« 青年の樹 | トップページ | 雨、雨、カフェ、雨、カフェ »

高原児

 チャンネルNECOの日活映画「高原児」を観ました。

 主演は小林旭さん。

 そして浅丘ルリ子さんも出演です。

 他には郷鍈冶さん、近藤宏さん、金子信雄さん、二本柳寛さん、白木マリさん、深江章喜さん、榎木兵衛さん、多くの馬たちです。

 そして私が見たかったのが、この作品でデビューの新人・高橋英樹さんです。

 浅丘さんの弟役でしたね。

 何かの本で読みましたが、デビュー作にしては長いセリフで、しかも話す時に首が回る癖を注意されたそうです。

 確かにぎこちなく話している時に首が動いているように見えました。

 出番は1回だけでしたね。

 この映画で旭さん以上にカッコよかったのは郷さんだ!と、私は思いました。

 射撃大会で旭さんのライバルとして突然現れ、最初は兄を殺した犯人だと思っていた旭さんの命を狙っていました。

 しかし真犯人が他にいることがわかり、そこから旭さんの味方になって敵の一味と撃ち合う場面は最高でした。

 どこから見ても悪役としか思えない人が味方になる時は誰でもカッコよく見えますが、郷さん以上の人は他にいないと思います。

 ラストシーンで旭さんと郷さんが夕日をバックに馬に乗って去っていくところもカッコよかったです!

 ロケ地は大分の久住高原ということですが、このような映画にはピッタリの地でしたね。

 

|

« 青年の樹 | トップページ | 雨、雨、カフェ、雨、カフェ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青年の樹 | トップページ | 雨、雨、カフェ、雨、カフェ »