« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

忙しい7月

 CS放送で「観たい!」と思う映画が減って困ってます。 

 我が家で視聴できるチャンネルはチャンネルNECOの他にも数チャンネルあって、時々番組表を確認しているのですが、それでも録画予約を忘れることがあって、場合によっては観ずに終わってしまう映画もあります。

 さて、7月は何があるかな?

 いつものように観たい映画を紙に書き出していったら出てくる出てくる!

 観忘れ映画も含めて7本もありました。

 これはここ1年くらいで最多ではないかと思います。

 リストの全てが日本映画、そのほとんどが日活映画ですけど。

 候補には「ティファニーで朝食を」もありましたが、それは観ようかやめようか考え中です。

 最近は映画館では藤岡弘さんが出演していた「仮面ライダー」シリーズしか観ていませんが、テレビではそれなりに普通の映画を観ているんですよ。

 7月の7本の映画、録画予約忘れしないように気をつけたいと思います。

 

 

 

| | コメント (2)

日曜礼拝

 今晩は昨日の会席料理に続いて結婚記念としての日曜礼拝に行ってきました。

 浜松市中区にあるアビー・ラ・トゥール教会です。

 私たちが結婚式を挙げた教会ですが、ここに来るのも年に1回だけ。

 日曜礼拝が開催されない時もたまにあるのですが、結婚して13年でそういう日には1回も当たっていません。

 今日は「アローズ・インターナショナル」の紹介の映像も見ました。

 紹介文をそのまま引用すると、「バレエやモダンダンス、ドラマを通して、喜び、希望を与える、世界を舞台に活躍しているユニークなダンスグループ」だそうです。

 まるで映画「フラッシュダンス」のようでした。

 あ、この映画は観たことがないですけどね。

 なんとこのグループが7月に来日して、18日(月)には掛川市の桜木クリスチャンセンターでダンスを披露してくれるそうです。

 興味のある方は調べてみてください。

 YouTubeで“ARROWS INTERNATIONAL”で検索するとダンスの様子を見ることができます。

 さて、結婚式当時の牧師さんが母国に帰られ、掛川から来られている今の牧師さんに交代されて早3年。

 残念ながらその牧師さんによる日曜礼拝も来月で終わってしまうということです。

 だから来年の今月今夜の日曜礼拝があるかどうか、現時点ではわかりません。

 「毎年来よう!」

 妻と2人で決めたのに、これは困ったことになりました。

 別の教会に行っても意味がないですから、とにかく1年待ってみるしかないですね。

 13年はあっという間でしたが、それだけ年数が経つと替わってほしくないところも替わってしまうものなのかな・・・。

P6260005_2

 

 

 

| | コメント (0)

素晴しい構図

 そういえば今日は月の第4日曜日。

 大歳神社のフリーマーケットの日でもあったので、とりあえずは行くだけ行ってみましたが手ぶら帰宅となりました。

 大きめのダイキャストカーや旧車のプルバックカーなどがありましたが、わざわざ買うほどの物でもなかったですね。

 無駄使いセーフ!

 まだ時間が早いこともあったので、帰宅前に書店へ。

P6260045 懲りずにまた仮面ライダー関連を買ってしまいました。

 講談社シリーズMOOKの「仮面ライダー 昭和」です。

 しかも「1号・2号」のvol.1とvol.2の2冊も買ってしまいました。 

 どちらも40ページ前後と薄いのですが、写真が多くて楽しめます。

 文字が小さくて見にくいですけどね。

 すでに私が知っている内容の記事が多いし、写真も今まで何回も見たことがあるものが多かったですが、それでもこれを買う動機になったのは、なんといっても表紙写真の構図のカッコよさなのです。

 渋いっ!

 特にvol.1が。

 パソコンで見つけたときから惚れ込んでしまいました。

 手前のライダーは通称“桜島1号”ですが、こういうマスクの塗装の色ハゲや胸の凹凸など当時のリアルな感じが好きなのですよ。

 実は昨日行った書店にもあったのですが、表紙に立ち読み跡のような折れ曲がりがあったのでやめておいたのです。

 きょうはビニールが巻かれてしっかり保護されていました。

 この表紙、このままポスターくらいの大きさに拡大して部屋に貼りたいくらいですね。

 vol.1には藤岡弘さんが、vol.2には佐々木剛さんのインタビュー記事があるので、それだけでも読み応えがあると思います。

 今の造形技術は素晴しくてマスクもきれいに仕上がってますが、私はそのきれいさに逆に違和感を感じてしまいます。

 だからせめて展示品には実際に撮影に使っていたマスクやライダースーツを出してほしいんですけど、保存の有無や保存状態の関係で無理なのでしょうね。

 でもやっぱり・・・。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

13年の記念日

 妻と結婚して今月で丸13年。

 今年も浜松駅近くの日本料理「やま文」で会席料理を食べてきました。

 1年のうちで最も時間をかけて食べる食事。

 最も食材を味わって食べる日。

 1回の食事で最も多くの種類の食材を食べる日。

 最も食器を見る日。

 今日はそんな日でもあるのです。

P6250008 今回の料理はいつもとは違う器で出てくることが多かったですね。

 有田焼なのですが形も色も多種多様。

 蓋の裏にまで丁寧に画が描かれている食器もありました。

 その器にきれいに盛られている“本格的な日本料理”はやっぱり美味しい!

 甘醤油をつけて食べた“はも”も美味しかったです。

 和風ブイヤベース鍋は具はもちろん、スープまで残さず全ていただきました。

 そんないろいろあった中で、私は鯨赤肉の寿司が1番のお気に入りとなりました。

 醤油をつけずにそのまま食べてみましたが、鯨の肉がこんなに柔らかくて美味しいとは思わなかったです。

 流れ鮨店で出る鯨肉とは違う、これが本物の味でしょうか。

 できることならもう1貫食べたかったな。

 今日ものんびりじっくりと、美味しくいただくことが出来ました。

 車で行ったためにアルコール飲料は飲まなかったですが、それでも十分味わえました。

 飲まなかったから料理をじっくり味わえたかも。

P6250013

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

新しい薬

 夜眠っている時は咳が出なくなったので良かったですが、昼間はまだまだですね。

 咳が出るのは話をしている時、会社の昼食を食べた後に食堂を出て歩いている時、家で夕食を食べている時・・・と、出るタイミングは毎日ほぼ同じ時になっています。

 そんなこともあってまだ心配なので、今日も近所の病院へ行ってきました。

 「咳喘息」と言われました。

 断定はしてなかったみたいですけどね。

 ですから薬も一部新しくなりました。

P6240003 貼る薬の次は吸う薬ですって。

 合言葉は「クルッ」「カチッ」「スーッ」だそうです。

 これを朝2吸入、夜寝る前に2吸入します。

 早速今晩からやってみますよ。

 でも今回いただいた薬でも治らなかった時は、別の病院へ行ってみたほうがいいと妻が申しておりました。

 さて、そんな結果になるでしょう?

 

 

 

 

| | コメント (0)

再びあの地へ

 なぜかわかりませんが今日は最初から仕事が休みの日でした。

 軽い用事を済ませた後の午後が暇になったので、妻と喫茶店に行った後に久しぶりに中田島砂丘を歩いてきました。

 薄曇りだったので暑くもなく寒くもなく、風が気持ちよく感じるちょうど良い天気でしたよ。

 海辺に行くまでの砂丘の起伏が大きくなったような感じでしたが、海沿いは相変わらず石ころだらけでした。

P6200044

 これじゃあ砂丘と言うより河原です。

 平日にもかかわらず、カップルや友達同士など若い観光客が数組。

 年配者は見られなかったです。

 私たちもしばらく海を眺めてました。

 石投げもしましたが肩の衰えを感じました。

 いつの日か、あの水平線の向こうへ行ってみたい・・・。

 「地獄大使最期の地」ということで、持っていた傘の先で砂に絵を描いて帰りました。

P6200048_2

 とにかくこの石ころは何とかならないのかな?

 

 

 

 

| | コメント (0)

大氷原

 録画してそのままになっていたチャンネルNECOの日活映画「大氷原」をようやく観ることができました。

 主演は宍戸錠さん。

 他には和泉雅子さん、小高雄二さん、大坂志郎さん、沢本忠雄さん、中原早苗さん、高品格さん、近藤宏さんなどが出演されていました。

 何となくファンでもある天坊準さんも久しぶりに見ました。

 この映画、ファンでもある和泉さん目当てで観ただけでしたが、想像以上に素晴しく完成された映画でした。

 「観ただけ。」なんて失礼なことを言ってしまいましたが、観ることができて本当に良かったです。

 野性味あふれる錠さん、悲しい表情の和泉さん、鋭い目の小高さんなど、皆さんそれぞれの特徴がよく出ていましたね。

 錠さんの映画はあまり観ていませんが、小林旭さんとの共演の時よりも存在感が大きかったと思います。

 単なる主役よりもさらにスケールが大きい感じだったです。

 小屋の中で眠っている錠さんの傍らで祈っている和泉さん、でもどこか悲しそうな目がとても印象に残りました。

 遭難した小高さんと沢本さんを探すために錠さんの後に付いてオホーツクの大氷原を歩いている場面は、これこそが“冒険家・和泉雅子さんの原点だ!”としか思えなかったです。

 もちろん当時の和泉さんご本人には考えもつかなかったでしょうが、私は将来の北極点踏破の旅のために神様が和泉さんをこの映画に導いてくれたのだなと思いました。

 何かに怯えている感じの小高さんや大坂さんも良かったです。

 大坂さんには「実は過去に起きたあの事件の首謀だった!」という役が何作品かあるなあという印象を持ってます。

 小高さんも錠さんに反発する役としての“怒哀”(喜と楽がない!)の表情がとても良かったです。

 「大氷原」、本当に思っていた以上に素晴らしい映画でした。

 こういう映画を映画館の大スクリーンで観ることができたらもっといいだろうなと思いました。

 錠さんは主題歌も歌っていましたが、冒頭とエンディングとでは歌の重さが違ったように感じましたね。

 え~と、その重さというのをうまく表現することは難しいですが、これから映画を観るという意味の冒頭は“聞いた”、そして観終わった後のエンディングは“聴いた”という感じでしょうか。

 知らない日活映画の中にもまだこういう素晴らしい映画がたくさん残っていることでしょう。

 そして和泉さん自身はこの映画をどう思っているのかも訊いてみたいですね。

 

| | コメント (2)

仮面ライダー3種

 買うか?

 51という歳を考えてやっぱりやめとくか?

 私は前者を選択し、そして今日実行しました。

P6190031

 現在「GU(ジーユー)」で販売されている“仮面ライダー放送開始45周年記念”のオリジナルデザインのTシャツです!

 風邪を引いたために買いに行くタイミングがなかなかなく、今日まで延び延びになってしまったというわけです。

 実物を見るとどれも良い仕上がりでした。

 デザイナーによってはもっと漫画的なデザインもありましたが、私が選んだのはこの2枚です。

 左のTシャツは実物に近いサイクロンの画が気に入りました。

 ライダーの顎の横の部分が明るすぎるのが不満でしたが、サイクロンの出来がそれを抑えてくれた感じです。

 右は立花レーシングクラブのマークで選びました。

 やっぱりこのマークは外すわけにはいきません。

 ちなみに背中側は左のTシャツが無地で、右側は新1号の変身ポーズがプリントされています。

 さあ、このTシャツをいつ、どこで着るか?

 もちろんこれを着て外に出ることは恥ずかしくてできないので、家の中にいる時に静かに着たいと思います。

 これでは買った意味がないでしょうけど、とにかく買いたかったので許してください。

 そしてこのTシャツを買った勢いそのままで、浜松市美術館で7月から開催される「仮面ライダー展」の前売りも買いに行きました。

 これで準備万端です。

 今日は喉の調子もだいぶ良くなっていたので、来月は安心して見に行くことができそうです。

 そして今日のさなぎの様子も確認しましたが、想像以上に早い変化でした。

 でもここからが長いのでしょうね。

P6190004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

さなぎへ

 喉の具合が悪いので病院へ行ってきました。

 今月初めに風邪を引いて以降3回目の通院です。

 ちなみに夜勤明けの今朝も咳でろくに眠れませんでした。

 2日連続ですよ・・・。

 今日は今までの薬に加えて漢方薬が加わりました。

 う~、徐々に薬漬けの生活になっていくぅ~。

 とにかく何でもいいので早く治したいです。

 で、その病院に行く前には「塀に大きな毛虫みたいなものが・・・。」と妻の話。

P6180009 見に行ってみるとなんてこたあない、普通でしたよ。

 可愛いくらいです。

 でもこの形はこれから蛹(さなぎ)になっていく初期段階のようですね。

 アゲハ蝶の幼虫でしょうか?

 時々は様子を見て、後はそっとしてあげたいと思います。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

もーやだ!

 最近また喉が腫れているような感じで、咳が出て辛い日々が続いています。

 特に布団の中に入ると単発で出始めるのです。

 夜勤から帰宅した今朝はそれが気になって一睡もできなかったので、とりあえずはそのまま起きて、昼前後の数時間ですが何とか眠ることができました。

 ホントに喉だけおかしいんだよな。

 口蓋垂(こうがいすい・別名“のどち○こ)が腫れているんだと思うんですけど、今月始めに熱が出て以来、こんなに長い日数嫌な思いをするとは思わなかったですよ。

 まだ今日の夜勤がありますが、今日ものど飴持参で行ってきて、明日また病院へ行こうと思います。

 早く治してスッキリしたいですよ・・・。

 

 

| | コメント (2)

銀座の次郎長

 チャンネルNECOの日活映画「銀座の次郎長」を観ました。

 この映画は“暴れん坊シリーズ”の第4作ということですが、タイトルに「暴れん坊」がないのが不思議です。

 主演はもちろん小林旭さんです。

 他には笹森礼子さん、杉山俊夫さん、桂小金治さん、中村是好(ぜこう)さん、藤村有弘さん、五月みどりさん、高品格さん、由利徹さん、野呂圭介さん、藤竜也さんなどが出演されていました。

 観ていておもしろかった映画でした。

 「こうなるだろうな。」と予想できる展開で話が進んでいきましたが、それがわかっていても楽しめました。

 “S&Bカレーハウス・ジロー”のジロー役の旭さんの歌ももちろんありました。

 その旭さんに協力する割にはチョンボをしでかす小金治さんと中村さんもおもしろかったです。

 スカウトしてきた若者たちの歓迎会で、旭さんが歌っている時に感激のあまりに小金治さんが龍角散の粉を吹いてしまい、横にいた笹森さんが迷惑そうな顔をしているシーンがありました。

 その時の笹森さんは演技ではなく本当に迷惑そうでしたね。

 こういうのが私は好きなのです。

 この映画はジローとやくざの対決の話でしたが、やくざとは言ってもどこか面白味のある“やくざ”だったから良かったのでしょうね。

 このシリーズはもう1作あるそうなので、そちらも観たくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

部品交換会へ!

 咳でよく眠れない日が続いていましたが、昨夜は久しぶりに咳を出すことなく朝まで眠ることができました。

 ようやく治まってきたかな・・・と安心しました。

 そして今日は袋井エコパ駐車場の部品交換会へ。

 念のためコンビニで龍角散のど飴を買って行きました。

 いつもより早く会場に着きましたが、今回も出店が多くて賑やかでしたよ。

 その割には私は今回も手ぶら帰宅となりました。

 唯一の迷い品は先割れスプーンでしたが、例の「買ってどーするんだ?」が頭を横切ったので・・・。

Mono0367012614090402 でもその先割れスプーンを束ねていた“スプーン通し”は久しぶりに見て感激しました!

 ←こんな感じの物ですが、懐かしい~!

 私の小学校ではアルマイト食器が入っていた鉄カゴの横に下げられてました。

 あったな~、こういうのが。

 これを見て急に小学生時代に戻った感じがしましたね。

 頭痛がしてきたこともあって2時間くらいで帰りましたが、車に戻る途中でこれまた懐かしい車に出会えました。

P6120006 マツダR360クーペでしょうか。

 たぶんこんな近くでは初めて見たでしょうが、小さい!

 とにかく小さい!

 でもこういう催しの駐車場ではなぜか違和感がないんですよね。

 駐車場にはホットロッド風の車もありましたが、私はそっちのほうに違和感を感じます。

P6120008 この後方の突起もいいですね。

 後で調べたら90度V型2気筒エンジンをリアに積んでいるそうです。

 2気筒でV型っていうのも実際見てみたいですね。

 頭痛がなかったらもう少しブラブラ散策したかったのですが、今日はこれだけにしておきました。

 やっぱり昭和の旧車は見ていて楽しいな。

 帰宅したあとも頭痛が治まらなかったので4時間近く寝てしまいました。

 あっ、浜松市美術館の「仮面ライダー展」の前売りを買うのをまた忘れてしまったな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

黒い海峡

 チャンネルNECOの日活映画「黒い海峡」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん。

 他には十朱幸代さん、中谷一郎さん、吉行和子さん、山形勲さん、小高雄二さん、佐野浅夫さん、大坂志郎さん、新人の藤竜也さん、郷鍈治さん、榎木兵衛さんなどでした。

 裕次郎さんにしては珍しく最初から最後まで「悪役」でしたね。

 しかも私の記憶では、今まで観た映画で初めて裕次郎さんが死んでしまう場面が出てきました。

 それも葬儀中のお寺でライフルで撃たれてしまうという、あまりにも衝撃的な場面を経て映画はラストシーンに向かったのです。

 映画の中とはいえ裕次郎さんが死んでしまうなんて!

 裕次郎さん主演の映画なのに、ラストシーンに出てこないなんて!

 時間が経つほどこんな思いが強くなってきました。

 映画自体はあまり好きではない内容でしたが、最後に裕次郎さんの姿がないという貴重な映画を観ることができたのは良かったです。

 

 

 

| | コメント (0)

ヘロヘロ勤務

 昨夜から今朝にかけても咳のためほとんど眠れませんでしたが、今朝体温を測ったら37度1分くらいだったので、イヤイヤ仕事に行ってきました。

 でも立っているのが辛くて、度々しゃがみこむという状態でしたよ。

 疲れました。

 本当に疲れました。

 だから定時で終わらせてもらって再び病院へ。

 そうしたら薬が増えました。

 気管支を拡げて呼吸を楽にする“貼り薬”も初めてもらいました。

 胸に貼ってどうやって気管支を拡げるのかな?

 普通は貼ったら少し縮むと思うんですけど、これは逆にどんどん広がって大きくなっていくのでしょうか?

 1日1枚。

 風呂から出た後に貼ってから寝ようと思っていますが、明日の朝はどんな状態になっているのか楽しみです。

 

 

| | コメント (0)

寝疲れ・・・。

 熱が出て3日目である昨日の晩は、平熱近くに下がったのでホッとしましたが、今朝測ったらまた38度近くまで上がっていたので、結局は今日も1日中布団の中でした。

 昨夜から今朝にかけては咳でほとんど眠れなかったです。

 2日連続でまともに眠れなかったのも初めてですね。

 何でこんなになってしまったのでしょう?

 もう疲れました、ホントに・・・。

 明日の仕事は行くつもりなので、今日は夕方から寝るまでのは間は起きていようと思います。

 今晩は眠れるかな?

 

 

| | コメント (0)

回復傾向か?

 水曜日の夜勤では腰の辺りの背中側の肉が変な感じだったのですが、それに関係していたのかどうか、木曜日から熱が出てしまったので、その日と金曜日の仕事を休んでしまいました。

 そういえば喉も痛かったな。

 病院へ行ったら「夏風邪でしょう。」と言われましたが、家ではとにかく寝るしかない。

 ご飯を食べる気も全くなく、おかゆをほんの2口か3口食べるのが精一杯でした。

 かなりの寝汗をかいたので、パジャマを3~4回は交換しました。

 確か3月下旬にも風邪をひいたばかりなのに、こんな短期間で再び風邪をひいたのはたぶん初めてですね。

 昼に寝すぎたためか、昨晩はほとんど眠ることができなかったです。

 今日は朝はまだちょっと辛かったですが、午後からは布団から出ることができました。

 でも少し咳が出るようになってしまったので、それが治まらなかったら月曜日にもう1度病院に行こうと思っています。

 こんな体調だったので、今回の小国神社の大骨董蚤の市は諦めました・・・。

 年齢のせいもあるでしょうが、私はやっぱり交替勤務が体調に悪影響を与えているんだとさらに強く思いました。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »