« 爽やかエコパ! | トップページ | 旧東海道復路のおまけ »

旧東海道復路の旅・その32

 連休初日の今日は旧東海道復路を歩いてきました。

 結果を先に申しますと、箱根峠の上りで心臓と足に限界が来ました。

 体力の弱りを痛感しましたね・・・。

 スタートは沼津の西のJR片浜駅です。

 そこから東へ進みましたが、三島宿辺りまではほぼ平坦な道なのでいつもの調子でスタスタ歩けましたね。

 今思えば後のことを考えずに、そうやって調子に乗ったのが良くなかったのでしょう。

 三島宿の先の愛宕坂という、坂としては小規模なほうだと思うのですが、そこで足が満足に上がらなくなりました。

 歩く速度を遅くしたり小刻みに足を踏み出したりしたのですが、“こんなはずじゃない!”状態でした。

 そこでガクッと来たものですから、その先の“坂”と名の付く坂は全部ダメ。

 脈拍も驚くほど速くなり、“心臓破りの坂”といわれるように、本当に心臓が破けると思いました。

Pc300063
Pc300067
 その時は石畳や階段も壁にしか見えなかったですよ。

 峠の間の移動手段は路線バスしかないので、帰るためにはバス停の近くまで歩くしかありません。

 そのため「もう限界だ!」と思った“こわめし坂(下長坂)を上がったところにある笹原バス停で終了としました。

Pc300009_01
 もうダメ・・・本当にダメ・・・。

 自分が情けないと思いましたョ、ホントに。

 さらに20分くらい待って来たバスに乗ったら満員満席。 

 仕方がないのでしばらく立っていたら、危うく気分が悪くなるところでした。

 ダメだなぁ。

 これでは次回が心配です。

 こんなヘロヘロ東海道で歩いたのは3時間54分、23445歩でした。

 距離だと18キロ弱のようで、思った以上に短かったのがショックです。

 せめてもの救いは帰りの新幹線が浜松にも停車する「ひかり」だったことと、指定席を買って座れたことですね。

 いつものように自由席にしていたら、浜松までずっと立っていることになってましたから。

|

« 爽やかエコパ! | トップページ | 旧東海道復路のおまけ »

旧東海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爽やかエコパ! | トップページ | 旧東海道復路のおまけ »