« 日曜日ですが・・・ | トップページ | またでした・・・ »

渡り鳥故郷へ帰る

 チャンネルNECOの日活映画「渡り鳥故郷へ帰る」を観ました。

 題名が「渡り鳥~」になっていてもあの“渡り鳥シリーズ”とは別みたいですが、紹介によっては“シリーズ番外編”や“シリーズ決定版”というのもあって、実際はどうだったのかわからないですね。

 でも主演はやっぱり小林旭さんです。

 相手役(?)は笹森礼子さん、他には南田洋子さん、葉山良二さん、和田浩治さん、平田大三郎さん、小高雄二さん、白木マリさん、安部徹さん、桂小金治さん、藤岡重慶さん、松尾嘉代さん、初井言栄さんなどが出演されていました。

 なんとなく“渡り鳥シリーズ”の現代版、現実版という映画だったと思います。

 でも旭さんのギターの弾き語りがありましたし、「ギターを持った渡り鳥」のギター・メロディーもさりげなく流れましたね。

 旭さんは本来はヤクザに戻ることを期待された人物でしたが、それを自ら断るというところが旭さんらしい役でした。

 ビシッと決めてくれてカッコよかったです。

 南田さんは親分の娘なので確か「お嬢さん」と呼ばれてました(違っていたらゴメンナサイ!)が、南田さんの風格から見て私は最後までその呼び方に違和感がありました。 

 「お嬢さん」というより「姐さん」役のほうが合っていたと思います。

 笹森さんも浅丘さんが演じた役とは違い、より庶民的な娘のような雰囲気があって良かったです。

 この映画ほど「目が大きい女優さんだなぁ。」と思ったことがないくらい、なにか意識的に強調されていたような気がしましたね。

 和田さんは相変わらずヤンチャな若者でしたが、デビュー当時に多かった主役扱いよりもこういう役をやっているほうが私は好きです。

 なんて表現していいかわかりませんが、無理を感じさせないのがいいのです。

 録り溜しておいた日活映画をここ数日かけて観ましたが、最近は観たことがない映画が増えてきた感じがしてうれしいですね。

 でも逆に青春映画が少なくなったような気がします。

 和泉雅子さんの映画は近日放送のようですが、吉永さんや浜田さんをしばらく観ていないです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 日曜日ですが・・・ | トップページ | またでした・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日ですが・・・ | トップページ | またでした・・・ »