« ほぼ半世紀ぶりの再会 | トップページ | サラサラ・カレー »

疾風小僧

 チャンネルNECOの日活映画「疾風小僧」を観ました。

 主演はもちろん和田浩治さんです。

 他には大坂志郎さん、葉山良二さん、内田良平さん、清水まゆみさん、山岡久乃さん、新人の吉永小百合さん、由利徹さん、守屋浩さん、深江章喜さん、清水将夫さん、野呂圭介さん、藤村有弘さん、榎木兵衛さんなどが出演されていました。

 和田さんは相変わらず少年らしさが残っているようでした。

 だから“小僧”のネーミングはピッタリですね。

 小僧シリーズで和田さんの相手役といえば清水まゆみさんで、この映画でもアイヌの少女役で出てましたが、終盤以降は出てこなかったのが不思議でしたね。

 吉永さんが登場してからは相手役も交代してしまったように感じました。

 対立役から最後には味方になってくれるイメージが強い内田さんは、残念ながら今回は対立の立場から変わりがなかったです。

 最後まで期待しながら観ていたんですけどね。

 その代わりとして葉山さんが和田さんの仲間として重要な場面でビシッとまとめてくれました。

 由利さんは珍しくヤクザとしての登場でしたが、喜劇のイメージが強いので怖さがあまり感じられなかったですね。

 こんな感じでこの映画は主役以外の方々がそれぞれ良い役目をしていたと思います。

 主役の和田さんが若いためでしょうか、ベテランの俳優さんたちがうまいサポートをしてくれていたようでした。

 でもやっぱり吉永さんが出てきたらそちらに目が行ってしまいましたね。

 あくまで脇役でしたが、和田さんの後半の相手役として光っていました!

 

|

« ほぼ半世紀ぶりの再会 | トップページ | サラサラ・カレー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほぼ半世紀ぶりの再会 | トップページ | サラサラ・カレー »