« 嵐の勇者たち | トップページ | 準備万端! »

特急にっぽん

 チャンネルNECOの東宝映画「特急にっぽん」を観ました。

 主演はフランキー堺さん。

 他に私が知る限りでは団令子さん、先日亡くなられたばかりの白川由美さん、小沢栄太郎さん、沢村貞子さん、藤岡琢也さん、谷村昌彦さん、塩沢ときさん、顔だけは知っていた平凡太郎(たいら・ぼんたろう)さんなどが出演されていました。

 脇役の女優さんの中でもう1人見たことがある方がいましたが、若大将シリーズで加山雄三さんの妹役だった中真千子さんでした。

 この映画は先日観た同じくフランキー堺さんの「貸間あり」と比べても断然良かったですね。

 おもしろかったです!

 フランキーさんは特急「こだま」の食堂車のコック(助手)役で、恋人役の団さんや自分が出す店のコックにフランキーさんを迎えたい白川さんとのやりとりがおもしろかったですが、乗客の中にも様々な事情を抱えた人たちが出てきて、この2通りのおもしろさが同時進行している感じがとても良かったです。

 そして車内の様子を外から映した場面を音楽だけであえて無声で流していたのも、ドタバタな様子を自分で想像しやすくなっていて楽しめました。

 逆に日活ではこういう映画は作りにくいだろうなと思いましたね。

 この映画に出てくる「こだま」はまだ新幹線が走る前、東京-大阪間を6時間半(映画内での話)で結んでいたあの有名な列車です。

 151系って言うんですか?

 よくわかっていないので、もし違っていたらごめんなさい。

 私もこの車両が現役の時に乗ってみたいなと思っていましたが、もう無理なのでしょうか・・・。

 大きな鉄道博物館に行けば絶対見ることができますよね。

 それだけでもきっと私は満足できることでしょう。

 そういえばこの映画の中で、特急「こだま」とSLが平行して走っている場面はちょっと感動ものでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 嵐の勇者たち | トップページ | 準備万端! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嵐の勇者たち | トップページ | 準備万端! »