« 今日の探し物 | トップページ | 高原児 »

青年の樹

 チャンネルNECOの日活映画「青年の樹(き)」を観ました。

 主演は石原裕次郎さんです。

 他には芦川いづみさん、北原三枝さん、大坂志郎さん、芦田伸介さん、新人の笹森礼子さん、小高雄二さん、武藤章生さん、近藤宏さん、滝沢修さん、清水将夫さん、草薙幸二郎さん、深江章喜さん、榎木兵衛さん、柳瀬志郎さんなどが出演されてました。

 確かオープニングの歌や曲が無く、大学の講堂での滝沢さんの迫力のある挨拶で始まった映画でしたが、全体的に流れがよくわからないことが多かったですね。

 裕次郎さんはヤクザの2代目になるはずの大学生でしたが、本人には継ぐ気は全く無くとも結局は首を突っ込まなければいけなくなります。

 ここまではよくある展開ですが、最後には青年としての自覚に目覚めて、ヤクザの世界と別れて新しいスタート台に立つという、将来に希望が持てるような感じでした。

 でもやっぱりよくわからなかったな。

 北原さんはこの映画では控えめの出演でしたが、芦川さんの姉の役だったこともあってかなりのベテラン女優という雰囲気がありました。

 ラグビーの試合での泥だらけ姿のままでデッカイおむすびを食べる武藤さんが私は良かったですね。

 他の映画でも裕次郎さんの仲間役でよく出演されていますが、今回も武藤さんらしい役で楽しませていただきました。

 大学生に主体を置いた映画でしたが、どうしても大学生より老けて見える方々が多いのが気になってしまいました。

 仕方のないことでしょうが、そこまで気にすることもないのかな・・・。

 

|

« 今日の探し物 | トップページ | 高原児 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の探し物 | トップページ | 高原児 »