« 赤い夕陽の渡り鳥 | トップページ | 昔を懐かしむ秋 »

ろくでなし野郎

 チャンネルNECOの日活映画「ろくでなし野郎」を観ました。

 主演は偽神父役の二谷英明さんです。

 主題歌を歌う低い声が良かったですね。

 他には芦川いづみさん、中原早苗さん、安部徹さん、郷鍈治さん、長門裕之さん、芦田伸介さん、初井言栄さんなどが出演されていました。

 小さな町(村?)が舞台でしたが、雰囲気が西部劇みたいでおもしろかったですね。

 アクションのイメージが無い二谷さんですが、走っているトラックが建物にぶつかると同時に軒先に飛び移るところはご本人がやってましたね。

 二谷さんがカッコよく、頼もしく見えました。

 郷さんは“新人”となってましたが、人を襲う時のあの独特の雰囲気は健在でしたね。

 二谷さんと長門さんは初めは仲間みたいな雰囲気でしたが、最後で長門さんが急に犯人になってしまったのは急な感じがしました。

 もっと長門さんに疑いが掛かるような話になっていたほうが盛り上がったかなと思います。

 裕次郎さんや旭さんではなく二谷さん主演の映画も見応えがあるような気がしました。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 赤い夕陽の渡り鳥 | トップページ | 昔を懐かしむ秋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い夕陽の渡り鳥 | トップページ | 昔を懐かしむ秋 »