« 2018年3月 | トップページ

2018年4月

観劇の旅・その2

 「観劇の旅・その1(こちらです)」の続編です。

 今回は「劇団415」舞台公演の観劇の翌日は、妻の希望で上野動物園のジャイアントパンダ「香香(シャンシャン)」を見に行きました。

 動物園の表門入場後すぐの場所で配布されている整理券を受け取り、そこに記されている見学時間帯まで他の動物を見ました。

 でも父親パンダは普通に見られるんですね。

 私たちも早速そこへ行きましたが、その隣の放飼場にいる「香香」が隙間から見えてました!

P4150053
 ほとんど背中しか見せてなかったですが、これだけ見られればわざわざ並んでまで見に行く必要はないと思いましたよ、私は。

 でも妻は違います。

 「並んででも近くで見たい。」

 その時間まで付近の動物の見学です。

 フクロウ、ワシ、タカ、テナガザル、トラ、ゴリラ、鳥。

 その中で私が気に入ったのはゴリラでした。

P4150124
 「8時だョ!全員集合」世代の私は「オィッス!」と声を掛けたくなりますが、これはお婆さんゴリラのピーコです。

P4150123
 瞑想中のようで大きな動きはなかったですが、さすがに迫力は満点でした!

 そして少し離れた場所では、親子と思われるゴリラ様がのんびりされてました。

P4150133
 これらゴリラ御一行様で私の上野動物園ツアーは終わったようなものでした。

 十分満足しました!

 「香香」はどうでもよくなりましたが、妻は違います。

 見学時間が来たのでそちらの列に並び、順に案内されて進んだら、いました。

P4150160
 周りからは「カワイイ~ッ!」の声、声、声。

 確かにカワイイですね。

 でも私は放っておいても大人気のパンダよりやっぱりゴリラです。

P4150120
 ピーコさん、長生きしてください。

 この後、本当は国際フォーラムの「大江戸骨董市」に行きたかったのですが、ホテルのパソコンで“中止”というのを知ってとても残念でした。

 私は観劇の他にこの骨董市にもぜひ行きたかったんですけどね。

 でもこの2日間での雨は、チェックアウトしてホテルを出た時の“傘を差さなくてもいい”程度くらいでした。

 もっと荒れると思っていたので、この程度で済んで良かったです。

| | コメント (2)

観劇の旅・その1

 土日と行ってきた観劇の旅(その模様はこちらです)ですが、今回は往復の交通手段に高速バスを使いました。

 正確には往復の高速バスとホテル宿泊がセットになったツアーを利用したわけです。

 ホテルはあらかじめ決まっていて、バスの時刻だけは自分で選択するのです。

 私は昔1回だけ高速バスに乗ったはずですが、どんな感じだったかは全く覚えていないです。

 今回利用したのは地元の遠州鉄道のバンビツアーなんですが、私たちが選んだ時間の高速バスは行きも帰りもJR東海でした。

 行き↓

P4140014 帰り↓

P4150241
 私には外観以外でどこがどう違うのかわかりませんが、帰りのバスの座席のほうが腰周りをサポートしてくれる形状になっていました。

 こちらのほうが型が新しいのかな?

 今回高速バスを利用したことで、いつもの新幹線に比べたら時間はかかりましたが、何といっても往復利用しても新幹線の片道より安いのが良かったですね。

 この手段、気に入りました!

 たぶん来年以降も高速バスを利用すると思います。

 でも隣に座るのが妻だから良かったんでしょうね。

 これが知らない人だったらかえって気を使って疲れてしまいそうです。

 だから2人で行く時は高速バス、一人の時は新幹線。

 これかな。

 そのほかの様子は「その2」へ続きます・・・。

 

 

| | コメント (4)

舞台公演2本

 今年も東京・東松原の小劇場ブローダーハウスへ妻と2人で行ってきました。

 「劇団415」の第三回舞台公演!

 任漢香さんの一人芝居「モノロオグ」(作・岸田國士)と、漢香さん・岩澤亮司さん・田村耕一さんの「彦市ばなし」(木下順二・作)です。

 50~60席くらいの小さな劇場で目の前で役者さんたちが演じているので、観ているこちらも真剣になります。

 そのためもあってか、何を言っているのかハッキリわからないテレビと違って、セリフの言葉の1つ1つ、いや、それ以上に文字の1つ1つがハッキリとわかりました。

 「モノロオグ」では恋人との思い出が漢香さんの喜怒哀楽で表現され、「彦市ばなし」では岩澤さん演じる彦市のついた嘘がばれそうになって慌てる姿が面白かったです。

 狭い舞台を右に左に動き回り、まさに“ドタバタ喜劇”のようでした。

 だから今回も“静”と“動”の対照的な2つの舞台でしたね。

 公演が終わった後には一緒に写真も撮っていただきました。

 我が家からは離れたところにある小さな劇団ですが、とても身近に感じさせてくれるすばらしい皆さんなので、私たちはこれからも応援していくつもりです。

P4150311
 来年も同じ時期に舞台を予定しているということなので、早速観劇の約束をしてきましたよ。

| | コメント (2)

いただきもの

 先日お土産をいただきました。

P4100010
 「キャドバリー」というメーカーのダークミルク・チョコレートです。

 ロースト&カラメル化したヘーゼルナッツが入っているのかな。

 このいただきものですが、正確に言いますと「オーストラリアに旅行に行った○○さん(同僚)からもらいました。」と言う後輩からもらったものです。

 もちろん私はこのチョコレートは知らなかったですよ。

 初めて見ました。

 パッケージデザインを見ると高級チョコレートみたいですね。

 早速食べて見ましたが、海外のチョコレートでよく感じる“独特な甘さ”がありました。

 一晩冷蔵庫に入れておいたのですが、そんなに固くなかったです。

 噛んだ時に「パキッ!」となるかと思ったんですけどね。

 この独特の甘さは何と例えればいいでしょうか・・・。

 濃厚な味。

 チョコの密度が濃い。

 重さを感じる味。

 1度にたくさん食べられないような味。

 ・・・上手く表現できないですね。

 でも少し暖かいだけでもすぐ溶けてしまいそうなチョコレートです。

 ぜひ食べてみてください。

 でもカロリーがかなり高そうです。

P4100015

| | コメント (0)

部品交換会へ

 今日は袋井・エコパ駐車場の部品交換会へ行ってきました。

 でも玄関を出たら車が花粉(?)でまっ黄色!

 あまりにも汚くて恥ずかしかったので、急いで水で洗い流してから出発しましたよ。

 会場は風が強くて寒かったですが、多くの出店&見学者で賑わってました。

 私は今日も何周歩き回ったかわかりませんが、終盤に手ぶら帰宅を覚悟し始めたころに「これは!」と思えるものを購入できました。

P4080006
 NASCARの2人の名ドライバー、デイル・ジャレットとビル・エリオットの1993年のバンパーステッカーです。

 今とは違って手描き感のあるデザインがいいですねえ。

 かなり久しぶりにこの手の古いステッカーを手にすることができました。

 もちろんもったいなくて使えないですよ。

 トミカやホット・ウィールなどの“一般的”なミニカーも見ましたが、私に何か訴えてくるような魅力のあるものには出会えなかったです。

 まあNASCARステッカーを2枚も手に入れることができたので満足です!

 今日歩き回ったのは2時間半。

 昨日行ったコストコには1時間もなかったですが、そちらのほうが疲れましたよ。

 次回のエコパは6月3日です。

 楽しみだな。

 

| | コメント (2)

ショックアブソーバー交換

 先日カプチーノの車検がありましたが、リアのショックアブソーバーにオイル漏れが見られたということなので、両側を交換してもらいました。

P4070004
 私は峠やサーキットを攻めるわけでもないので、新たに取り付けたのも純正品ですよ。

 リアショックアブソーバーの他にはリアストラットロアシート、リアストラットベアリングシート、リアバンプストッパも交換してくれたようです。

 詳しくない私はこの3部品は「たぶんここか・・・?」でしかわからないですけど。

 ショックアブソーバーは1本2万8千円弱でした。

 交換後の乗り心地の変化は私にはよくわかりません。

 ただこの交換のために今回の支払い金額がかなり高くなったのは事実です。

 アブソーバーを交換しただけにショックだったわけで・・・。

 でもこれで十数年は大丈夫ですね。

 あ、フロントもあったんだ・・・。

 そして今日は「鴨江珈琲」へ。

 日祝限定のチキンカレーは最近は土曜日も出すようになったみたいです。

P4070012
 オーナーさんの話ではいつもより煮込みすぎたということですが、今日も美味しかったですよ。

 お代わりしたかったです。

| | コメント (0)

思い切ってテラス席へ

 昨夜は会社の後輩の送別会に行きましたが、ビュッフェコースの料理が美味しくてつい食べ過ぎてしまいました。

 飲み放題ではビール・ジントニック・ジンジャーエール・緑茶と飲み、アルコール嫌いの私にとっては精一杯の結果でした。

 今朝はその疲れが残ってましたね・・・。

 でもお昼前にはなんとなく元の状態に回復。

 というわけで、妻と2人でいつもの秘境カフェ「Antique Cafe Road」へ行ってきました。

 すでに多くのお客様がおられたので、店内の空席を探すことなく、間違いなく空いていると思われた奥のテラス席へ一直線でした。

 目の前の小川のせせらぎが心地よく響き、風もさわやかで気持ち良かったです。

 最初のほうは・・・。

 曇るとまだ肌寒かったですね。

P4010042
 もちろん今日も同じような画像ですが、屋外にいる分なんとなく開放感を感じる気がしますがいかがでしょうか。

 深煎りブレンドコーヒーも美味しかったです。

 そういえばテラス席に出てきたオーナーさんは半袖だったですよ!

 それくらい忙しくて動き回っていたのでしょうね。

 月火と休みなのでゆっくり休んでほしいです。

 でもそういうわけにはいかないようで・・・。

P4010051 82

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ