« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

長い旅

 遠州灘海浜公園内の石人の星公園で行われていたフリーマーケットへ妻と行ってきました。

 今回はいつもよりミニカーやラジコンなど車関連の玩具が多かったですね。

 だから期待も大きくなりましたが、結局は今日も手ぶら帰宅に。

 惜しかったな・・・。

 今回もあっという間に終わってしまったので、この後はどこかへドライブにでも・・・と思って車に乗ったら、助手席のサイドバイザーに小さな昆虫が1匹。

P7310001

 体長15ミリくらいでしょうか。

 車を走らせればそのうち飛ばされちゃうな。

 ところが国1バイパスを走っていてもしがみついていて、そのままガーデンパークで引き返して帰宅するまでずっと着いてきてしまいましたよ。

 走行中は窓ガラスやバイザーの裏側に少しずつ移動していましたが、こんなツルツルの面によく引っかかっていられたなあ。

 約38kmの距離を小さい身体でよくぞ耐えてくれました。

 後で計算してみたら、私が車の窓に張り付いたまま4230km移動させられるのと同じことになるようですが、そんなのは絶対無理、無理!

 こんなどうでもいいことに感心した日曜日でした。

P7310002

 ・・・触覚が長いけど、この昆虫は何でしょうか?

 

 

 

| | コメント (4)

避暑

 今日は暑かったです!

 昨日までは夜勤だったので、昼間がこんなに暑いとは思わなかったですね。

 でも見上げると見事なくらいに空が真っ青。

 こんな暑さから逃げたかったので、妻と2人でいつもの秘境カフェへ行ってきました。

P7300015
 外の暑さは変わりませんが、中に入ると自然の風がのんびりと通り抜けていて涼しかったですよ。

 私はいつものスパイシーカレーと深煎りコーヒーに加えて、今日は珍しくデザートを追加。

 ブルーベリーケーキをいただきました。

P7300018

 良い具合にしっとりとした美味しいケーキでした。

 本当はガブッと1口・・・いや2口くらいで食べたかったんですけど、周囲の目が気になってできませんでした。

 苦めのコーヒーは今日も美味しかったです。

 帰りには近くの旧東海道の日坂宿で行われている「GAW展PART6」を見に行きました。

 遠州横須賀街道で行われている「ちっちゃな文化展」のように、アーティストたちが古い町並みを美術館として利用する催し物でしたが、土曜日なのに気の毒なくらいに人出が少なかったですね。

 8月末までの開催ですが、もっと宣伝しないと寂しいままで終わってしまいそうです。

 私たちは数軒回りましたが、その中で「ねむの木学園」の皆さんの絵の素晴しさや細かさには驚きました。

 見に来ていたどこかのおばさんが買ってきたメロンパンをいただいたり、ある会場ではウルトラマンの前掛けなどが展示販売されていたりと、今日は何か不思議な感じがした1日でした。

 「GAW展」ですが、本陣跡が無料駐車場になっています。

P7300005

 

 

 

 

| | コメント (2)

あっち行け!

P7290007

P7290013

P7290014

P7290016

P7290017

P7290018

 「何か?」








| | コメント (0)

俺は銀座の騎兵隊

 チャンネルNECOの日活映画「俺は銀座の騎兵隊」を観ました。

 主演は和田浩治さん。

 他には清水まゆみさん、杉山俊夫さん、守屋浩さん、近藤宏さん、初井言栄さん、岡田真澄さん、高原駿雄さんなどでした。

 “宍戸鍈治”という名前もあったので注意して観ていましたが、どこで出てきたかは全くわかりませんでした。

 この映画で「これ、いいな。」と思ったのが、守屋さんが歌っていた主題歌です。

 notes俺は~ 銀座のォ~ 騎兵た~いィ~

 全体の歌詞は時代を象徴しているような感じで、今改めて聞くと照れくさくなるような詩ですが、伴奏のリズムの新鮮さがとても良かったと思いましたね。

 足でリズムを取りたくなるようなテンポの良さと流れる感じのメロディーに“若者らしさ”を感じました。

 1960年の映画なので和田さんは当時16歳ですか。

 雰囲気がマッチ(近藤真彦)さんの若いころに似ていたので、話の展開も含めてまるで“たのきんトリオ”の映画を観ているようでしたよ。

 これは若者が麻薬取引に絡んでしまう映画でしたが、ユーモアな演技が時々出てきておもしろかったです。

 若い和田さんにピッタリの映画だったと思いました。

 でも当時の映画の中には銀座がよく出てきますね。

 路面電車や和光ビルの時計台など、これだけ何回も出てくるなんてうらやましいです。

 浜松が舞台の昔の映画といったら、私は「喜劇 駅前弁当」くらいしか思い浮かびませんから・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

子供に戻る

 「サイクロン号のモデルバイク買っちゃおうかな?」

 「買うべき年齢はとっくに過ぎてるけどなぁ。」

 年甲斐もなくここ1週間近くずっと考えてました。

 Amazonやヤフーオークションだと安く手に入るのはわかっておりました。

 ところが昨日になって「そういえばどこかで売っていたなあ・・・。」と急に思い出したので、今日その“どこか”へ行ってきました。

 ありました!

 前回見たのがいつだったか覚えていませんが、その時は思ったより高値だったのであきらめたのでした。

 でも今日はその時とは違います。

 「定価でも買っちゃおうかな。」

 で、ついに買いました!

P7240031
 細部の出来の良さはある程度わかっていましたが、実際目の前にしてみると想像以上にに良い仕上がりでした。

 これはいわゆる“改良型のサイクロン”です。

 初代サイクロンもいいですが、今回欲しくなったのはこっちでした。

 なんていうんでしょう、いかにも“市販のオートバイに外装部品を付けた感じ”がたまらないのです。

 本当に細かい部分がしっかり作られていますね。

P7240039
 ベース車両はホンダSL350K1だそうです。

 それにしても最近は自分の中での昭和仮面ライダーブームの盛り上がりが凄いです。

 子供のころに欲しくても買ってもらえなかった物が自分で買えるといううれしさもあるでしょうね。

 でもプラモデルを買って自分で組み立てる意欲が昔ほどないので、もっぱら完成品を狙っているところです。

 今日買ったサイクロンは、早速下駄箱の上に飾っておきました。

P7240045

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

赤いマツダ

 今日の夕方、仕事を終えて家に向かって車でのんびり走っていたら・・・来ましたよ。

 私の車の後ろにダーッと近づいてピッタリくっ付いてきたヤツが!

 たぶんマツダの車だ思います。

 ピカピカできれいな赤でしたね。

 運転手はサングラスをした若いヤツ。

 「来たな!」

 そう思って私は制限速度近くでのんびり走ってあげました。

 そうしたら追い越し禁止道路にも係わらず私の右側を思いっきり抜いて行きましたが、もし子供が飛び出してきたらこの人はどうするのでしょう?

 抜いていった先にはワンボックス車が走っていましたが、その赤マツダは同じようにくっ付いて走ってました。

 でも信号のある交差点を左折する時、赤マツダは右側に1回膨らんで大きく曲がっていきました。

 やってはいけない代表的な左折方法ですね。

 交通ルールを守らないこんなヤツに運転されている車がかわいそうです。

 こういう人にはなりたくないな。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

きゃぷりきの・・・

 ここ数年は初代仮面ライダーや大骨董蚤の市・古民家カフェなどのおかげで、子供のころを懐かしむ機会が増えてうれしいですね。

 つまり“昭和”を懐かしむことが多いのです。

 でも逆に子供のころにテレビで見た方々がここ数年で何人か亡くなられているのは寂しいですね。

 過去に戻ってばかりいたら今の時代に取り残されるかもしれませんが、私はそれでもいいです。

 「notes時代遅れの 男になりたい」みたいに、いい意味で時代に乗り遅れたいですね。

 さて、亡くなられた大橋巨泉さんの「はっぱふみふみ」

 全文を思い出そうとしましたが、きゃぷりきの・・・これ以降が全く出てきません。

 何だったかな?と思って調べたら、なんと頭から違ってましたね。

 「みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ」

 これが正解のようです。

 巨泉さんといえばまだあります。

 「倍率ドン!」

 「さらに倍!」

 「16・20・4・8・18!」

 

| | コメント (4)

連休最終日

 ご褒美の10連休の最終日。

 さすがに今日は出かけることなく家にいました。

 でも久しぶりの出勤の前日はやっぱり嫌な気分ですね。

 そこで気晴らしとして久しぶりに洗剤を使って洗車をして、ついでに昨年12月のもらい事故の修理跡も再確認しました(今頃?遅い!)。

P7170084

 周りはそのままですから、交換した左フロントフェンダーの新しさがよくわかります。

 留めネジまでピカピカですね。

 他はガサガサが目立つ部分が相変わらず多いですが、まだまだ大事に乗っていきたいです。

 曇り空の下で10分も洗車していないのに汗が拭き出て、Tシャツがびっしょりになってしまいました。

 明日の出勤の為のテストドライブもOKでした。

 その後にはCS放送のホームドラマチャンネルで放送されていた「赤かぶ検事奮戦記」のシリーズ3を観ました。

 “赤かぶ検事”と言ったら私はやっぱりフランキー堺さんです!

 このシリーズは山口の萩が舞台となっていますが、なぜ私がこのドラマを観たのか?

 それはフランキーさんの娘役として、ファンでもある和泉雅子さんが出演されているからです。

 もちろん放送当時も、そして今回もそのことは全く知らなかったですが、番組予告CMを偶然見て知ることができました。

 危うく知らずに過ごすところでした。

 今回観たのは1話と2話の途中までですが、和泉さんは結婚して赤ん坊が生まれてお母さんになってましたね。

 日活映画で少女役、妹役、娘役、お嬢さん役・・・と進んできて、ドラマでとうとう母親役ですか!

 でも赤ん坊をあやす時のお母さんらしい笑顔がとても良かったです。

 このドラマでは夫(荻島真一さん)と共に弁護士です。

 父親が検事で娘が弁護士というのもこのドラマの特徴ですね。

 まだ放送はありますが、例え全話出演されていなくても録画だけは忘れずに観てみたいです!

 フランキーさんはいつ見てもいいですねぇ。

 検事として全て言い切った時の「どうだ!」という誇らしげの表情がおもしろかったですよ。

 ちなみに次のシリーズ4では地元・浜松が舞台になっていて、それは放送当時に観た覚えがあります。

 

 

| | コメント (4)

ホース交換

 最近お風呂のシャワーヘッドの付け根から水が漏れるようになりました。

P7160042

 入浴中は別にこのままでもいいのですが、風呂掃除の時は気を抜くと自分のほうへ飛んでくるので厄介でした。

 そこで修理なのですが、ハウスメーカーのサービスセンターに頼むと料金がガバッと高くなるので、ここは自分で直すことに。

 もちろん純正品に交換することにして、送料を含めて最安値の物をAmazonで探して購入しました。

P7150026

 昨夜の1時間を時間指定しましたが、届いたのは約2分前というありがたい正確さ。

 梱包も丁寧すぎるくらいでした。

 そして今朝、お風呂掃除の後に交換作業に入りました。

P7160056

 使った工具はモンキーレンチ(上)とウォーターポンププライヤー(下)です。

 家に偶然あった工具ですが、確か建て替える前の家の洗面台のパイプを修理する時に使ったと思います。

 今回はモンキーで元栓側のナットを緩め、スパナを使えないシャワーヘッド側はプライヤーで挟んで緩めました。

 このプライヤーは挟む部分が樹脂でできているので、力を入れて回しても傷がつかないので便利でした。

 もちろん元栓側を締めるときは付属のパッキンを忘れずに付けましたよ。

P7160050

P7160048_2
 純正ホースなのでアダプターを使う必要なく、そのままでサイズも見た目もバッチリです。

 漏れ確認もOKでした。

 でも妻から工賃をもらうことはできなかったな・・・。

 無事に修理を終えた後は、御前崎にある「お茶の間カフェ・ゆう」へ妻と2人で行ってコーヒーとカレーでのんびりしてきました。 

 ご褒美の10連休も明日で終わってしまいますからね。

 ここもいつも行く秘境カフェと同じくらいに心が安らぎます。

 今日も縁側のロッキングチェアでゆらゆら揺られてきました~。

P7160062

 


 

 

| | コメント (0)

豊橋へ

 先日のJR清水駅前旅行(こちらです)の続きを後日ブログにするつもりでしたが、2日目は水上バスに乗ってエスパルス・ドリームプラザに行っただけで、特にこれといったこともなかったので省略することにしました。

 そして今日。

 勤務30年のご褒美の連休も残り3日となってしまい、家にいるのがなんだかもったいない気がしたので、妻と2人で豊橋駅前の常盤通商店街巡りをしてきました。

P7150015

 風はありましたが日差しが強くて暑い!

 アーケード街はこういう時に助かりますが、思ったよりも全長が短く、あっという間に通り抜けてしまいました。

 念のため周辺も歩いてみましたが、これという商店街が無かったので結局はここへ戻って、古そうな感じがした「鈴木珈琲店」へ。

P7150008
 店内は黒を基調とした落ち着いた雰囲気で、カウンター側にはきれいなコーヒーカップがたくさん並んでいました。

 私は“深煎り”という文字に惹かれて、全く聞いたことがない「サントス・ニブラ」というブラジルのコーヒーを。

 あくまで素人の感想ですが、深煎り独特の香りが鼻をス~ッと通り抜けて、コーヒーを口に含むと苦味が舌に程よく残っていい感じでした。

 たぶんコーヒーカップはお客様に合わせて出してくれているのでしょうね。

 私は全く知らなかったですが、ここは人気のあるお店だそうで、私も豊橋に来た時はぜひ立ち寄りたいと思った喫茶店でした。

 喫茶店を出た後、“幻の生クリームぱん”というのぼりを付けたカートを見つけたので、1回通り過ぎながら再度戻って買ってみました。

P7150020
 ここは豊橋ですが岡山から来た「清水屋」・・・という、地名の絡み方がおもしろいですね。

 私が買ったのはカスタードでしたが、軟らかくてフワフワした丸いパンにクリームが空洞なく入っていて美味しかったです。

 お昼のテレビで紹介されたそうですが、それに関係なくまた食べてみたいと思いました。

 今日は商店街こそ期待外れでしたが、カフェ&グルメ関連には恵まれた旅でしたね。

 商店街にはスマートボール場もありましたが、それはまた次の機会に。

 残り2日の休み。

 たぶんコーヒーは何杯か飲むことにはなるでしょう。

 

| | コメント (0)

ライダー魂

 今日は妻と2人で浜松市美術館へ行って絵画鑑賞・・・じゃなくて、「仮面ライダー プレミアムアート展」を見てきました。

 美術館へ行ったのは久しぶりですが、前回は「ウルトラマン展」でしたから偉そうなことは言えないですね。

P7140006_2
 今日も暑かったですが館内は冷房で涼しく、しかも平日のおかげで見学者が少なかったのでゆっくり見ることができました。

 まずは1階の昭和ライダーコーナー。

 見たことがあるおなじみの原画やスチール写真が多かったですが、それでもやっぱり子供のころの懐かしさはそのまま。

 1号からRXまでのオープニング映像も良かったですね。

 主役の俳優自身が主題歌を歌うのは最高です!

 「仮面ライダー第1話」の映像コーナーもありましたが、当時は“怪奇アクション”的ストーリーで、今の子供たちが怖がるような映像が多いかもしれません。

 2階は平成ライダーコーナーでしたが、私たちはほぼ素通りです。

 写真を見ても主役がどの人だかわからないのが多いし、どれもロボット的なライダーばかりで私には興味がありません。

 同じ2階でもショッカー怪人や漫画家・すがやみつるさんのコーナーはしっかり見ましたよ。

 会場内は当然のように撮影禁止でしたが、唯一の記念撮影“OK”コーナーにあったのは平成ライダーだけ。

 昭和ライダーに撮影コーナーがないのは私には納得いかないですっ!

 受付けの横にグッズ販売コーナーもありましたが、買いたいと思うものが意外と少なかったですね。

 でもここまで来て手ぶら帰宅はやっぱり悔しいので、昭和世代、しかも初期ライダー世代なら「これ!」という絵葉書とキーホルダーを買いました。

P7140012
 絵葉書は後でフォトフレームに入れて飾っておきたいですね。

 見終わった後の感想は「まあこんなもんだな・・・。」でした。

 展示してあった昭和ライダーが若干小さく見えたのは気のせいか・・・。

 売店で昭和の7人ライダーが揃った写真パネルを売っていたら、お値段が少々高くても間違いなく買うのに。

 

 

 

| | コメント (4)

白物家電!

 ついに新しい洗濯機(7kg)が来ました。

 今まで使っていた6kgと比べても大きさはほとんど同じ。

 中の洗濯槽の径が大きくなったかな・・・という感じです。

 今度の洗濯機の特徴は操作ボタンが奥にあること、そして洗濯物が絡みにくいということです。

 手前のボタンが奥にいった分、洗濯槽が手前に来ているので洗濯物が取り出しやすいそうです。

 粉石鹸も水と混ざって泡状態で出てくるそうで、十数年の間の進化はすごいと思いました。

 設置後は早速妻が“おしゃれ着洗い”をしてました。

 残り時間が表示されるのも便利ですね。

 明日は(明日も!)私が早起きして、今度は風呂の湯を使って“おまかせ洗い”をしてみます。

 ↓お世話になった旧洗濯機。

P7130006 

 ↓これからお世話になる新洗濯機です。

 「ナショナル」から「パナソニック」へ!

P7130019_2

 

 

 

 

| | コメント (0)

喜劇駅前旅行

 今回も映画を観たわけではありません。

 実は昨日から妻と2人で1泊でJR清水駅前旅行に行ってました。

 メインイベントは駅前から伸びている「清水駅前銀座商店街」の散策です。

 旧東海道復路の旅の時に見つけて、近いうちに行ってみたいと思っていたのです。

 やっぱり長~い商店街でした!

P7110019 確かに長かったですが空き店舗が目立ってましたね。

 特に駅から離れるほど多かったように思えます。

 でも商店街のブラリ歩き自体はとても楽しかったです!

 日曜日まで行われていた七夕祭りの人出はすごかったようですが、私は混雑状態よりもこういう時のほうが自分のペースでゆっくり歩けるから好きです。

 旅の初日はここへ来る前に三保の松原に行きましたが、羽衣の松は「えっ、これ?」って思うくらいバッサリ切られていて、“見るも無残”とはまさにこのことだなと思いました。

P7110039 今あるのが三代目のはずで松の状態が悪いというのは聞いた覚えがありますが、まさかこんなことになっているとは思わなかったですね。

 この辺りは砂浜の侵食も激しくなっているはずなので、早いうちに四代目の松と砂浜を復活させてほしいものです。 

 夕食は市場の横にある「まぐろ館」内の、特急レーンのみの寿司屋「バンノウ水産」で。

 その後は駅前銀座商店街を出て、少し歩いた先で妻が偶然見つけた純喫茶「木馬」へ。

P7110066 入るのにちょっとためらいましたが、勇気を持って幅の狭いドアを開けて大正解。

 これぞ本物の喫茶店という雰囲気ですぐに気に入りました。

 山登りが趣味のご主人が登った山で集めているというバッジを見せてもらいました。

 古いレジスタやピンクの電話も良い雰囲気でした。

 壁にはジャズのCDが楽器ごとに整理されてあって、心地よいリズムが店内に静かに響いてました。

 ここもそうですが、最近は昔ながらの渋い喫茶店によく出会えているのでうれしいですね。

 初日や2日目で他に出かけたところもあるので、それはまた後日に紹介したいと思います。

 

 

 

| | コメント (0)

投票!

 参議院選挙はもちろん投票してきました。

 午前9時ころに投票所に行きましたが、入り口の前には高校生の女の子がいて挨拶してくれましたよ。

 「18歳以上に選挙権」を実感することができました。

 でも中に入ったら投票していたのは全てご年配の方々。

 全体の投票率が低いのはいつものことですが、こうなると“18歳以上20歳未満”の投票率のほうも心配ですね。

P7100012 今回も会社に提出するために「来場カード」をもらってきました。

 でもこれを提出した後にどうするのか、私は全く知りません。

 毎回デザインが異なるんだったら、手元に残してコレクションにするんですけどね。

| | コメント (2)

Coke Zero 400

 明日は選挙に行きましょう!

 さて、1日中雨の土曜日だと思ったら午後からは止んで、一時はちょっとだけ青空が見えた感じがしました。

 でも夜には雷を伴った大雨が降る予報もあるので気をつけたいです。

 そんな今日は午後1時からNASCARスプリントカップ第17戦「Coke Zero 400」をテレビ観戦。

 NASCARはやっぱりデイトナかタラデガがおもしろい。

 この2つのスピードウェイのレースが最高にシビレマス!

 今回も最後は十数台がまとまってゴールになだれ込みました。

 こんなおもしろい終わり方をするレースが他にありますか?

 私はコカコーラ“zero”を少しずつ飲みながらの観戦でしたが、予想通り全部飲みきれなかったので、残りの半分は妻にあげました。

 あれ?

 そういえば鼻にツーンとくるあのイヤなゲップが出た覚えがないですね。

 それにしても日本でも団子状態でゴールになだれ込むようなカーレースがあればいいのに・・・。

P7090044

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

銀座の次郎長 天下の一大事

 今日は1日中雨のようですね。

 私は録画してあったチャンネルNECOの日活映画「銀座の次郎長 天下の大事」を観ました。

 主演は小林旭さん。

 “暴れん坊シリーズ”の第5弾ということです。

 他には中村是好さん、桂小金治さん、井上昭文さん、「クイントリックス!」の坊屋三郎さん、市川好郎さん、松原智恵子さん、杉山俊夫さん、野呂圭介さん、高品格さん、藤村有弘さん、初井言栄さん、歌手の畠山みどりさんなどでした。

 おもしろかったです。

 今回も“S&Bカレーショップ ジロー”ということで“S&B”マークがこれでもかという感じで出てきました。

 映画では銀座をまるごと富士山麓に移すというとんでもない計画が絡んでいました。

 前半はいつもの小金治と中村さんのエロ親父コンビが主役扱いみたいでしたが、若い女性がきっかけであっさり騙されていました。

 それとは逆に、悪そうに見えて実はしっかりした考えを持っている少年役の市川さんがいい味を出していたようです。

 旭さんに対してとても素直な反応をしているところがカッコよく見えました。

 松原さんはヒロイン役の割には扱いが低かったように思えました。

 インチキ土地ブローカーグループとの富士山麓での決闘(!)では、ヘリコプターやセスナを使って上空からカレー粉やスパイスを落としていましたが、ロケ地に合わせたような大掛かりな演出はすごかったですね。

 娯楽映画、あるいはコメディ映画らしい決闘シーンでした。

 この映画でも随所で旭さんが歌っていましたが、周囲が明るく楽しくなる場面にはあの高い声がピッタリですね。

 映画に出てくる御殿場線の富士岡駅周辺にも行ってみたいです。

 

 

 

 

| | コメント (0)

準備万端!

 私は諸事情により今日から10連休。

 思いっきり仕事を忘れたいですね。

 今日はとりあえずは“現実から離れたい”ためにいつもの秘境カフェへ・・・。

 平日ということもありとても静か。

 3匹いる猫のうちの1匹が山の中からひょこっと出てきたのには驚きましたが、思いっきり癒された感じです。

P7080019 ホント、ここのカフェには休みの間に何回も来たいくらいですね。

 今日もホッとした時間を過ごすことができました。

 連休2日目の明日も楽しみです。

 あまり好きでもないのに勢いでコーラを買ってしまいましたが、これで気分を盛り上げながらあの放送を楽しみたいと思います。

 ペプシじゃなくてこっちで合っていると思うんですけどね。

 さて、何の放送でしょう?

P7080037

 

 

 

 

| | コメント (0)

特急にっぽん

 チャンネルNECOの東宝映画「特急にっぽん」を観ました。

 主演はフランキー堺さん。

 他に私が知る限りでは団令子さん、先日亡くなられたばかりの白川由美さん、小沢栄太郎さん、沢村貞子さん、藤岡琢也さん、谷村昌彦さん、塩沢ときさん、顔だけは知っていた平凡太郎(たいら・ぼんたろう)さんなどが出演されていました。

 脇役の女優さんの中でもう1人見たことがある方がいましたが、若大将シリーズで加山雄三さんの妹役だった中真千子さんでした。

 この映画は先日観た同じくフランキー堺さんの「貸間あり」と比べても断然良かったですね。

 おもしろかったです!

 フランキーさんは特急「こだま」の食堂車のコック(助手)役で、恋人役の団さんや自分が出す店のコックにフランキーさんを迎えたい白川さんとのやりとりがおもしろかったですが、乗客の中にも様々な事情を抱えた人たちが出てきて、この2通りのおもしろさが同時進行している感じがとても良かったです。

 そして車内の様子を外から映した場面を音楽だけであえて無声で流していたのも、ドタバタな様子を自分で想像しやすくなっていて楽しめました。

 逆に日活ではこういう映画は作りにくいだろうなと思いましたね。

 この映画に出てくる「こだま」はまだ新幹線が走る前、東京-大阪間を6時間半(映画内での話)で結んでいたあの有名な列車です。

 151系って言うんですか?

 よくわかっていないので、もし違っていたらごめんなさい。

 私もこの車両が現役の時に乗ってみたいなと思っていましたが、もう無理なのでしょうか・・・。

 大きな鉄道博物館に行けば絶対見ることができますよね。

 それだけでもきっと私は満足できることでしょう。

 そういえばこの映画の中で、特急「こだま」とSLが平行して走っている場面はちょっと感動ものでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

嵐の勇者たち

 チャンネルNECOの日活映画「嵐の勇者たち」を観ました。

 主演は石原裕次郎さんです。

 その他の皆様の顔ぶれがすごいです。

 渡哲也さん、浜美枝さん、二谷英明さん、宍戸錠さん、藤竜也さん、郷英治さん、和田浩治さん、吉永小百合さん、山本陽子さん、梶芽衣子さん、浜田光夫さん、川地民夫さん、深江章喜さん、岡田真澄さんなどが出演されていました。

 しかも皆さん円熟味が増しているような感じがして、若い日活ではなく「大人が演じている映画だなぁ。」と思いました。

 すごいメンバーばかりでしたがお互いに役がぶつかり合うようなこともなく、中身としてもとてもおもしろい展開だったと思います。

 裕次郎さんが時々見せるおどけた表情や、照れながらニヤッと笑った渡さんの顔、吉永さんの悲しそうな涙目、コミカルな役の宍戸さんなど、各々の良い表情を見ることができました。

 海上でのヨットとヘリコプターでお互いに撃ち合うアクションシーンは迫力がありました。

 裕次郎さんと渡さんたちが狙っていた大金は、最終的には吉永さん山本さん梶さんの3人に渡ってしまいますが、そこをまたうまく騙して裕次郎さんが独り占めしていたらおもしろかったのに・・・と思いました。

 そういえばオープニングでの裕次郎さんの歌が流れている時は、画面がずーっと真っ暗でしたね。

 始め端「放送上のトラブルか?」と思いましたが、画面の右下に小さく薄い文字で「NECO」と出ていたので安心しました。

 日活のマークが出るまでかなり長い時間でしたからね。

 映画名と出演者を見て難しい映画のように思えましたが、良いほうに裏切ってくれてとても見応えがあった映画でした。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

方向は?

 今日は会社で健康診断があったのですが、視力が0.3と0.5だったかな?

 裸眼じゃなくて眼鏡をかけてですよ!

 こりゃおかしいな。

 検査はいつも自動視力計という機器を使っています。

 機械が「方向は?」「方向は?」と訊いてくるので、開いている方向にレバーを倒すのです。

 でも今日はほとんどがぼやけて見えました。

 マークがだんだん小さくなると勘で判断するしかなかったですね。

 喉がだめだと思ったらついに目にも来たか

 私はこれからどうすればいいのでしょう?

 やっぱりブルーベリーとか何とかベリーを摂った方がいいのかな。

Img_9001

 

| | コメント (2)

洗濯機の選択

 我が家の全自動洗濯機(6kg)は買って11年。

 正しく言えば「少なくとも11年は経った。」なのですが、現在はいつ壊れてもおかしくない状態で動いています。

 特に脱水が止まる時の音「バコーン!」は酷いです。

 もう限界でしょうね。

 こうなれば修理するより買うしかない!

 で、どんな洗濯機がいいのでしょう?

 今考えているのは以下のとおりです。

 ①縦型の普通の全自動洗濯機

 ②乾燥機能はいらない

 ③バスポンプ付き(これは絶対!)

 ④毎日2人分の洗濯(私と妻)

 ⑤できれば音が静か

 ⑥なるべく安く!

 この中で今悩んでいるのが④なのです。

 2人分の洗濯として調べるとほぼ6kgクラスで決定なのですが、“毛布を洗う場合は7~8kg”とか、“大きめを買っても少量洗濯は当然できる”など、私たちをさらに悩ませることがどんどん出てきます。

 それらを考慮しても6kgか7kgのどちらかになるかな。

 そういえばよく行く某家電販売店から封書が届いていましたが、その中のチラシに出ている「価格はご相談ください」というのは値切ればもっと安くなるということなのか?

 それとも訊かなければ教えてくれないだけのことなのか?

 高めの値段でも安くなれば結局はそれを買ってしまうでしょうね。

 洗濯機の選択の山場は今度の金土日の3日間だと思っています。

 いったいどんな物を買うでしょう?

Photo

 

 

 

 

| | コメント (0)

排気ファン掃除

 今日は妻が所用で昼から出かける前に、トイレの排気ファンの掃除をしました。

 数日前に「ビィーン!」という例のうるさい音になったので、ティシュでサラッと拭き掃除をしたのですが、その時にティシュの先がちぎれて中に残ってしまったらしく、今度はファンの奥でそれが当るような「ピッピッピッピッ」という音がするようになってしまったので、スイッチを切っておいたのです。

 当然トイレの中は静かですが、空気が動かないので臭いが残るのがわかるんですよ。

 だから今日はドライバーでネジを緩めて本体を外してみましたが、当然のようにたくさんの埃がヒラヒラ舞い落ちたのであります。

 配線はつけたままなので、そのままの状態で濡れタオルで最低限の拭き掃除をしました。

 そしてその配線を挟まないように本体を戻してネジ締めを。

P7030029_2
 ここでふと思ったこと・・・「電動ドライバーが欲しい!」

 我が家の排気ファンは壁の上のほうに設置されているので、五十一肩の私には腕を上げてドライバーでネジを締めるだけでも辛いのです。

 でもファンの部分の掃除だけでも音が静かになりましたし、おかげで臭いもトイレに残らなくなりました。

 でも暑くて汗がドバッと出たのでTシャツの着替えを。

 妻が出かけた後の昼食後にも再び汗がドバッと出たので、迷わず“あずきバー”を1個!

 さらに夕食のカレーを食べた後にも汗が出たので、今日2回目のTシャツ着替えをしました。

 だから気分的に一気に夏になってしまいましたよ。

 明日も暑くなりそうですね。

 たった今、妻に“あずきバー”の補充をお願いしました・・・。

P7030023

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

貸間あり

 私の家に貸間(かしま)があるわけではありません・・・。

 チャンネルNECOの東宝映画「貸間あり」を観ました。

 製作は宝塚映画のようです。

 脚本が藤本義一さんでしたね。

 主演はフランキー堺さん。

 他に私が知っている共演者は、淡島千景さん、桂小金治さん、小沢昭一さん、乙羽信子さん、浪花千栄子さん、清川虹子さん、藤木悠さん、益田喜頓さん、市原悦子さん、加藤武さん・・・という、後のいわゆる“ベテラン俳優・女優”さんたちでした。

 小金治さんは日活もそうですがいろいろな映画に出てますね。

 浪花さんはオロナイン軟膏のあの女優さんです。

 この映画では、よく喋る人、豪快に笑う人、とぼけた感じの人、怪しい雰囲気の人など、出演者の個性が強く出ていたと思いました。

 喜劇俳優の代表と言ってもいいフランキーさんは“何でも屋”の役だったでしょうか。

 しまいには小沢さんの替え玉受験までしてましたが、フランキーさんらしく終始さっぱりした感じはとても良かったです。

 さりげないおもしろさを演じるのがうまいなぁと思いました。

 コメディらしいドタバタした映画の感じはありましたが、最後は理解する間もなく何となく終わってしまいました。

 私のあまり好きではない終わり方をしたのが残念でしたね。

 その最後での小金治さんの立小便の場面では遠くに通天閣が見えてましたが、その周りには高い建物が1つもなかったです。

 たぶん今は同じ場所から眺めると、通天閣は上のほうしか見えないでしょうね。

 このような昔の映画を観ていると、「この場所は今どうなってるのかな?」と思いながら観ることがよくあります。

 だから自分が知っている場所が出てくるとうれしいですね。

 だから地元・浜松市が出てくる昔の映画をもっと観たいと思いました。

 観終わった後にこの映画について調べたら、フランキーさん、小沢さん、加藤さんは同じ中学校出身で、しかも同級生だそうですね。

 同級生が大人になって同じ映画に出るなんて、まるで夢のようなでうらやましいですね!

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ごくもんとう?

 今日は遠州小國神社の大骨董蚤の市へ行ってきました。

 それにしても暑かったです!

 今回もミニカーを探すことが多かったですが、手で持った途端に「アチチッ!」

 逆にソフトビニール人形はフニャフニャ。

 でも来月はもっと暑いんだろうな。

 私は残念ながら今回も手ぶら帰宅でした。

 「買おうかな?」と思ったミニカーがありましたが、タイヤ1個に不具合があり、その割には値段も高めだったので諦めました。

 まあこんな時もあります。

 さて、私の咳は相変わらず続いております。

 特に喋りだした時と食事時にかなりの回数の咳が出てしまいます。

 そして病院でいただいた薬も昨日終わったので、今日は某ドラッグストアで漢方薬を買ってきました。

P7020016 「ばくもんどうとう」です。

 もう1つ候補に上げたものもあったのですが、病院でいただいたのも同じ名前の漢方薬でしたのでこれに決めました。

 これで症状が軽くなればいいけですけど・・・。

 もしこれを飲み終わっても何の変化も見られなかったら、次は別の(!)病院へ行ってみます。

 「他の病院に行ったらどう?」という妻のアドバイスに従うことにします。

 ホントに自分でもイヤになっちゃいますね。

 熱を出してから1ヶ月経ってしまいましたから。

 きっと自分で気がつかないうちに何か悪いことをしてしまったんだろうな。

 悪いことってあれかな?

 それともあれかな?

| | コメント (2)

涼しい

 7月。

 早くも今年の後半戦に入りました。

 「ハイ、後半まいりましょう。後半しゅっぱ~つ!」(byいかりや長介)

 今日は全国的に気温が高いそうですが、「そのニュース本当か?」と思うくらい浜松は曇り空で涼しいです。

 私が好きな“あずきバー”も最近はあまり食べてないです。

 暑い!

 食べよう!

 こう思う日が少ないというのもありますね。

 でも梅雨明けして気温がグンと上がったら、ほぼ毎日食べることになると思います。

 さあ今週の夜勤も今日で終わり。

 ケガだけはしないように気をつけます。

P7010007

 

 

| | コメント (2)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »