« いただきもの | トップページ | 観劇の旅・その1 »

舞台公演2本

 今年も東京・東松原の小劇場ブローダーハウスへ妻と2人で行ってきました。

 「劇団415」の第三回舞台公演!

 任漢香さんの一人芝居「モノロオグ」(作・岸田國士)と、漢香さん・岩澤亮司さん・田村耕一さんの「彦市ばなし」(木下順二・作)です。

 50~60席くらいの小さな劇場で目の前で役者さんたちが演じているので、観ているこちらも真剣になります。

 そのためもあってか、何を言っているのかハッキリわからないテレビと違って、セリフの言葉の1つ1つ、いや、それ以上に文字の1つ1つがハッキリとわかりました。

 「モノロオグ」では恋人との思い出が漢香さんの喜怒哀楽で表現され、「彦市ばなし」では岩澤さん演じる彦市のついた嘘がばれそうになって慌てる姿が面白かったです。

 狭い舞台を右に左に動き回り、まさに“ドタバタ喜劇”のようでした。

 だから今回も“静”と“動”の対照的な2つの舞台でしたね。

 公演が終わった後には一緒に写真も撮っていただきました。

 我が家からは離れたところにある小さな劇団ですが、とても身近に感じさせてくれるすばらしい皆さんなので、私たちはこれからも応援していくつもりです。

P4150311
 来年も同じ時期に舞台を予定しているということなので、早速観劇の約束をしてきましたよ。

|

« いただきもの | トップページ | 観劇の旅・その1 »

芝居・劇団」カテゴリの記事

コメント

まさたみさん達に、ブローダーハウスで、初めて会いました。以後宜しくお願いします。来年の公演予定を既に入れておられるのですね。小生も、どこかに、書き留めて置かねば!あれ?小生写真を撮るのを忘れてた!

投稿: 珍 九星 | 2018年4月16日 (月) 11時11分

珍さんへ。

あの後、無事に帰られたでしょうか?

私たちも珍さんにお会いできたことがうれしいです。
ありがとうございます。

舞台公演はできれば毎年観に行きたいと思っているので、来年だけでなく10年後もこの時期に予定を入れているようなものですね。

あ、私も写真を撮るのをすっかり忘れていました!

投稿: まさたみ | 2018年4月16日 (月) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いただきもの | トップページ | 観劇の旅・その1 »