« あすの花嫁 | トップページ | 大草原の渡り鳥 »

生きていた野良犬

 チャンネルNECOの日活映画「生きていた野良犬」を観ました。

 主演は二谷英明さん。

 他には芦田伸介さん、葉山良二さん、川地民夫さん、笹森礼子さん、垂水悟郎さん、深江章喜さん、白木マリさん、高品格さん、山内明さんなどが出演されてました。

 あ、出演者の中に名前がなかったようですが柳瀬志郎さんも出てました!

 この映画は身代わりで服役した二谷さんが、事実を知って復讐に執念を燃やす映画でした。

 何といっても相手に白状させる時の二谷さんの目つきが強烈だったです。 

 観ていても怖かったですね。

 復讐していくと同時に相手から命も狙われているので、自然とそういう目になっていくのは当然でしょう。

 その中で川地さんと笹森さんの恋人同士の関係はとても光っていたと思います。

 刑事役の垂水さんは渋かったですね。

 私は実は“裏切っている刑事”かと思っていましたが、最後まで本物の刑事でいてくれて良かったです。

 その最後の場面では葉山さんが撃たれてしまいますが、救急車で運ばれるところで映画は終わってしまいます。

 たぶん命は助かったのでしょうけど、私としてはそういう場面まで行ってほしかったですね。

 もっと明るい希望を持たせてほしかったです。

 だから急に終わってしまった気がして、何か物足りなさを感じてしまいました。

 

 

 

 

 

|

« あすの花嫁 | トップページ | 大草原の渡り鳥 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あすの花嫁 | トップページ | 大草原の渡り鳥 »