« カートイズミーティング | トップページ | 苦味の珈琲 »

ウォッシャータンク交換

 長袖がいいのか半袖がいいのか。

 こんな悩みが毎日続きますね。

 今日は先日のカプチーノの6ヶ月点検の時に注文しておいたウォッシャータンクを受け取りに行き、帰宅後に早速自分で交換してみました。

Pa150004
 さすが新品。

 ツルツルでピカピカです。

 もっと深さがあるものだと思ってました。

 消費税込みで2808円なので、ネットショッピングやオークションより安いです。

 さて交換作業ですが、狭い場所にピッタリはまり込んでいるタンクがなかなか引っ張り出せなかったですね。

 先日ウォッシャー液を満タンにしたばっかりだったし、プラスチックが劣化しているので手でつかもうとするとボソッと穴が開いてしまいます。

Pa150007
 やっとのことで取り出したらこうなってました。

 今までよくぞ頑張ってくれました!

 ネジが入る金具を新品タンクに移植し、モーターをギュッはめ込んでタンクを元の位置に設置してコネクタをはめ込みました。

Pa150010
 おー、新しい!

 もちろんウォッシャー液の噴出もテストしました。

 最初は出が悪かったですが、噴出ノズルの穴を縫い針で掃除(?)したらそのうち出るようになりました。

 なんだかんだで30分くらいの作業だったと思います。

 コツとしてはタンクをはめ込む時にホースの折れ曲がりや挟まりに注意することだと思いました。

 無地に終了して良かったです。

 あとは漏れがないことを祈るだけですね。

 さて、次はどこを手直ししようかな?

 というよりも、私は自分でどこを手直しできるかな?

 

 

 

 

 

|

« カートイズミーティング | トップページ | 苦味の珈琲 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カートイズミーティング | トップページ | 苦味の珈琲 »