« 舞台公演2本 | トップページ | サンドイッチはこれ! »

誘惑

 チャンネルNECOの日活映画「誘惑」を観ました。

 主演は千田是也さん、あるいは左幸子さん?

 珍しく「この人!」という存在がないように感じた映画でしたね。

 私は千田さんが主演だと思いますが、キャスト順では左さんが先だったと思います。

 このお二人の他には芦川いづみさん、葉山良二さん、轟夕起子さん、渡辺美佐子さん、中原早苗さん、殿山泰司さん、小沢昭一さん、武藤章生さん、宍戸錠さん、二谷英明さんなどが出演されていました。

 でも宍戸さんはそんなに目立たない役、二谷さんはセリフすらありませんでした。

 さて、この映画は心の中の独り言やつぶやきが効果を得ていたと思います。

 つまり相手に向かって自分の思いを話すのではなく、画面の中に一人だけ映っている時に“心の声”だけが流れる場面が多かったですね。

 でも他の映画に比べて多いと思った程度で、しつこさは全く感じなかったです。

 そして同じ俳優による母娘の二役も良かったです。

 左さんと芦川さんのお二人でしたが、特に千田さんの昔の恋人とその娘として出演していた芦川さんが良かったですね。

 キャストの中に名前があっても「回想シーンだけの出演なの?」と思ってましたが、控えめに登場して、顔を見た千田さんが「ハッ!」っと驚く様子に繋がっていく流れでした。

 でも娘として母親の過去をある程度知っているというのがポイントで、「お母さんの恋人だった人にようやく会えた。」と思った時の芦川さんのうれしそうな顔が印象に残りました。

 そしてうれしいことに最後は皆が幸せになって終わってくれました。

 昨日の演劇鑑賞のこともあってか、この映画を舞台でやってもおもしろいかな・・・とも思いましたね。

 

 

 

 

|

« 舞台公演2本 | トップページ | サンドイッチはこれ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞台公演2本 | トップページ | サンドイッチはこれ! »