« お茶の間カフェ | トップページ | コーヒーに対する強いこだわり »

昭和のモーターショー

 今日も暑かったですが、島田市博物館の駐車場で行われた「昭和のモーターショー」を見てきました。

 昨年も見に行きましたが、今年も楽しみにしていたのです。

P4290028
 どちらかというと小規模なモーターショーですが、旧車好きにはたまらないと思います。

 で、いきなりですが、「知らなかった!」「初めて見た!」という車がありました↓

P4290015
 スバル・レオーネがベースのピックアップトラックです。

 輸出専用車種の「ブラット」というそうですよ。

 荷台には補助席のような簡易シートが後ろ向きに2つありました。

 ゴーカートのシートみたいな物でした。

 この車は本当に初めてです。

 これだけでも今日来た甲斐がありました!

 今回は運転席より後部座席に乗ってみたい車もありました↓

P4290010
 ロールスロイスですね。

 とにかく後部座席の足元の広さに驚きました。

 その他に私が気に入った車はこちらです↓

P4290030

P4290040

P4290042

P4290067

P4290050

 たぶん昨年と重なっている車があると思いますが、やっぱり私は小さめが好みのようです。

 さて、こういう催し物は来場者用の駐車場にある車も気になるわけです。

 私は似たようなタイプの車の横に駐車してみました↓

P4290001 

 左からロータス・ヨーロッパ、ロータス・エラン、私の車です。

 カプチーノは「小さい。」「狭い。」とよく言われますが、こうやって並べると結構大きく見えますね。

 会場にもヨーロッパが数台ありましたが、ルーフが私の臍(ヘソ)の高さくらいしかなかったですよ。

 でもそれくらい低い目線の車も運転してみたくなりました。

 来年もぜひ行ってみたいですが、グッズ販売コーナーがあったらもっとうれしいな。

|

« お茶の間カフェ | トップページ | コーヒーに対する強いこだわり »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お茶の間カフェ | トップページ | コーヒーに対する強いこだわり »