旧東海道

旧東海道復路の旅・その34

 その33(こちらです)の続きです。

 箱根の関所は箱根峠から下った芦ノ湖畔にありますが、周囲を見渡すとここから再び登りがあるのがわかります。

 だから今回の箱根峠のコースは“登る→下る→平坦→登る→下る”なんですね。

 関所や杉並木の“平坦”を通ったわけですから、次は登りました。

 これが思っていたよりきつかったのです。

P5020081
 石畳の石が粗くなった感じでしたね。

 それでもなるべく凹凸のない部分を選んで歩きましたが、それだと自分のリズムで歩けないので疲れが急に増したようでした。

 でもこの東側コースでは、すれ違う人が急に増えました。

 そしてすれ違う時は何気なく「こんにちは~。」という言葉が出てくるのです。

 外国人とも何組かすれ違いましたが、その時は軽く手を挙げて「ハロ~。」でしたね。

 こちらのコースは比率でいえばやっぱり下りが多かったです。

 驚いたのは軽装で登ってくる人が意外に多かったことですね。

 まるで観光バスから降りて、遊歩道を散策しているような姿です。

 「この先、まだかなり登りが続くのに大丈夫なの?」と言いたくなるくらいでした。

 私はできることなら今回は小田原まで行きたかったので、甘酒茶屋も素通りです。

P5020091
 ここから先は国道を横切るところがいくつかあったのですが、場所は忘れましたが、道を横切って降りる時の階段がまるで梯子(はしご)みたいに急なところがありました。

 まるで壁を降りるような感じ!

 一歩一歩確実に降りないと、間違いなく転落してしまうくらいでした。

 高所恐怖症の私は、ここだけはとてつもなく恐ろしかったです。

P5020101
 「湯本」の文字が見え始めた時も、本当は「ヨシ!」とならなければいけないところですが、帰りの新幹線のことも考えると小田原まではとても行けません。

 だからせめて箱根登山鉄道の駅まで歩きたいと思いましたが、辛さ・疲労に耐えられず、かなり手前の「早雲公園前」バス停で終了となりました。

 

P5020107

 ここ数年は目標の場所すら到達できなくなってるなぁ・・・。

 無理しないで歩こうと思っても、歩き出すと無理してしまうんですよ。

 今回も短い休憩2回、食事なし、自販機の飲み物だけでした。

 歩いたのは5時間20分、約2万7千歩。

 距離にすると約18kmでした。

 坂が多かった分、時間の割には距離が短いですね。

 ホント、疲れましたョ。

 その後、路線バスと電車に乗っている間はそうでもなかったですが、小田原駅で新幹線に乗ってから気分が悪くなりました。

 友達の家に遊びに行っていた妻と三島駅で合流しましたが、その後も容態は変わらず。

 タクシーで急いで帰宅した後はそのまま布団に直行しました。

 幸いにも一眠りしたら楽になりましたが、今考えると軽い熱中症になってしまったかな・・・と思います。

 途中から妻がいてくれて良かったです・・・。

 次回からはほぼ平坦な道だと思いますが、次こそは無理しないで歩きたいと思っています(今は・・・)。

P5020011

| | コメント (0)

旧東海道復路の旅・その33

 昨日(2日)は旧東海道復路(江戸に向かう!)の続きを歩いて来ました。

 ついに箱根峠越えです!

 三島市笹原新田にある笹原バス停からの登りでした。

 でもそこから伸びる旧東海道が工事中で通行止めだったため、いきなりの迂回路。

 昨年末にここで終わった時も同じ状態だったから、この4ヶ月に国土交通省は何をやってたんだangry

 少し行った先でも迂回路あり!

 何やってたんだ、国土交通省はangry

 とにかく登りでの迂回路は気分的に疲れます。

 さて、今回は箱根峠のため、石畳敷きで薄暗い森林の中を歩くことが多かったです。

P5020028

 国道沿いを歩くよりは静かですが、この石畳の凹凸が結構疲れます。

 でも一歩一歩ゆっくり進んで箱根峠の頂上辺りに来た時は、なんとなく達成感みたいなものがありました。

 「あとは下りだ!」

 そうでもないことは知ってましたが、こう思うこと自体が甘かった・・・が、それは次回に。

 箱根ですからもちろん関所にも行きました。

P5020061
 中国人が多かったですね。

 建物は立派でしたが、逆に新しすぎるところに違和感がありました。

 私は拝観料を払わず素通りのみ。

 ある意味立派な“関所破り”をしでかしました。 

 杉並木も立派でした。

P5020073
 天に向かって真っ直ぐ伸びていました。

 この辺りに来たら急に観光客が増えましたね。

 中学校の課外授業みたいな集団や外国人の方々が多かったです。

 このあたりは起伏がなく平坦なので、観光には良い場所でしょうね。

 私はこれから多少の登りがあるということを頭に入れて、さらに進んでいきました。

 つづく。

| | コメント (0)

旧東海道復路のおまけ

 昨日の旧東海道復路の旅から一夜明けた今日は、足や腰の痛みはそんなにありません。

 疲れは少し残っているようですが、いつもの休日と変わらず生活できているのでひと安心です。

 ひょっとしたら痛みは明日か?

 さて、その復路の旅ですが、三島宿の中心を抜けて民家が並ぶ区域を歩いている時、家の外で餅つきをやっている家が数軒ありました。

 しかも杵と臼を使った本物の餅つきです。

 庭や農機具小屋から「ペタン!ペタン!」といい音が聞こえてました。

 他にも外ですでに一杯飲んでいるような家もありましたし、日本の良き伝統を見ることができたような気がしました。

 おまけをもう1つ。

 歩くのを止めて座り込んでいる時に地元のご婦人と話をしていたら、「三島駅まで送っていきましょうか。」と言ってくださいました。

 なんというありがたいお言葉!

 前回の時もカフェのご婦人に同じような言葉をかけてくださったのを思い出しました。

 三島駅まで短い距離でもないので今回も丁寧にお断りしたのですが、本当にありがたかったですね。

 おかげで来年も頑張れそうです。

 大晦日の今日は買い物だけの予定でしたが、急な思いつきでいつもの秘境カフェ「Antique Cafe Road」まで行ってきてしまいました。

 行こうと決めた時に外を見たら雨が。

 完全な“雨夫婦”になりましたね。

 そしていつものようにオリジナルカレーを注文したら、レモンの輪切りが添えられてました。

Pc310019
 なんとなくカレーの色も以前より濃くなっているような気がします。

 どんな味になるかが楽しみでレモンを思いっきり絞ってから食べてみましたが、想像したよりも味の変化はなかったですね。

 ただなんとなくスッとしたような感覚はありました。

 カレーとレモンの組み合わせは私は初めてですが、このようなサラッとしたカレーだからこそ合うんでしょうね。

 さて、いよいよ大晦日の夜を迎えますが、特に見たいテレビもないので、録り溜めしてある日活映画でも観ようと思ってます。

 

| | コメント (0)

旧東海道復路の旅・その32

 連休初日の今日は旧東海道復路を歩いてきました。

 結果を先に申しますと、箱根峠の上りで心臓と足に限界が来ました。

 体力の弱りを痛感しましたね・・・。

 スタートは沼津の西のJR片浜駅です。

 そこから東へ進みましたが、三島宿辺りまではほぼ平坦な道なのでいつもの調子でスタスタ歩けましたね。

 今思えば後のことを考えずに、そうやって調子に乗ったのが良くなかったのでしょう。

 三島宿の先の愛宕坂という、坂としては小規模なほうだと思うのですが、そこで足が満足に上がらなくなりました。

 歩く速度を遅くしたり小刻みに足を踏み出したりしたのですが、“こんなはずじゃない!”状態でした。

 そこでガクッと来たものですから、その先の“坂”と名の付く坂は全部ダメ。

 脈拍も驚くほど速くなり、“心臓破りの坂”といわれるように、本当に心臓が破けると思いました。

Pc300063
Pc300067
 その時は石畳や階段も壁にしか見えなかったですよ。

 峠の間の移動手段は路線バスしかないので、帰るためにはバス停の近くまで歩くしかありません。

 そのため「もう限界だ!」と思った“こわめし坂(下長坂)を上がったところにある笹原バス停で終了としました。

Pc300009_01
 もうダメ・・・本当にダメ・・・。

 自分が情けないと思いましたョ、ホントに。

 さらに20分くらい待って来たバスに乗ったら満員満席。 

 仕方がないのでしばらく立っていたら、危うく気分が悪くなるところでした。

 ダメだなぁ。

 これでは次回が心配です。

 こんなヘロヘロ東海道で歩いたのは3時間54分、23445歩でした。

 距離だと18キロ弱のようで、思った以上に短かったのがショックです。

 せめてもの救いは帰りの新幹線が浜松にも停車する「ひかり」だったことと、指定席を買って座れたことですね。

 いつものように自由席にしていたら、浜松までずっと立っていることになってましたから。

| | コメント (0)

旧東海道復路の旅・その31

 長めの連休に入ったこともあるので、今日は腰の不具合を心配しつつ1年ぶりに旧東海道復路(日本橋へ!)の旅へ行ってきました。

 今回のスタート地点はJR富士川駅の近くです。

 午前8時前に駅を降りた時はちょっと肌寒く感じましたが、歩き始めたら寒さはどこかへ行ってしまいました。

 富士山はやっぱり大きい!

P5020017
 途中から頭が雲に隠れてしまいましたが、富士山と共に歩いた1日でした。

 吉原宿にある商店街は長かったですね。

P5020049
 10時前でまだ開いていない店が多かったのが残念でした。

 そして今回歩いたコースのポイントは何といっても「左富士」でしょう。

P5020060
 もちろんこれは江戸から京都に向かって歩いた時の「左富士」なので、日本橋に向かって歩いている私は「回れ右!」して写真を撮りました。

 往路の時も思いましたが、工場の建屋が邪魔ですね。

 逆に言えば東海道があった当時はそれはそれは素晴しい眺めだったと思います。

 このあたりまでは道が右へ左へ曲がって変化がありましたが、吉原駅の東側にある踏切を越えてからはほぼ直線。

 疲れが出てきたころにこういう道は堪えました。

 ずっと先が見えるというのは楽しめないです。

 ここまで休憩しなかった私も悪いっ!

 ということで毘沙門天妙法寺というところで、スポーツドリンクとアーモンドチョコで15分ほど休みました。

P5020073
 この時にどこからか「ドスーン」「ドスーン」という響きが時間を置いて何回も聞えましたが、一体なんだったのでしょうか?

 「今日はできれば沼津まで行きたいな・・・。」

 そう思って再スタートして2時間弱無理して歩いたところ、グッド・タイミングで「蔵カフェ」という案内板を見つけたので立ち寄ってみました。

P5020092

 「蔵カフェ ちゃ・茶・cha」 

 自宅にある蔵を利用したようですが、旧東海道から脇道を入ったところにあるのでとても静かでした。

 私はランチのチキンカレー(サラダ付)とコーヒーをいただきました。

 カレーは辛さはほとんど感じられず、十穀米(?)も柔らかめだったので女性向けのカレーかな・・・と思いました。

 何といっても茶碗蒸しとスープをおまけで付けていただいたのがうれしかったです!

 1000円のランチ料金よりさらに得をさせていただきましてありがとうございました。

 結局1時間くらいゆっくり休憩させてもらいました。

 で、今後箱根の関所まで歩く距離も考えまして、このカフェの先にあるJR片浜駅前で終了としました。

 つまり今後2回歩いて箱根まで行く予定を3回に細かくしたつもりです。

 帰宅後に計算したら、今日歩いた時間は4時間37分、歩数は28530歩、距離はおよそ22kmでした。

 なんだ、距離はもっといっていると思ったのに・・・。

 でも時速4.75kmで歩くというのは早いほうなのかな?

 遅くはないですよね。

 さあ、明日の身体の痛みはどう出るでしょうか!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

軽食とコーヒーと音楽と

 いつものことですが、旧東海道を歩いた翌日はギクシャクした歩きになってしまいます。

 今日は「空飛ぶ流れ鮨」へ行ったり買い物に行ったりしたのですが、脛(すね)の部分が痛くてスタスタ歩けなかったです。

 腰にも違和感はありますが、こちらは軽めの痛さだったので安心してます。

 さあ、この脛の痛みはいつまで続くでしょう?

 さて昨日の旧東海道復路の旅(こちらです)では、古くていい雰囲気の喫茶店があったら入ってみようと思いながら歩いていました。

 おしゃれなカフェらしい店は1軒ありましたが、古そうな店、いわゆる“純喫茶”というのは残念ながら見つけられなかったです。

 そんなこともあって今回もろくな休憩ナシで歩いてしまったというのもありますね。

 「まあ次回に期待するしかないか・・・。」という思いで、帰りの電車に乗るためにJR富士川駅に向かいましたが、なんと、駅の目の前にまさにドンピシャリの喫茶店があるではないですか!

 こりゃあ入るしかないっ!

 でも電車の時間が・・・それがありがたいことに40分後くらいだったので、その喫茶店に入ってみました。

P5020106 “軽食とコーヒーと音楽と”の店「りんでん」です。

 幅の狭いドアを開けると店内は思った以上に狭かったですが、カウンターの前の棚にはLPレコードがビッシリ入っていました。

 先客も1人いらっしゃいましたがすぐに帰られたので、私は迷わずカウンターの席へ。

 この時はバテバテで食欲もあまりなかったので、ジャムトーストとオリジナルコーヒーを注文しました。

 振り向くと反対の壁側に大きなスピーカーが2つ、そして私の席のすぐ横にはテーブルゲームが置かれていました。

 店内にいる年配のご夫婦がお店の方のようでしたが、常に動いているのはお母さんだけで、ご主人と思われる方はカウンターでのんびりされていました。

 こういう味のある喫茶店に入りたかったんですよ、私は!

 もし無理してでも富士川を越えるまで歩いていたら、ここに立ち寄ることはなかったでしょうね。

 だからたぶん神様が私をここに呼び寄せてくれたかもしれないです。

 感謝、感謝。

 旅を終えたばかりで荒い息をしていた私を見て、カウンター内のお母さんが水のお代わりを数杯くださいました。

 ありがとうございました。

 ジャムトーストも美味しくいただきました。

 コーヒーは酸味が強い気がしましたが、他に味わったことがない独特な風味のような感じでした。

 昔の雰囲気を大事に残してくれている喫茶店。

 こういう店はまた来てみたいと思いますね。

 計画より手前の地点で旅を終えてしまいましたが、この喫茶店に立ち寄れたことで十分満足のできる旅となりました。

 次回の旅の時はこの富士川駅まで来るので、その時は歩き出す前に立ち寄ってみたいな。

P5020107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路の旅・その30

 今日は旧東海道復路の旅に行ってきました。

 最近は年末に1回歩くだけだったので、久しぶりにゴールデンウィークにも歩いてみようと思っていたのです。

 今回のスタートは清水駅の西からです。

 それにしても今日は明らかに「旧東海道歩きしています!」という方々とよくすれ違ったり追い抜いたりしましたね。

 往路の時も含めて今までで最多の数だったと思います。

 年配のご夫婦と見られる2人組が多かったですね。

 それも今回の難所の薩埵峠の前後でよく会いました。

 平日とはいえゴールデンウィークですからね。

P5020036 さて、この薩埵峠は上道、中道、下道、脇道の4つが通っているそうですが、もちろん私は旧東海道として使われた上道を歩きました。

 往路の時はこの辺りはもっと開けていた気がするのですが、上道の後半は区画整理されたような直線道路だったのでおもしろくなかったですね。

 そして峠の本来の登り口でもあるの墓地の前には「ご自由にお使いください」用のストックが置かれていましたが、私はあえて使わず、自分の足だけで登りました。

 当然のように息が切れ、自分の足の弱体化もひしひしと感じたのでした。

P5020056 でも展望台のある辺り、つまり安藤広重のあの有名な浮世絵木版画とほぼ同じ場所からの見晴らしは気持ち良かったですねぇ。

 現地では奥に見える山の凸部の上に富士山の雪化粧の部分がうっすら見えていたのですが、写真に撮るとやっぱりわからないですね。

 ハッキリ見るなら冬の寒い時でしょうか。

 そしてここから先は甘夏みかんの木が並んでいて、所々で収穫もしていました。

 そういえばあっちこっちの軒先に「1袋100円」で甘夏みかんが売られていましたが、荷物になるし重たそうなので買うのは断念しました・・・。

 結局は今日も無理したことになりました。

 歩いている時はジュースを3本飲んだだけで何も食べなかったです。

 途中休憩も最後のほうで10分くらいだけ。

 でも立ち寄って食事するような店は珍しくほとんどなかったですよ。

 で、今回は富士川駅の近くで終わることにしました。

 つまり富士川越えは断念です。

 できれば川を越えて富士駅まで行けたらいいなと思って今日は歩き始めたんですけど、今回も両足の小指が痛み出して、とてもそこまで行ける気がしなかったので諦めました。

 新調して2回目のウォーキングシューズの幅がやっぱり足りないのかな・・・。

 足に合った物を買ったつもりですが、今まで使っていたシューズと比べると足が痛くなるのが早いです。

 買ったばかりなのでまだ使うつもりですが、シューズが柔らかくなったら改善されるでしょうかね。

 ということで今回は歩いた時間が4時間34分、歩数が28574歩でした。

 帰りは浜松行きの東海道線でのんびり帰ってきました。

 今後は自宅からの距離がさらに離れていくので交通費がかかって大変です~。

P5020064

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路のおまけ

 歩いた翌日の今日(30日)。

 足はそんなに痛くないですが、腰の背中側の筋肉が重たい感じです。

 でも大掃除ならぬ小掃除はなんとか済ませることができました。

 さて、旧東海道の復路の旅のおまけでございます。

Pc290017_2  「日本の紅茶発祥の地」

 これは知らなかったですね。

 確かにお茶や紅茶も茶葉から出来るはずです。

 ウーロン茶もそのようですが、茶葉の発酵の度合いによって変わっていくそうです。

Pc290075 色が剥げちゃったのかもしれないですけど、このままではかわいそうなので誰か色を塗ってあげてください・・・。



Pc290107 思わず覘きに行きたくなる小路ですね。

 だから覘きに行きました。

 渋い飲み屋が数軒並んでいましたよ。







Pc290110 この“純喫茶”という名称に惹かれたので立ち寄ってみようと思いましたが、どうも営業している様子が無かったので、次に見つけた洋菓子喫茶に入ったのです。




Pc290111 次に見つけたその「富士」。

 改めて見るとスゴイ形の建物ですね。

 両側に建物が無いので余計に目立つのでしょうけど、昔は同じような建物が並んでいてアーケードみたいになっていて賑やかだったんだろうな。





 

Pc290117 清水駅の手前に延びていたアーケード商店街です。

 向こうが見えなかったです。

 商店街ファンとしては絶対来なければいけないですね。

 以上、今回の旧東海道歩きのおまけでした。

 

 

 

| | コメント (0)

旧東海道復路・その29

 年末で慌しいというのに、今日は今年初の旧東海道復路の旅に行ってきました。

 かろうじて最低年1回のペースを保てたことになりますが、こんな調子じゃ日本橋に着くのは何年後になるでしょう?

 今回のスタートは国1バイパスの道の駅・宇津ノ谷峠からでした

 藤枝駅から路線バスに乗ってそこまで行きましたが、途中の岡部では車のフロントガラスが真っ白、そして道の駅のバス停で降りたら吐く息が真っ白でした。

 この辺りは山の谷間で日が当らないというのもあるでしょうね。

Pc290015_2 いつものように車の通りが激しい道はただうるさいだけですが、脇道に入ると旧東海道独特のクネクネ道があったりします。

 さすがに年末ということもあって大掃除をしている家が多かったですね。

 高圧洗浄機で家の外壁を洗っている人、玄関先で何かをゴシゴシ洗っている人、窓を拭いている人・・・なぜか年配の人ばかりでした。

 洗車しているのは若い人が多かったですよ。

Pc290037 今回は歩きながら周囲の景色を楽しめるという道は少なかったですが、安倍川の手前でいきなり富士山がドーンと見えた時は感動しました。

 「いよいよ来たな!」という感じでしたね。

 往路ではこんな感じ方は無かったと思います。

 この後の復路ではもう3回分くらいは富士山を見ながら歩くことが出来そうです。

 安倍川を越えた先の府中宿では道を間違えそうになりましたが、危うく気がついたため2回ほど修正して元に戻すことが出来ました。

 府中宿の先では鉄道の線路によって2箇所ほど旧東海道がバッサリ切断されているので回り道しました。

Pc290087 静岡草薙球場北側の線路越えでは地下道をくぐったのですが、これがまた恐ろしいくらいに狭かったです。

 対面通行の道のくせに車1台が通れる幅しかなく、クラクションを鳴らしながら車がダーッと通り抜ける行為は危険極まりない様子でした。

 真ん中あたりに待避所がありましたが、その前後が狭いからあまり意味が無いですね。

 私も向こうからクラクションが聞えなくなった隙を見て早歩きで通り抜けました。

 命懸けの地下道でした。

 その先しばらくしたら坂道がありましたが緩い傾斜だったので難なく歩けました。

 いつもだったら私は食事なしで無理して歩くことが多いですが、午後1時半ころ江尻宿でレトロな喫茶店を見つけたので入ってみました。

Pc290114 「洋菓子喫茶・富士」

 洋菓子喫茶って?

 確かに入り口の前には洋菓子が並んでいましたが、中に入ったら思いっきり昭和の雰囲気が残る、私好みのいい感じのお店でした。

 そしてハムサンドイッチとホットコーヒーをいただきました。

 サンドイッチは辛さは無くマヨネーズが多めで美味しく、コーヒーは酸味強めでした。

 店内の様子から思いっきり地元密着型の喫茶店だと思いましたね。

 いつか妻も連れてぜひ来てみたいです。

 ここからの最寄り駅は清水駅でその先だと興津まで歩かなければいけないので、今日は清水駅前で終わりにしました。

 まあ何とか予定通りに歩けました。

 帰宅後に計算したら今日は5時間15分歩き、歩数は31009歩。

 まあ平均的な結果でした。

 でもやっぱり最低でも年2回は歩かないとダメですね。

 私の高齢化がどんどん進まないうちに何とか日本橋まで行きたいものです。

 今日歩いたことで5冊あるガイドブックが残り2冊となりました。

 確実に日本橋に近づいてはいますがまだまだですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

旧東海道復路のおまけ

 箱根駅伝のテレビ中継を少し観ましたが、中継所のアナウンサーのやかましさにあきれてすぐに消してしまいました。

 叫ぶだけのヘタクソなアナウンサーは外してほしいと毎年のように思ってしまいます。

 さて、先日歩いた旧東海道復路の旅(こちらです)のおまけですが、実は新型アルトを見つけたら間近で見てみたいと思いながら歩いていました。

 ディーラーはどこも休みでしたが、岡部宿あたりでようやく見ることができました。

Pc300068 カタログでレッドカラーを見た限りではスポーティな印象を持っていましたが、色違いの実車を見たらそうでもなかったですね。

 でもそれはあくまでボディの形だけで、キリットした鋭い目(ヘッドライト)は鷲(わし)か鷹(たか)のようでかなり印象が強かったです。

 外から眺めていたらお店の方と思われる白髪のお母さんが出てきて少しお話しをすることができました。

 隣にはハスラーがありましたが、やはり人気があるそうです。

 アルトについて話をしていたら「ぜひ買い換えてください。」と言われてしまいました。

 小さなお店でしたが、ふと奥のほうを見るとヨタハチがあるではないですか!

Pc300069 真っ赤なトヨタ・スポーツ800ですよ。

 新型アルトも良かったですが、こちらも良かったですね。

 室内は狭そうでしたが、これほど小さくまとまった車は今でも通用しそうだなと思いました。

 ナンバーがついていたのでいつでも走れる状態なんでしょうね。

 さらに、その奥には・・・。

Pc300071 これはトヨペット・コロナとトヨタ・カローラですか。

 コロナは古いナンバープレートが付いていました。

 スズキの販売店にトヨタのビンテージカー、さらにその奥にあったのはダイハツのミラだったかな・・・?

 手前の2台に惹(ひ)かれてしまったのでしっかり確認しませんでした。

 1つのお店で新旧の車を見れるとは思いもしなかったですよ。

 立ち寄って良かったです。

 今思えばお母さんのお言葉に甘えて新型アルトの室内も見ておけばよかったかな。

 

 

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧