« ヒグラシ・カフェ | トップページ | 夜のバイパス »

凍河

 チャンネルNECOの、今回は松竹映画の「凍河(とうが)」を観ました。

 主演は中村雅俊さんで、他には五十嵐淳子さん、原田美枝子さん、岡田茉莉子さん、佐分利信さん、米倉斉加年さん、岡田英次さん、西尾三枝子さんなどが出演されていました。

 でも私は友情出演の石原裕次郎さんを見たくてこの映画を観ました。

 裕次郎さんの最後の映画出演だそうです。

 どの程度出てくるかと思いましたが、中村さんの兄貴役で冒頭と最後のほうの出演だけでしたね。

 随分頼もしい兄貴、どうしても「ボス!」と呼びたくなるような雰囲気の兄貴だったと思います。

 一体どういう経緯で映画出演したのでしょうか?

 さて、中村さんと五十嵐さんは後に実生活で夫婦となるわけですが、この映画でも結婚の約束をしてましたね。

 でも映画での五十嵐さんはどこか不思議な役でした。

 本当は病気が治っていると言われていますが、顔の表情が時と場合によって変化しているので、「本当はどっちなの?」という疑問を感じたまま映画は終わってしまいました。

 院長の佐分利さんと卓球をやっている時のあの楽しそうな顔は何だったんだろう?

 これでもすでに40年以上も前の映画ですが、なんとなく新しい時代の映画、次の世代の映画というように感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ヒグラシ・カフェ | トップページ | 夜のバイパス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒグラシ・カフェ | トップページ | 夜のバイパス »