« ウォッシャータンク交換 | トップページ | さくら盃義兄弟&仁義 »

苦味の珈琲

 爽やかな1日となりました。

 昨日今日と2日連続で布団も干したし、今朝は布団カバーも洗いました。

 今晩は気持ちよく眠れるでしょうか・・・。

 そして今日も妻と2人で喫茶店巡りです。

 まずは小さめの店へ行きましたが、なんとなく落ち着かなかったですね。

 コーヒーは今までに無いような風味があって良かったですが、店の雰囲気が私には合わなかったです。

 残念でした。

 たぶんもう行かないでしょう。

 このまま終わるのも悔しいので、なんとなく佐鳴湖方面へ向かい、そこにあったいい感じの喫茶店へ入ってみました。

Pa160004
 浜松市中区富塚町にある「風変里家(かふぇりや)」です。

 前に通った時にいい感じのお店があるのは知ってました。

 店内は薄暗くて静かでアンティーク風でいい感じ。

 一目で気に入りました!

 私は“苦味のある味”という文字に引かれて「古典ブレンド」というコーヒーをいただきました。

 美味しかったです。

 飲み始めは苦味が強かったですが、残りが減るにしたがってなんとなく酸味が増してきたような感じでした。

 メニューは席の横の壁に貼られていましたが、コーヒーと紅茶共に数が豊富で、来るたびに「今日はこれ。」と選べる楽しさがあります。

 ハーブティーもあります。

 この店は確か全てのメニューの下1桁が“5円”ですがその理由は・・・。

 店内の雰囲気からして昔からある店のように思えましたが、1989年3月オープンだそうで意外にもそんなに古くはないんですね。

 ここは近いうちにまた行きたいです。

 よく見たら「風変里家」の「変」は旧漢字で、正確には「風變里家」のようですね。

Pa160005

 

 

 

|

« ウォッシャータンク交換 | トップページ | さくら盃義兄弟&仁義 »

カフェ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォッシャータンク交換 | トップページ | さくら盃義兄弟&仁義 »