« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

珈琲館

 昨日、映画「カーズ/クロスロード」を観る(その様子はこちらです)までに時間があったので、同じ「ららぽーと磐田」内にある「珈琲館」でコーヒーを飲んできました。

P8270002_2
 店の外は賑やかですが、店内は都会の落ち着いた喫茶店のような雰囲気で良かったです。

 私はここでも一番苦いコーヒーを訊いて、紀州備長炭で焙煎したという“炭火珈琲”をいただきました。

 カップを鼻に持ってくると香ばしい匂い。

 口の中で味わった苦さは、「Antique Cafe Road」の深煎りブレンドと同じような感じでした。

 ホットケーキも注文して妻と分けたのですが、厚みがあって美味しかったです。

 この店はレストランフロアやフードコートから離れた位置にあるので、店内に空席が多い時はのんびりできそうです。

 また来てみたいですね。

 でも「ららぽーと」にはそんなに来ないんだよな・・・。

 

 

| | コメント (0)

夜霧のブルース

 チャンネルNECOの日活映画「夜霧のブルース」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん!

 他には浅丘ルリ子さん、岩崎加根子さん、山茶花究さん、垂水悟郎さん、小池朝雄さん、沢本忠雄さん、市村博さん、久しぶりの天坊準さん、柳瀬志郎さん、深江章喜さん、郷鍈冶さん、芦田伸介さん、高田敏江さんなどが出演されていました。

 内容を全く知らないまま観ましたが、最後までジーッと集中して観ることができた良い映画だったと思います。

 始めのほうで、対立する荷役会社の社長の命を裕次郎さんが狙いに来るわけですが、乗り込んでくるまでの流れを振り返る形で映画が展開していきましたね。

 途中で現実と過去が混乱しそうになりましたが、裕次郎さんが社長を睨みつける場面以外は全て過去の話だ・・・というのがハッキリしてからは、場面ごとに現在・過去をしっかり区別して観ることができました。

 この映画では私は浅丘さんのお腹の中の子供が動いたことに喜ぶ裕次郎さんの“明るい顔”が強く印象に残りましたね。

 数少ない喜びのシーンの中の1つでしたが、実際の裕次郎さんが叶えられなかったこととダブって見えてしまい、なんとも言いようのない複雑な気持ちになってしまいました。

 山茶花究さん、以前にも確かヤクザ映画で観たことがある俳優さんでしたが、読み方がどうしても思い出せませんでした・・・が、「さざんか きゅう」さんでしたね。

 悪いことは全て子分にやらせて、自分の手は決して汚さないという代表のような怖い顔をされてました。

 裕次郎さんは結局は乗り込んだ後に殺されてしまいますが、映画はそこですぐに終わらず、もう二度と主の帰ることのない部屋の中を映す余韻を残してくれたのがとても良かったです。

 主人公が死んでしまった時は、このような終わり方のほうが納得して終えることができますね。

 妻の浅丘さんとお腹の子供、そして結果的には後を追うように裕次郎さんも死んでしまったのが、観終わってじっくり考えるととてもかわいそうな気がしますが・・・。

 

| | コメント (0)

カーズ/クロスロード

 今日は映画「カーズ」(吹き替え版)を観てきました。

P8270009
 本当は字幕版が観たかったのですが、ほとんどの映画館は吹き替え版のみだったので私は観ないつもりでした。

 でも昨日の夜に日テレG+のNASCAR第24戦ブリストルを観ていたら、吹き替え版でもいいので急に観たくなったのです。

 字幕がなく子供にも観やすいということで、ポップコーンとドリンクのセットを持った親子連れが多かったですね。

 観た感想は・・・これが意外と観やすくて良かったです!

 今回は主人公のライトニング・マックィーンが、“ピストン・カップ”に押し寄せる世代交代の波に悩むことになります。

 実際のNASCARでも最近は若手がどんどん出てきていて、今年はさらに世代交代が進んでいるようなので、観ていても映画の中の世界だけの話とは思えなかったです。

 CGの技術も素晴しかったです。

 私は特にダートコースのぬかるんだ泥の素晴しさに驚きました。

 これは子供向けの映画ですから、その子供たちが楽しんでくれれば私もうれしいですね。

 でもNASCARの豪華メンバーが声の出演もしているので、やっぱり字幕版で生の声が聞きたかったなぁ。

 こういう映画は土日の各1回だけでもいいので、大人が楽しむための字幕版を上映してもらいたいものです。

 そういえば「カーズ」上映前に流れた約7分の短編映画、あれは必要ないと思いました。

 これがあるのを知らずに席に座ったので、最初は「観るスクリーンを間違えたかも・・・。」とドキドキしながら観てましたから。

 これから観に行く方はどうか慌てずに、安心して7分間待っていてくださいね。

 

| | コメント (0)

食前の1本

 今日はなぜか早く帰ることができました。

 と言っても8時間働いた定時帰宅ですけど・・・。

 早く帰る+暑い=あずきバー

 帰宅後の久しぶりの1本、最高でした!

P8210003
 あずきバーに限らず、暑いところから疲れて帰って来た後のアイスコーヒーやかき氷も美味しいでしょうね。

 でも我が家で食べるのはこれです。

 明日も食べたい。

 

 

| | コメント (0)

干せた!

 今日は晴れ時々薄曇りという感じでしたが、ようやく布団を干すことができました。

 まあ私が外出しなかっただけなんですけどね。

 でも湿気が多いためかフカフカにはなってなかったです。

 布団を取り入れた後に本を読んでいたら眠気に襲われて、そのまま布団の上で昼寝をしてしまったので、すでにもとのペッタンコに戻っていると思います。

 布団乾燥機があれば楽なんでしょうけど、やっぱりお日様に当てて干したいですね。

 私はたぶん今夜も汗をかいて、さらにペッタンコ布団になると思います。

 乞うご期待!

 

| | コメント (0)

カフェ連休・続編

 浜松は今日もおかしな天気でした。

 東西南北の全方向には黒い雲がありましたが、こちらは短時間にパラパラッと降ったくらいで、その後は青空になって暑くなりました。

 もー、布団が干せないっ!

 私の連休気分は一応今日までなので、締めくくりとして妻と2人でまたカフェへ行ってきました。

 今日は浜松市中区上島にある「もとカフェ」です。

P8180011
 ここにも自家用の焙煎機がありました。

 店内はとてもきれいにされていて落ち着いた雰囲気です。

 例えて言うと“都会の静かな裏通りにある大人向けのカフェ”でしょうか。

 私はドライカレーと深煎りブレンド・コーヒーをいただきました。

 カレーと言うといつも香辛料が効いたやや辛めが多いので、このドライカレーは甘く感じました。

 でもやっぱり香辛料は数種類使われているようですね。

 ボリュームも思ったよりあって食べ応えがありました。

 深煎りブレンドは今まで経験した苦さとはまたちょっと違う気がしました。

 え~と、苦味が口全体ではなく底にジワ~ッと広がってくるようなコーヒー・・・かな。

 オーナーさんの話では焙煎直後の味の調整を忘れてしまったそうですが、それでも美味しかったです。

 後で訊いたらこれがここで最も苦いコーヒーだそうで、偶然それをいただくことができて良かったと思いました。

P8180008
 コーヒーは他にも数種類あるようなのでそれも飲んでみたいですが、私はここへ来たらドライカレーは毎回食べることになると思います。

 それくらい他店とはまた別の特徴を持った美味しいカレーでした。

 そして、そして、今日はこの後に「鴨江珈琲」にも行ってコーヒーをいただいてまいりました。

 この行動は自分でもビックリ!

 結果的には「沼津魚がし鮨・浜松市野店」「倉式珈琲」「Libra」「Antique Cafe Road」「お茶の間かふぇ・ゆう」「もとカフェ」「鴨江珈琲」と、連休中の6日間で7つの店でコーヒーをいただいたことになりました。

 まあ「魚がし鮨」は除いたとして、それぞれのお店には特徴がありますね。

 私たちは好きなカフェを選んで行けばいいだけですが、最近は似たような店が増えていることもあり、お店側はお客様に選ばれるような特徴を出さないといけないですから大変そうです。

 私は明日は仕事ですが、日曜日はまたどこかのカフェへ行くと思います。

 頑張って味わってきます。

 

 

 

 

| | コメント (0)

真夏のお茶の間カフェ

 やっと太陽を見ることができました!

 真っ青な青空を見ることもできました。

 暑かった~!

 でも出かける時は降りそうな天気だったので、結局は布団が干せなかったです・・・weep

 今日は久しぶりに御前崎のカフェまで行ってきました。

 築50年の民家を利用した「お茶の間カフェ ゆう」です。

 ここへ来る途中で昼ご飯を食べたので、今日は軽く済ませました。

 私はブレンドコーヒーをいただきました。

 5日連続のコーヒーです。

P8170022

 私たちはいつも縁側のロッキングチェアで、ゆらゆら揺れながらのんびりしています。

 この場所しか座ったことがないですが、とにかく気持ちがいいんですよ。

 今日も怪獣ブースカをチラッと見ながら、そして庭を眺めながら癒されました。

 縁側はいいですよ~。

 自宅から気軽に来られる距離でもないのでしばらくサボってしまいましたが、来てみたらやっぱり「また来たい!」と思えた素晴しいカフェです。

 次はカレーを食べたいと思います。

P8170029

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

4日連続コーヒー

 連休に入る前に週間天気予報を確認して唯一のrainマークがあった今日を狙い、雨の秘境カフェ「Antique Cafe Road」へ行ってきました。

P8160043
 到着は午前11時過ぎでしたが、すでに多くの方々がいらっしゃっていたので、私と妻は奥の屋外の席を目指して突き進み、座りました。

 この席は賑やかな屋内と違ってとても静かです。

 私はいつものオリジナル・カレーと深煎りブレンドコーヒーでした。

 これで先日の日曜日から自身初の4日連続のコーヒーでございます。

 日曜日はアイスコーヒーでしたけどね。

 店によって風味が違うのはもちろんですが、使われているコーヒーカップにも特徴が出ていますね。

 ここのカップは間違いなく最重量級でドッシリしています。

 今日も苦いコーヒー、美味しかったです。

 この調子で明日も明後日もどこかの喫茶店へコーヒーを飲みに行きたいですね。

P8160033

 

 

| | コメント (0)

リブラ

 連休中なのにいつになったら太陽を見ることができるのでしょうか?

 また今日も1日中曇り空でしたが、私は妻と2人でまたカフェへ行ってきました。

 私の“心の故郷”でもある浜松市中区鴨江。

 そこの鴨江観音の目の前にある「Libra(リブラ)」です。

P8150011_2
 2階の席に座ったので、私は生まれて初めて鴨江観音を上から見ました。

 目の前の道路は車の往来が多いですが、それはあまり気にならなかったですね。

 私はここでも一番苦いコーヒーを教えていただいて「コロンビア」を、そしてピザトーストもいただきました。

 コーヒーカップは他では見られないようなおしゃれなデザインでした。

P8150002_2
 ピザトーストはコーンとチーズがたっぷり。

 トーストもふわふわだったので美味しかったです。

 食事メニュー自体は少ないようですが、私はこれで十分満足でした。

 オープンしてまだ半年も経っていないようですが、店内は木材が多く使われているようで、真っ白な壁もあわせて清潔感があふれていました。

 帰る時には自動焙煎機が稼動していたので、しばらく見学させていただきました。

 「鴨江珈琲」の焙煎機よりは小型でしたが、焙煎された豆が受け皿にザーッと出てきた時の香ばしい匂いがとても良かったです。

 駐車場は4台分しかないようですが、もし満車だったら鴨江観音の有料駐車場に置いてきて、そこからのんびり歩いてきてもいいと思いました。

 次はハワイの豆を使ったコーヒーをぜひ飲んでみたいです。

 やっぱり鴨江はいい町だな。

 私が生まれた場所でもあるので、戻れるものなら戻りたい・・・いつもそう思っています。

P8150006_2

| | コメント (0)

初・牛すじ?

 今日も「ひょっとしたら降るかも・・・。」というハッキリしない天気でした。

 だから外出する時に布団を干せない日が続いて困ります。

 久しぶりに「倉式珈琲」へ行って苦いコーヒーを飲んできましたが、時々青空が見えて「やっぱり干せばよかったなぁ。」なんて思っても遅いですね。 

 その帰りのコンビニでなぜかレトルトの牛すじ煮込みを買いました。

P8140003
 牛すじを意識して買うのはたぶん初めてだと思います。

 吉田類さんの「酒場放浪記」にも美味しそうな煮込みがよく出てくるので、いつかは食べてみたいと思ってました。

 電子レンジの600Wで2分温めましたが、パックの写真とは全く違って汁ばかり。

P8140011

 食べてみてもたいしたことがなかったですね。

 居酒屋でしっかり煮込んだ牛すじはこんなものじゃないんだろうな。

 でもこれに刻んだ白ネギを入れたらまた違った味になったかな・・・。

 

 

 
 

| | コメント (0)

エコパで突然の雨

 今日は袋井のエコパ駐車場での“お楽しみ!”「部品交換会」へ行ってきました。

 今日も多くの出店があったようで、いつもより駐車場の一列分ほど会場が広かったようです。

 曇り空だったので暑さも少しは和らいでいたようですが、それでもやっぱり汗が出ました~。

 今日も何周したかわかりませんが、久しぶりに見つけたお店があったので迷わず買ったものがあります。

P8130018
 わさび漬け(右)と茎の酢漬け(左)、わさび大好きの私にはたまらない品です。

 何ヶ月か前にも買いましたが、このわさび漬けは市販の商品が物足りなく感じるくらいピリッとした辛さが抜群で、酢漬けはご飯にのせて食べるには最高の漬物です。

 これを買って歩き出しただけで口の中に唾液がブヮ~ッと出てきました。

 そして午前10時ころにポツポツと大粒の雨が降ってきたので、保留しておいた品を急いで買いに行きました。

P8130011
 NASCARの人気ドライバー、デイル・アーンハートJr.のトランプです。

 今シーズン限りで引退してしまうのですよ。

 交渉して売値のほぼ半額の500円にしていただきました。

 結果的には売主さんたちが急いで片付け始めているのを狙ったようになりましたね。

 このころには雨も本降りになり、皆さん一斉に帰宅&撤収準備に入ったようです。

 青空がわずかに見えていたんですけどね。

 出口に向かう車で混雑し始めたので、車に戻って時間を置いてから帰りました。

 でも駐車場から出た後の路面が濡れていないっ!

 ということは会場だけの局地的大雨だったのかな?

 でも今日は欲しい物をゲットできたので良かったです。

 やっぱり部品交換会は楽しいな~。

 そういえば10月22日(日)の「浜名湖2&4スワップミート」の開催も決定したようですね。

 まだ2ヶ月以上もありますが、今から楽しみでワクワクします!

| | コメント (0)

40年物

 今日は暑かったです!

 エアコンが効いている車の中やカフェ「鴨江珈琲」は気持ち良かったですが、外に出た途端の「ムワァ~」が辛かったですね。

 あぢぃ~

 帰宅したらもちろんエアコン「ON」

 でも私は夜は27℃設定でも寒く感じることがあります。

 1つ上の28℃にすると暑いです・・・。

 やっぱり風が欲しい。

 ということで、未だに捨てずに持っている扇風機を引っ張り出しました。

P8060015
 何年ぶりに出したのかな?

 品番を調べたら40年前の発売でした。

 しばらく試運転させましたが、火は出なかったので大丈夫だろうな。

 タイマーも使えるので今晩から使ってみます。

 

| | コメント (0)

夜のバイパス

 今夜(5日夜)久しぶりに“夜の国1バイパス”を車で走りました。

 たぶん十数年ぶりだと思いますが怖かったです!

 皆さんかなりのスピードで走っているし、同じ道路を昼間に走る時の感覚と全く違う感じだったのでかなり神経を使いました。

 でも無事に帰宅。

 外は蒸し暑かったですが、窓を開けて走っていてると気持ち良かったです。

 できればもう少しゆっくり走りたかったな。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

凍河

 チャンネルNECOの、今回は松竹映画の「凍河(とうが)」を観ました。

 主演は中村雅俊さんで、他には五十嵐淳子さん、原田美枝子さん、岡田茉莉子さん、佐分利信さん、米倉斉加年さん、岡田英次さん、西尾三枝子さんなどが出演されていました。

 でも私は友情出演の石原裕次郎さんを見たくてこの映画を観ました。

 裕次郎さんの最後の映画出演だそうです。

 どの程度出てくるかと思いましたが、中村さんの兄貴役で冒頭と最後のほうの出演だけでしたね。

 随分頼もしい兄貴、どうしても「ボス!」と呼びたくなるような雰囲気の兄貴だったと思います。

 一体どういう経緯で映画出演したのでしょうか?

 さて、中村さんと五十嵐さんは後に実生活で夫婦となるわけですが、この映画でも結婚の約束をしてましたね。

 でも映画での五十嵐さんはどこか不思議な役でした。

 本当は病気が治っていると言われていますが、顔の表情が時と場合によって変化しているので、「本当はどっちなの?」という疑問を感じたまま映画は終わってしまいました。

 院長の佐分利さんと卓球をやっている時のあの楽しそうな顔は何だったんだろう?

 これでもすでに40年以上も前の映画ですが、なんとなく新しい時代の映画、次の世代の映画というように感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ヒグラシ・カフェ

 夏じゃないような空模様の8月2日!

 今日も秘境カフェ「Antique Cafe Road」で癒されてきました。

 時々小雨が降りましたが、家にいる時の涼しさとは全然違います。

 感じるものや見るものが全て心地よいです。

 今日はヒグラシ(カナカナ蝉)の大合唱でした!

 本来は朝と夕方に鳴くようですが、今日はお昼でしたね。

 真昼!

 いつものミンミン蝉も鳴いていましたが、このカフェで聞くとそれがうるさいとは思わないですね。

 私は今日もオリジナル・カレーと深煎りブレンドコーヒーです。

P8020007
 毎回同じメニューをいただいてますが全く飽きないですね。

 どちらもお代わりしたいくらい本当に大好きです。

P8020027
 このカフェにこれほど惚れるとは自分でも信じられないです。

 注文が同じなので写真も毎回同じだな・・・。

P8020022

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »