« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

早朝のスワップミートへ!

 早朝5時開始の「浜名湖2&4スワップミート」へ行ってきました。

 目覚まし時計を3時半にしておきましたが、しっかり15分前に目が覚めましたよ。

 自宅から車で30分ちょっと。

 会場には5時過ぎに着きましたが、今回もすでに多くの人で賑わってました。

 やっぱりいつものエコパでは見られない出店が多くて楽しかったですよ。

 そして今回購入した物がこちらです。

P3250017
 最近はNASCARグッズが少ないのでありがたかったですね。

 ダイキャストカーは意外な店で見つけることができました。

 他にも数台ありましたが、今日は渋いドライバーを選択。

 でもなんといっても若い売主さんが“キング”リチャード・ペティを知っていたのがうれしかったですね。

 そしてもう1つ買ったのがこちらです。

P3250014
 エンブレム系は普段は買わないのですが、なぜか今日に限っては「これ、いいな。」と思ったのですよ。

 帰宅後に調べたら、スズキのバイク“T500”の初期のころのタンクに付いているエンブレムのようですね。

 もし違っていたら教えてください。

 使い道は未定です。

 でもこういう組み合わせならいいかも・・・↓

P3250033
 とにかく今日も歩いて歩いて歩き回り、良い運動になりました。

 「さあ、帰ろう。」と思ったのが8時45分。

 温かいお茶を入れた水筒を自宅に忘れてしまいましたが、うれしくて楽しい1日でした。

 毎日こんな感じだといいな。

| | コメント (0)

新たなる珈琲店へ

 春ですね。

 暖かいです。

 今日も妻と2人で「Antique Cafe Road」へ行ってのんびりしてきました。

 今回は妻が注文した“パンセット・B”の画像にしましょう。

P3240009

 パンセット(A&B)は人気があるようで、今日は開店時間から1時間くらいで完売だったようです。

 来店されたお客様も多かったですからね。

 いつもだったらここを出たら帰るところですが、今日は新たなる珈琲店へ向かって東に進みました。

 立ち寄ったのは金谷の茶畑に囲まれた「アルム珈琲店」です。

P3240014
 金谷地区にあるのに住所は島田市菊川。

 先週、店名から検索して場所を確認したら、なんと旧東海道沿いではないですか!

 そういえば復路の旅で4年ほど前に歩いた時に、古民家風でおしゃれなお店みたいな建物があったのを思い出しましたよ。

 たぶんこの辺りが峠の頂点で、西と東に石畳があったような気がします。

 この珈琲店も自家焙煎で、入り口横に焙煎機がありました。

 外観の印象とは違って中は思った以上に広かったです。

 私はオーナーさんに最も苦いコーヒーを訊いてマンデリンの深煎りにしました。

 口の中で感じた苦さのほうが、香りで感じた時よりも強かったです。

 でも量が減ってから感じる酸味の強さもなかなかのものでした。

 あ、これは素人の私が感じた印象ですから・・・。

 ここはコーヒー豆の種類が多いようなので、次回は未知の豆を注文したいと思います。

 旧東海道で歩いた時にコーヒーに興味を持っていたなら必ず立ち寄ったはずの珈琲店ですね。

P3240022
 さあ、明日は間違いなく晴れ。

 超早起きの日曜日ですよ!

 

| | コメント (0)

日曜コーヒー

 我が家の外壁塗装の為に組まれた足場が外され、久しぶりの開放感で部屋の中が明るくなった感じです。

 今日は日曜日。

 「鴨江珈琲」へ行ってきました。

 そして日祝限定のチキンカレーと、コーヒーは今日はインドネシア・マンデリンの深煎りをいただきました。

P3180037
 う~む、同じ深煎りでもケニア・マサイより酸味が強く感じましたね。

 そして今日は正月にここでお会いした方と再会。

 いろいろな喫茶店・カフェによく行っているようでとても詳しいのです。

 今日も金谷地区のカフェ情報を教えていただきました。

 ありがとうございました。

 そういえば今日は彼岸の入りだそうですね。

 いつもの南からのコースだと鴨江観音横の道で通行止めにあって大きく回り道をしなければいけなかったですが、車内で聴いていたラジオで彼岸の入りを知ったので最初から北からのコースに変更でき、渋滞に遭わずに着くことができました。

 チキンカレー、やっぱりお代わりしたかったな。

 さあ、来週の日曜日も今日みたいに晴れてくださいよ!

| | コメント (0)

膝の上の猫

 春!

 そう思える陽気な日に有給休暇にしておいて良かったな。

 もちろん妻と2人で秘境カフェ「Antique Cafe Road」へ行ってきました。

 私は今日もオリジナル・カレーと深煎りブレンド・コーヒーでした。

 外をボーっと見ていたら、お尻の後ろがモコッモコッと凹む感じが・・・。

 なんだ?

 椅子の背もたれを見るために振り返ろうとしたら、妻の膝の上に猫の「トラ」がいてビックリ!

 猫が私たちのところに来たのは久しぶりです。

 膝の上でどうするのかと思ったら丸くなってウトウトし始めました。

P3150059
 身体がさらに大きくなったようでしたよ。

 「トラ」たちがまだ小さかったころ、食べ終わったカレーのお皿を舐めたりコップの水を飲んだりしていたのが懐かしいです。

P3150074
 おかげで今日も癒されました・・・。

P3150033

 

 

 

| | コメント (0)

サラサラ・カレー

 昨夜は御前崎でフリーマーケット(部品交換会)がありましたが、「寒いだろうな。」「少ないだろうな。」「欲しい物がないだろうな。」の3つの「だろうな。」が頭に浮かんだので、行くのを止めました。

 そして今日はいつもの鴨江珈琲へ。

 久しぶりにチキンカレーをいただきました。

P3110014
 なんとなくサラサラ度が増した感じで、鶏肉も若干大きくなったようです。

 もう一皿食べたかったな。

 コーヒーはケニア・マサイの深煎り。

P3110015
 なんとなく私はこれが一番好きかな・・・と最近思うようになりました。

 香り、苦味がちょうどいいですよ。

 でも他のコーヒーをじっくり味わって判断したわけでではないので、ひょっとしたら好みがガラッと変わるかもしれません。

 

| | コメント (0)

疾風小僧

 チャンネルNECOの日活映画「疾風小僧」を観ました。

 主演はもちろん和田浩治さんです。

 他には大坂志郎さん、葉山良二さん、内田良平さん、清水まゆみさん、山岡久乃さん、新人の吉永小百合さん、由利徹さん、守屋浩さん、深江章喜さん、清水将夫さん、野呂圭介さん、藤村有弘さん、榎木兵衛さんなどが出演されていました。

 和田さんは相変わらず少年らしさが残っているようでした。

 だから“小僧”のネーミングはピッタリですね。

 小僧シリーズで和田さんの相手役といえば清水まゆみさんで、この映画でもアイヌの少女役で出てましたが、終盤以降は出てこなかったのが不思議でしたね。

 吉永さんが登場してからは相手役も交代してしまったように感じました。

 対立役から最後には味方になってくれるイメージが強い内田さんは、残念ながら今回は対立の立場から変わりがなかったです。

 最後まで期待しながら観ていたんですけどね。

 その代わりとして葉山さんが和田さんの仲間として重要な場面でビシッとまとめてくれました。

 由利さんは珍しくヤクザとしての登場でしたが、喜劇のイメージが強いので怖さがあまり感じられなかったですね。

 こんな感じでこの映画は主役以外の方々がそれぞれ良い役目をしていたと思います。

 主役の和田さんが若いためでしょうか、ベテランの俳優さんたちがうまいサポートをしてくれていたようでした。

 でもやっぱり吉永さんが出てきたらそちらに目が行ってしまいましたね。

 あくまで脇役でしたが、和田さんの後半の相手役として光っていました!

 

| | コメント (0)

ほぼ半世紀ぶりの再会

 今日は暖かい1日だったようですが、花粉飛散も非常に多いようだったので、家の中でおとなしくしてました。

 まあ昨日は小國神社の骨董市や鴨江珈琲へ行ったので・・・。

 さて、最近私は50年弱ぶりに2台のミニカーと対面することとなりました。

P3010066

P3020009
 どちらもマッチボックス製で、パイプ・トラックとホンダ・モーターサイクル・トレーラーです。

 たぶん私が幼稚園に行っているころ、名古屋へ行った時に一緒に行った祖母が買ってくれたミニカーなのです。

 その時に初めて新幹線に乗ったんですよbullettrain

 どこの店でどうしてこれらを選んだのかは全く覚えていませんが、祖母に買ってもらったというのだけは覚えているのです。

 最近何気なくオークションサイトで検索したら偶然にも出てきたので、お値段がちょっと高めでしたが妻の許可を得まして落札しました。

 パイプトラックを手にした時は「こんなに軽かったかなぁ・・・。」と思いましたよ。

 でも昔は気がついた時にはすでに付属のパイプを無くしてました。

 ホンダのトレーラーも本体は家にあった記憶がありますが、バイクのほうはほとんど覚えてなかったです。

 でもこうやって見るとカッコイイですよね。

 どちらも色が所々剥げていますが、古い物はこのほうが味があるので好きです!

 復刻版みたいな同じミニカーもありましたが、そちらはタイヤ・ホイールの部分がトミカみたいで昔のイメージとは全く違うので無視してます。

 実はもう1台思い出のミニカーがあるのですが、これはなかなか出てこないですね。

 そちらは慌てることなく気長に待ちたいと思います。

 まずはこの思い出の2台を大切にします。

| | コメント (0)

鉄火場の風

 1月末に録画したチャンネルNECOの日活映画「鉄火場の風」をやっと観ました。

 「鉄火場」はいわゆる賭博場のことですね。

 主演は石原裕次郎さん。

 そして北原三枝さん、芦田伸介さん、赤木圭一郎さん、清水まゆみさん、東野英治郎さん、殿山泰司さん、宍戸錠さん、佐野浅夫さん、武藤章生さん、深江章喜さん、柳瀬志郎さんなども出演されていました。

 オープニングの題字(映画名)が珍しく黒文字でしたね。

 この映画は無実の罪で刑務所に入って出所した裕次郎さんが真犯人を捜し出すという内容でした。

 当然のようにヤクザが絡んでますが、私が嫌いな“ヤクザ映画”とは違って見応えがあって楽しめたような気がします。

 裕次郎さんは真犯人捜しの映画が似合ってますね。

 赤木さんは“新人”扱いでした。

 声が少年のようにとても若々しく、最終的に裕次郎さんをアニキとして慕う姿がとても良かったです。

 でも映画の中で撃たれて死んでしまう姿が、実際に赤木さんが亡くなってしまう時の姿のように見えてしまい、複雑な思いをしてしまいました。

 私はこの映画を陰で上手くまとめてくれたのが東野さんと殿山さんだったと思います。

 東野さんは対立する組をまとめる役目をする理事長役、「万福軒」店主の殿山さんは裕次郎さんと親しかった元・博打打ち役。

 誰にも憎まれることがなく、2人ともご無事で最後までいてくれたことがうれしかったです。

 裕次郎さんはデビュー当時からスターですが、私は“スラッと痩せている”と“肉が付き始める”の間、つまりこの映画のころの裕次郎さんが一番いいですね。

 痩せていても太り始めても裕次郎さんには変わりはないですが、やっぱりどちらでもない時期が最も爽やかに見える気がします。

 あくまで私個人の感想ですよ。

| | コメント (0)

強風の木曜日

 今日も妻と秘境カフェへ行ってきました。

 風がかなり強かったですね。

 しかもカフェの周囲にある杉の木が強風で揺れる度に、花粉らしき粉が大量に舞っているのを見てしまいました。

 嫌な季節ですね・・・。

P3010072
 今日のカレーの上にはおろし器でおろしたようなチーズがかかってました。

 いつもは粉チーズでしたが、カレーも少しずつ変化しているのがわかりますね。

 色も黄色から赤っぽくなった感じ。

 辛さも以前より増したようです。

 久しぶりに“シロ爺”猫にも会えました。

P3010075
 今日は太陽が顔を出した時と雲に隠れた時との寒暖の差が大きかったな。

 だからいつもより早い時間でカフェを出てきました。

 帰りの道の駅で大好物の干し芋を買ってきたので、早速おやつ代わりに食べたいと思います。

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »