« 夕笛 | トップページ | 正月気分は・・・? »

波止場の賭博師

 チャンネルNECOの日活映画「波止場の賭博師」を観ました。

 主演は小林旭さん、他には小高雄二さん、高須賀夫至子さん、白木マリさん、安部徹さん、井上昭文さん、野呂圭介さん、信欣二さん、かまやつヒロシさん、高品格さんなどがしゅつえんされてました。

 私はてっきり石原裕次郎さんの映画だと思って観始めたので「あれ?」と思いました。

 旭さんはいつものようにカッコいい場面でしっかり決めてくれましたが、この映画で印象が強かったのが相手役でもある高須賀さんでした。

 相手役と言いましても元恋人で偶然にも旭さんと再会、しかも今は国外逃亡を図る小高さんの恋人として展開していくという複雑さがありました。

 高須賀さんはたぶん初めて見ましたが、日本的なきれいなお顔で和服が似合いそうな女性だと思いました。

 なんとなく久保菜穂子さんに似てる感じでしたね。

 この映画では自分を捨てた恋人(旭さん)と今の恋人(小高さん)との2人の間で、常に悲しそうな表情をしてました。

 この時代の日活の女優さんよりも大人に見えました。

 調べたら俳優座養成所出身のようですね。

 展開としてはもちろん旭さんが主役ですが、高須賀さんのほうが映画での存在としては重要な立場だったと思いました。

 亡くなられたムッシュ“かまやつさん”もまだ少年のような顔でしたね。

 歌っている場面もありましたが、外国語の歌詞がカッコよく聞えました。

 

 

|

« 夕笛 | トップページ | 正月気分は・・・? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕笛 | トップページ | 正月気分は・・・? »