったのはダイハツのミラだったかな・・・?

 手前の2台に惹(ひ)かれてしまったのでしっかり確認しませんでした。

 1つのお店で新旧の車を見れるとは思いもしなかったですよ。

 立ち寄って良かったです。

 今思えばお母さんのお言葉に甘えて新型アルトの室内も見ておけばよかったかな。

 

 

 

| | コメント (2)

旧東海道復路・その28

 今日は旧東海道復路の旅として島田から宇津ノ谷まで歩いてきました。

 もちろん先日購入した新しいウォーキングシューズを履いて。

 足の調子は最初はまあまあでしたが、途中から左足の小指が痛くなってきました。

 何て言うんでしょうか、小指が内側に押し込まれているような、ひょっとしたら皮がむけてしまっているかもしれない・・・。

 だから旅の途中では怖くて確認できなかったです。

 それ以外は・・・やっぱり寒かったですね。

 午前8時22分に島田駅北側の交差点からスタートしましたが、藤枝宿に入ってから急に冷たい風が強く吹き荒れてきました。

 私は東に向かっていて追い風状態だったのでまだマシでしたが、これが向かい風だったら息もできないくらいだったかもしれません。

 その藤枝宿の先にある鐙ヶ渕跡辺りの旧東海道が酷かったです・・・。

Pc300049 そこにはホームセンターやスーパーなどが新しく建てられていましたが、大きく迂回していた旧東海道を新しい道路がバッサリ切ったようになっていたのがとてもショックでした。

 だからあまりの衝撃のため逆方向からの写真しか撮っていません!

 今は迂回の旧東海道と数本の松の木が残されていますが、これらまで消してしまうようだったら私は怒りますっ!

 本当に怒らせていただきたいと思いますっ。

 今日の予定では岡部宿まで行ったら帰るつもりでしたが、時間的に余裕があったのでもう少し先まで歩くことにしました。

 でもその先というのが宇津ノ谷峠だったのが失敗でしたね。

Pc300103 時間をかけて越えるつもりでゆっくり登っていたのですが、それでも心臓がバクバク、脈もかなり早くなっているのがわかりました。

 でもこの峠を越えないと帰りのバスに乗れないので無理して歩きました~。

 ここは緑に囲まれて、国道からも離れているのでとても静かで良いコースのはずです。

 でもそれを楽しむ余裕は全くなかったですね。

 峠をその日の最初に持ってくるか、あるいは最後に持ってくるかは悩むところですが、帰りの交通手段を考えると意外と難しいのです。

 今日のゴールは道の駅・宇津ノ谷峠です。

Pc300119 ついに静岡市に入ったというわけです。

 ここには国1バイパス沿いに藤枝駅行きの路線バスのバス停があるので決めました。

 思えば往路の時もこのバス停で区切ってましたね。

 今回歩いたのは4時間42分、17576歩でした。

 歩いた時間の割には歩数が少ないですね。

 まさか万歩計が狂っているんじゃないだろうな。

 今日も疲れきってしまいましたが、帰りのバスは5分も待たずに乗ることができ、帰りの電車もホームへの階段を下りた時にちょうどドアが開くところだったのでとても助かりました。

 痛かった左足の小指ですが、帰宅後に確認したらマメができてました。

 右足は何ともないので靴が合っていないということはないと思います。

 次に歩くのは来年の5月連休かな?

 いつものように旅のおまけのネタもいくつかありますので、機会があったら紹介したいと思います。

Pc300086


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路・その27

 今日は旧東海道の日坂宿からJR島田駅前まで歩いてきました。

 自宅出発時や日坂宿に着いた時は曇り空だったので歩くには絶好の天気でした。

 しかし歩き始めの沓掛(くつかけ)の坂で壁にぶち当たりました・・・というよりも、いきなり“壁のように見える坂”を上がっていくことになり、息は切れ、心臓はバクバク、汗も吹き出て大変でした。

 曇り空でも風がまったくないので、蒸し暑さがモロに影響した感じでした。

P7130027 子育て飴で有名な扇屋も閉まっていたので、仕方なくそのまま茶畑に囲まれながら歩いているとシトシトと雨が。

 木の下に逃げ込んでカッパをリュックから出して着ましたが、カッパ姿で歩いていると汗で蒸れて結局は中も濡れてしまうんですよね。

 でも着るしかないっ。

 そこからは転げ落ちるくらい急勾配の菊川坂を下り、その後は石畳の道を上がったり下ったり。

 石畳は上る時はそうでもないのですが、下る時、特に雨で湿っている今日のような時は慎重に進んでいかないと危ないです。

P7130045 このあたりでもあまりにも疲労が激しかったので途中の休憩所でで一休みしました。

 その横の道を何台もの車がサーッと走り抜けていきます。

 もーうらやましいったらありゃしない。

 こっちは必死に一歩一歩進んでいるんだぞ!・・・と、いつものように自分勝手に思ったのでありました。

 その後の雨は降ったり止んだりの繰り返しでしたね。

 さて、JR金谷駅のガード下をくぐってから右に曲がって道なりにしばらく進むと大井川に出ました。

P7130067 昔はここを歩いて渡っていたんですね。

 今日も川の水量は多いほうだったと思いますが、当時は今日みたいな時はどうだったんでしょう?

 間違いなく今よりは川の水量が多かったはずですから、何日も足止めされることが多かったんでしょうね。

 本来はここを真っ直ぐ進んで向こう岸まで行きたいんですけど、仕方がないので(当然です!)迂回して大井川橋を渡りました。

 渡り終わるまで10分かかりました。

 私は高所恐怖症なのでこの10分足らずの時間でも大変でしたよ。

 最近はいつ“ふら~っ”ときてもおかしくないような感覚が多くなってきている気がするので、とにかく前方だけ見て必死に歩きました。

 P7130072
 渡り歩いた向こう側、大井川の東には島田宿の大井川川越遺跡があります。

 今の民家もポツポツありますが、全体的に江戸時代の街並みを残してくれてあるので、ここを歩いた時は当時にタイムスリップしたような感じがしました。

 建物の中も見学できるようになっています。

 しかしこの後、右手に大きなパルプ工場を見ながら歩いていると、ウォーキングシューズの底が剥がれていることに気がつきました。

 しかも左右両側。

 なんかペタペタ音がするなぁと思ったんですよ。

 とうとうこの時が来てしまったか。

 家を出る時にまだ大丈夫だ・・・と思ったのが甘かったですね。

 とにかくこのまま歩くのは恥ずかしい。

 体力にはまだ若干の余裕があるので歩こうと思えばまだ2~3時間は行けたと思うんですけど、この時は「恥ずかしい。」の思いのほうが勝ってしまいました。

 ということで、今回はJR島田駅北側で早くも終了。

 歩いた時間は2時間50分、17244歩でした。

 たぶん往路を含めて今までで最短記録じゃないかな。

 新しいウォーキングシューズを早いとこ買っておかなければ!

 でも歩き終えてから島田駅に行くまで。

 そして電車に乗るまで。 

 さらに妻の実家のある菊川駅を出るまで。

 この間はいかにして靴底をペタペタさせないかを工夫しながら歩きましたが、無理!

 どうやっても無理でした!

 いつもは歩き終えた後は文字通り“足が棒のように”なって大変でしたが、今日だけは別の意味で大変なままで終わりました。

 次回は新しいシューズで頑張ります。

P7130081

 ↑こんな姿になってしまいました。

 日本橋→京都→島田、約812kmも歩けばこうもなりますかね。

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路・その26

P5010003  昨日、旧東海道復路を歩いてきました。

 今回はJR磐田駅の北側、つまり見付宿を午前7時50分にスタートしました。

 平日の通勤・通学時間なので電車が混むと思い、駅までは妻に車で送ってもらいましたが、ちょうどこの辺りは高校も近くにあるので若い子がたくさんいました。

 そんな若さをうらやましく思いながらスタート。

 ところが旧見付学校を過ぎて東木戸跡というところでいきなり道を間違えました。

 今までもそうですが、帰宅後に間違いに気づくことだけはしたくないものです。

 だから迷いの元となった分岐点まで100メートル弱くらい戻り、ガイドブックをよく確認して本来の道へ進みなおしました。

 今回はこれを含め3回くらい歩き直しがありましたね。

 大日堂古戦場跡の手前の森の中では“江戸の古道”を抜けました。

 ラブホテルの裏道のようなところですよ。

 そして袋井宿へ。

 この辺りから曇り空から陽が出てきて暑くなり始めました。

P5010043  元気のよい小学生の集団を追い抜いて、宿場町東端にある“東海道どまん中茶屋で休憩。

 温かいお茶と冷たいお茶を無料でいただきました。

 ありがたかったです。

 すると先ほど追い抜いた小学生の集団が“どまん中茶屋”に来て、約10分間の休憩をすることに。

 子供たちの名札を見ると全員3年生のようです。

 引率の先生の話では確か「袋井西小学校です。」と言われたような・・・。

 私はすぐに再出発するつもりでしたが、子供たちと一緒にいると楽しそうなのでそのまましばらく滞在。

 隣に座った女の子と話もできました。

 休みにはおばあちゃんのところへ遊びに行ったり、さらに浜松祭りも見に来てくれるとのことです。

P5020162  そして私が茶屋でいただいた巻物をその子が見つけて「これ、なあに?」と訊いてきたので、紐(実はゴム)を解いて見せてあげました。

 私が大好物のお菓子“M&M's”のTシャツを着た男の子もいましたよ。

 平日だからこういう楽しい出会いもあるんですねぇ。

 子供好きな私にとってはとても楽しい時間でした。

 約束の10分が過ぎ子供たちが元来た方向へ戻っていったのを機に私も再スタート。

 掛川宿では宿場東端の七曲り(鍵の手に折れた道)でも間違いに気づき歩き直しを。

 この辺りで今回1回目の疲労限界を迎えました。

 とにかく蒸し暑い!

 ということで、馬喰橋手前の老舗の“菓子処もちや”の日影でまた休憩。

 やはり年々疲労度が強くなっていく感じですね。

 逆に言えばそれだけ無理する度合いも増していくわけです。

 そして掛川市の本所辺りでは今回初めて「日射病になってもおかしくないな・・・。」という感覚になりました。

 日坂宿へ入る手前の事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)辺りで2回目の疲労限界を迎えてしまったので、歩道橋の下に座り込んでしばらく休憩。

 ペットボトルの水が美味しいのでガブガブ飲みました。

 日坂宿まであと少し。

 歩き出した時は今まで以上に足が思うように動きませんでしたね。

P5010094_2  そして、この旅最後と思われる緩い坂をギクシャクした歩みで進み、時刻は午後2時46分。

 日坂宿本陣跡でようやく終了しました。

 この先に進むとしばらくは帰りの交通手段がないものですから。

 とじかく疲れた。

 本当に疲れました・・・・。

 今回は風はありましたがここまで暑さを感じることになるとは思わなかったですね。 

 帰りの掛川行きのバスが来るまでの1時間は本陣跡の公園でボーっとしてました。

P5010115 ふと見上げると、桜の木にはほんの少しだけ花が残っていました。

 たぶん前日までの雨などでヘナヘナになったのでしょうが、この子(?)たちはそれでもまだ頑張っていたのです。

 私も負けられないな・・・と変に思ったりしました。

 今回の見付宿から日坂宿の旅で実際に歩いた時間は6時間5分。

 万歩計は39454歩になってました。 

 そして歩いた翌日である今日は向こう脛(すね)、いわゆる“弁慶の泣き所”が本当に泣いてます。

 「ヨシッ。」と気合を入れないと第一歩がうまく踏み出せない状況です。

 次回はいつ歩こうかな?

 今回のように子供たちに会うには平日に歩くしかありませんが、なかなかそんなチャンスはないですね。

 なんたって次は恐怖の日坂峠越えが控えてますから、それこそ気合を入れていかなければ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

旧東海道復路・その25

 年末に歩かなければ5月に歩いた(こちらです)1回だけになってしまう!

 ということで今日、旧東海道復路をJR弁天島駅から磐田駅まで歩いてきました。

 でも年2回歩いたなんて久しぶりじゃないだろうか。

 今日は昨日の寒さが続いてましたね。

 弁天島駅をスタートしたのが午前7時55分でしたが、「ハァ~」と吐く息が白かったです。

 ものの数分歩くと・・・

Pc290011 notes潮の香りが苦しいの~(“かもめが翔んだ日”より)

 ・・・の浜名湖に出るのですが、久しぶりに感じた潮の香りでした。

 苦しくなんかないですよ!

 昔の船渡し場だった北雁木(がんげ)では養殖のカキでしょうか、その収穫と思われる作業をしてました。

 寒さ、いや、冷たさの中、海の男たちが海の仕事をしてましたよ。

 海じゃなくて湖か・・・。

 その先を左(東方面)に曲がってしばらく進み、国道1号バイパスを斜めに渡るとその先は舞阪の松並木が続きます。

Pc290025 ここは部分的に車が一方通行になっているので、他所の松並木よりは比較的静かなほうだと思います。

 かなり密集した松並木なので夏は涼しいかもしれませんが、今日みたいな冷たい日は寒いでしょうね。

 途中にお茶屋さんがあったら冷えた身体が温まるのになあと思いました。

 ここからは道なりにまっすぐ進みました。

 この道で浜松市の街中を目指すので、景色は良くないうえに車の通行量が多すぎるという難点があります。

Pc290063 新幹線のガードの下をくぐった先にある遊歩道に昔の機関車“ケ91”があります。

 私が子供のころは浜松市の児童会館の向かいにある五社公園にあったんだよなあ。

 児童会館とケ91は浜松市の子供たちお決まりのコースだったと言っても過言ではないはずです。

 さらに斜め北上し、成子坂を北に進み、ザザシティを横目にさらに北上して“ゆりの木通り”方向へ右折します。

 この先は区画整理でかなり変わりました。

 道が広くなり、マンションがあっちこっちに増えましたよ。

 でも道なりにまっすぐというのは変わりません。

 退屈です。

Pc290086 歩き始めて4時間になろうとしたころ、さすがに足が疲れだしてきたので金原明善記念館の前で休憩しました。

 自動販売機でココアを買い、家を出る時に妻にもらった開封済みのマカダミアナッツをつまみながらそれを飲みました。

 ココアは温かかったですが、今日みたいな冷たい日は熱いココアを飲みたいですね。

 軽く20分ほど休憩して再スタート。

 いよいよ天竜川越えです!

Pc290103 12年前に京都に向かって歩いた時は車がガンガン通っているすぐ横を恐々歩きましたが、新しい橋には歩行者用通路が設けられたので今日は悠々と歩けました。

 山の向こうに見える富士山がきれいでしたよ。

 天竜川の渡船場跡は橋の500mほど北にあるので、渡る前と渡った後はわざわざそこまで歩いていきました。

 川の東岸の土手を降りたら南下して国道1号を渡り、その先にある十字路を左(東方面)へ曲がって、今日の目的地でもある磐田駅に向かって道なりに歩きました。

 この辺りは車の往来はまあまあありましたが、裏道のようなものなで静かなほうでした。

 でも毎回そうですが、歩道や道端の僅かな凹凸が疲れた足にはかなり辛いです。

 車を避けるのもめんどくさくなりました。

 ただ信号待ちの時間はありがたかったですね。

 青信号が間に合いそうもなかったらわざとゆっくり進みました。

 疲れた足では急ごうと思ってもどうせ無理ですからね。

Pc290125 そんなヨタヨタ足で歩き続けた午後2時11分、旧東海道が北に曲がるポイント、つまり磐田駅の北側で本日のゴールとなりました。

 歩いた時間は5時間57分、万歩計は37887歩でした。

 目指したところまで歩きましたが無理しましたね。 

 でも駅の近くというとこの次は掛川になってしまいます。

 この先でもバスが通っているところでゴールできればいいんですけど、そこのバスの本数にもよりますからわかりません。

 だから理想のゴールは駅の近くにしたいわけです。

 でもやっぱり疲れました。

 かえって明日が心配です。

 途中、西に向かって歩いている方々5組ほどとすれ違いましたが、向かい風を歩いているから大変だったろうな。

 これで私が今年やることは終わりました。

 残り2日は惰性で過ごしたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧