« 耐えられた! | トップページ | 気になって心配! »

男の世界

 チャンネルNECOの日活映画「男の世界」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん。

 他には宍戸錠さん、内田良平さん、沖雅也さん、鳥居恵子さん、菅原謙次さん、杉山俊夫さん、なべおさみさん、小高雄二さん、川地民夫さん、玉川伊佐男さん、二瓶正也さん、武藤章生さん、大滝秀治さん・・・と、私が知っている方々を並べてもすごい名前ばかりです。

 裕次郎さんは最後の日活映画出演なんですね。

 映画の中では今までを振り返って懐かしむように「夜霧よ今夜も有難う」や「赤いハンカチ」を歌っていたので、なんとなくそんな感じはしてました。

 バックに流れている音楽の「パヤパヤッ」というスキャット(?)もまさに昭和40年代中盤を、そして日活の終わりを告げているようでしたね。

 裕次郎さんはもう完全に“太陽にほえろ”の「ボス」の顔になってました!

 確かに主演にはなっていますが、若い二人(沖さんと鳥居さん)のために動いているところに世代交代を感じる、あるいは若者に託すという思いが強く出ていたようでした。

 宍戸さんは刑事役。

 いいタイミングでパッと店に入ってきたり、最後にはとぼけたようなセリフが出たりと、ドーンと目立つ存在ではなかった割には良い役だったと思いました。

 逆に映画「一刀斎は背番号6」の菅原さんがもっと前面に出てほしかったです。

 裕次郎さん演じる役の昔の仲間ということでそれなりの出番はありましたが、参謀役みたいな感じでもっと前に出ても良かったなあと思いました。

 沖さんに対して鳥居さんはまだ演技慣れしていないようで、ぎこちなさを感じることが多かったですね。

 でもこの人が後に藤岡弘さんの最初の奥さんになるんですね・・・。

 この映画には石原プロ所属の人が多く出ています。

 名前を出した方々の中でもなんと鳥居さんがそうだし、小高さん、武藤さん、川地さん、玉川さん、他にも3名くらい出ているようです。

 裕次郎さんを助けるために出演されたのでしょうか。

 映画としては見応えがあったと思います。

 何よりも裕次郎さんの仲間で死んでしまう人がいなかったのが良かったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 耐えられた! | トップページ | 気になって心配! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耐えられた! | トップページ | 気になって心配! »