« 太陽への脱出 | トップページ | 久しぶりの雨カフェ »

ぶっつけ本番

 BS日本映画専門チャンネルの東宝映画「ぶっつけ本番」を観ました。

 主演のフランキー堺さん目当てです!

 他には妻役・淡路恵子さん、佐野周二さん、小沢栄太郎さん、仲代達矢さん、吉行和子さん、内田良平さんなどが出演されていました。

 あの塩沢ときさんも当時の名前“塩沢登代路”として出ていたようですが、私は気がつかなかった・・・、あ、ひょっとして赤線に出ていた女性!

 フランキーさんにラーメンとタバコをあげた人でしょうか?

 この「ぶっつけ本番」は報道映画カメラマンのフランキーさんが活躍する映画でした。

 実在したカメラマンがモデルになっているそうです。

 フランキーさんは担当を外されたことが影響して妻の淡路さんとの仲が一時悪くなりますが、別の取材によってカメラマン本来の使命を感じたことによって明るさを取り戻します。

 やっぱりフランキーさんは明るい表情が似合っていますね。

 観ている私も笑ってしまいそうになります。

 そんな雰囲気でこの映画は明るく終わると思っていましたが、フランキーさんは引き揚げ列車を撮影するため線路に降りたところ、後ろから来た列車に轢(ひ)かれて死んでしまいます。

 倒れた後も回り続けるゼンマイ式カメラ・・・。

 創造もしていなかった急展開に、私も「そんなぁ・・・」と思いました。

 クリスマスの夜に家族でとても楽しそうにしていたのに、何もかも急にプツッと切れてしまった感じでしたね。

 それを象徴するかのように、線路上で回り続けていたカメラもついに止まってしまいますね。

 でも悲しむ淡路さんの横で息子たちが元気よく遊んでいる姿や、カメラマン・仲代さんの撮影の様子にフランキーさんをダブらせるところは、今後に希望をもたせる意味でも良かったと思いました。

 そして、この映画について検索したら、59年前の今日、1958(昭和33)年6月8日が公開日なんですね。

 録画したのは昨日ですが、偶然にも公開日と同じ日に観ることができてうれしいです。

 

|

« 太陽への脱出 | トップページ | 久しぶりの雨カフェ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽への脱出 | トップページ | 久しぶりの雨カフェ »