« まあいいか! | トップページ | 波涛を越える渡り鳥 »

夕陽の丘

 チャンネルNECOの日活映画「夕陽の丘」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん、そして相手役の浅丘ルリ子さんは今回は2役(姉妹)を演じてました。

 他には和田浩治さん、中谷一郎さん、名古屋章さん、井上昭文さん、深江章喜、柳瀬志郎さんなど、いつもより渋めの俳優さんが多く出演されていましたね。

 冒頭のシーンではいきなり話の中盤あたりが出てきたようで、録画中にそれまでの場面が消去されちゃったかと思ったほどでした。

 全体的な流れは「まあこんなもんか・・・。」でしたが、その中で花札のイカサマを見破る時の裕次郎さんはカッコよかったです。

 迫力がありましたね!

 イカサマを見破るシーンは誰がやっても迫力がありますが、裕次郎さんくらいになると格が違いますね。

 この映画の中で印象に残ったのは、裕次郎さんが入ったホテルのフロント役の細川ちか子さんでした。

 ホテルといっても小さくて客が来ない寂しい感じで、そのフロントでトランプ占いをやってます。

 その占いの結果を裕次郎さんにさりげなく伝える雰囲気がとても良かったです。

 出番は少ないですが、味のあるいい役だったと思いました。

 名古屋さんの目は怖かったです。

 私はテレビドラマ「刑事くん」の名古屋さんを知っていますが、若い時の映画では目つきが悪い役が多いですね。

 今回も裕次郎さんのむなしい表情が残る映画でした。

 

 

 

|

« まあいいか! | トップページ | 波涛を越える渡り鳥 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まあいいか! | トップページ | 波涛を越える渡り鳥 »