« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

妻のそば猪口

 事実上の連休初日の今日は、フリーマーケットと蚤の市へ行ってきました。

 フリーマーケットは遠州灘海浜公園の「石人の星公園・春まつり」の催しの中の1つでしたが、特にこれといったものは無かったです。

 まあいつもと同じでした。

 まだ時間も早かったので、こちらは早々に諦めて小國神社の「大骨董のみの市」へ。

 会場に入ったら奥のほうにも車があったので「お、今日の出店数はかなり多いな。」と思ったら、そこは関係者用の駐車場でした。

 でも出店数はまあまあだったし初めて見る売主の方もいたので、フリーマーケットに比べて断然こちらのほうが見応えがありましたよ。

 でも惜しかった・・・。

 私寄りのモデルカーはありましたがあくまで私“寄り”なだけで、「これ、欲しい!」と思うものはグッズを含めても残念ながらなかったです。

 でも妻は気に入ったそば猪口を買うことができました。

 先に手にとって見たのは確か私でしたが、妻もそれに目がいったようです。

 帰宅した後に早速飾っていました。

 残念だった私は来月15日の「浜名湖2&4スワップミート」に期待したいです。

 明日は日曜日ですよね。

 昨日が休日出勤だったので今日が日曜日みたいです・・・。

P4300009

 

| | コメント (0)

重さが違う

 今朝いつものように朝刊を見ていたら、テレビ番組表の中に「仮面ライダー45年」の文字を発見。

 それがなんとNHK総合の夕方の番組ではないですか!

 これは絶対に見なきゃイカン。

 でも仕事が終わって時間までに帰れるかどうかわからない・・・ということで録画予約しておきましたが、夕方に急いで帰ってきてテレビを見たら、ちょうど仮面ライダーのコーナーが始まるところでした。

 コーナーの前半は平成ライダーの紹介でしたが、どーも軽い感じがしてダメですね。

 それに反して後半に出てきた藤岡弘さん。

 言葉の一言に重さを感じました。

 「生きて、生きて、生き抜く!」

 こんな感じのことを言われたと思いましたが、藤岡さんというよりも仮面ライダー1号「本郷猛」本人が言っているようでした。

 カッコよかったですね。

 明日復習を兼ねてもう1回見てみます。

 探してみたらスタジオに映っていた写真と同じライダーカードを持ってました↓

 しかも2枚。

P4280006

 

| | コメント (2)

「えっ!」を2つ

 今日は仕事を堂々と休んで回転寿司と秘境カフェへ行ってきました。

 回転寿司は久しぶりに「スシロー」へ。

 安くなる平日を狙ったというのもありましたが、店を出て時間が経った時に気がつきました。

 「えっ?そういえば90円じゃなかったな。」

 レシートを見てもやっぱりそうでした。

 な~んだ、来た意味がなかったな。

 「かっぱ」か「くら」にすれば良かったな。

 でも家に帰ってから調べたら「平日90円」はかなり限定的になって、今はほとんどやってないみたいですね。

 な~んだ、どこも同じじゃないか!

 「スシロー」の後はいつもの秘境カフェへ。

 その帰りには“あずきバー”の箱タイプを買うために家の近所のスーパーに立ち寄りました。

 買い物かごの中に箱を入れてレジへ行こうとしたら、そばにアイスを選んでいる親子(お母さんと少年)がいました。

 お母さん「どれにする?」

 少年「う~ん、あずきバーはイヤだし・・・。」

 「えっ?」

 大好物の“あずきバー”をたった今私がかごに入れたばかりなのに、なんという衝撃的なな言葉!

 少年よ、そんなに“あずきバー”がイヤなのか?

 まあそのうち大人のアイスの味もわかるようになってくれるでしょうけど、まさに「ガビ~ン!」というショッキングな言葉を聞いてしまいました・・・wobbly

 あまりのショックに私は懐かしいせんべい「ひとくち歌舞伎揚」を買ってしまいましたよ。

 結局この少年はどのアイスを買ったんだろう?

P4270029_2


 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

新茶

 今日の浜松は雨が降りそうで降らない、いわゆる“怪しい天気”でした。

 だから早めに買い物に行き、午後はのんびりと・・・。

 横になって本を読んでいたら睡魔に襲われました。

 さて、新茶の時期ですね。

 今日はお茶屋さんのホームページで、お世話になっている方々に新茶とお茶羊かんのセットを送る手続きをしました。

 といっても送るのは1セットだけ。

 ビール券を送ったほうが喜ばれるような方々ですが、こういう時こそ静岡のお茶を飲んで休憩していただきたいです。

 発送は5月6日ごろとなってました。

 それにしても“送りたい人”がいるというのはとてもうれしいものです。

 

| | コメント (0)

春の春野へ

 今日は妻が早朝から出かけたので、帰宅予定の夜まで私はお留守番担当。

 でもやっぱりダラダラしてもったいない1日になりそうだったので、久しぶりに山間部へ単独ドライブに行ってきました。

P4230029 場所はいつもの浜松市天竜区春野町、通称「天狗広場」です。

 独身のころよくここまで走りに行っていた場所ですが、前回来たのはいつだったかな?

 それにしても今日は暑かったです。

 だから窓を開けて走っている時は最高に気持ちよかったですね。

 くしゃみも出なかったです。

 家からここまでは1時間弱で着きました。

 ちょうどお昼時でお腹が空いたので、この先にあるコンビニで食べ物を買い、またここに戻ってきて食べました。

 この広場にはバイクツーリングの人もポツポツ入ってきます。

 本当は天狗の下で好物のあずきバーを食べたくてコンビニに行ったのですが、意外にも置いてなかったですよ。

 コンビニと言っても規模が小さめの店で、アイスの種類もそんなになかったですね。

P4230033 だから帰宅後にしっかり食べました!

 これで今年に入って8本目だと思います。

 気温のせいかいつもより若干柔らかかったような・・・。

 それにしても久しぶりに気持ちが良いドライブでした。

 水窪に伸びる152号線もいいですが、私は春野に伸びる362号線のほうが好きです。

 特にこの天狗広場までの区間が。

 道幅もそんなに狭くないし、カーブや勾配の種類が豊富でまるでテストコースみたいな道ですから。

P4230026_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

おやつ

 今日はずっと曇り空なのでしょうか。

P4210011
 妻が買ってきたよもぎ饅頭。

 饅頭といえば○○堂とかいう老舗がありそうな気がしますが、これは製造者・山崎製パン(株)。

 温かいお茶と共にあっという間にいただきました。

 お茶、饅頭、プラス時々あずきバー。

 まさに日本人・・・。

 

| | コメント (6)

旗揚げ公演

 今日は浜松も東京も1日中荒れた天気だったようですね。

 東京?

 そうです。

 今日は東京の京王・井の頭線の東松原駅近くにある「ブローダーハウス」という小劇場で舞台公演を観てきたのです。

 元劇団キンキン塾の任漢香さんと岩澤亮司さんお二人の「劇団415」の旗揚げ公演で、「紙風船」と「親父の説教」の2作品です。

 どちらも25分くらいです。

 この2つは全く正反対の作品でした。

 「紙風船」は日本の作品で、ある夫婦の日常の何気ない会話をうまく表現しているような感じがして、とてもほのぼのとした様子が伝わってきました。

 優しい作品でした。

 「親父の説教」は海外の作品だそうですが、こちらは父親が息子に向かって激しく説教し続けるという、喜怒哀楽がハッキリしている感じでしたね。

 ちょっとコメディの要素が入っている作品でもありました。

 両作品とも親父役を演じた岩澤さんはまるで別人かと思うくらいの演技の違い、迫力の違いをうまく演じていたように思いました。

 母親役の漢香さんは岩澤さんほど激しくはなかったですが、やはり日本の母親と海外の母親の違いを大事(!)に演じていました。

 特に「親父の説教」では今までの漢香さんでは考えられないような激しいパフォーマンスがあり、私も「えっ、あの漢香さんが・・・!」と驚いてしまいました。

 公演後にはいつ以来か久しぶりにお二人と再会でき話もできたのでうれしかったですねぇ。

 劇団キンキン塾の愛川欽也さんから繋がっていたものが、今日、再び繋がってくれたような気がしました。

 東京ですから私もそう頻繁に観に行くことはできないでしょうが、それでもできる限りは「劇団415」の舞台公演に行きたいと思います。

 それにしても短い作品ながらも2つも演じるのは大変でしょうね。

 私たちは観るだけでいいですが、正反対の作品2つの稽古はご苦労が多いのではないかと思いました。

 私にはとてもできないですから、憧れという意味でも今後も応援し続けていきます。

P4170003_01

 

 

 

 

 

| | コメント (8)

あした晴れるか

 日本映画専門チャンネルの日活映画「あした晴れるか」を観ました。

 本来チャンネルNECOで放送されるべき映画が他局で放送されるのは残念な気がしますが、観られないよりはいいのかな・・・。

 ありがたいと思えばいいのかな。

 この映画の主演は石原裕次郎さんです。

 他には芦川いづみさん、中原早苗さん、杉山俊夫さん、渡辺美佐子さん、西村晃さん、東野英治郎さん、殿山泰司さん、安部徹さんなどが出演されてました。

 オープニングの裕次郎さんのテンポの早さ、普段は落ち着いて清楚な感じの役が多いイメージとは全く逆でおかしな眼鏡をかけたコメディっぽい芦川さん・・・。

 久しぶりに心の底から楽しめた映画だったと思います。

 裕次郎さんと芦川さんとの掛け合い、芦川さんと中原さんが文句を言い合う様子、居酒屋で裕次郎さんと殿山さんがだんだん酔っ払っていく様子など、コントでよく見られるような演出・演技が多くて良かったです。

 裕次郎さんの足が長いのはよく知られてますが、「佃島渡船碑」(だったかな?)の上に箱を載せて、その上に立った裕次郎さんを下から映した映像には圧倒されてしまいました。。

 長い足がさらに長く見えましたからね。

 裕次郎さんと芦川さんが乗っていたピンク色のトヨタ・コロナも良かったです。

 昔の映画には外車がよく出てきますが、タイアップとはいえ日本の大衆車が出てくると親しみが湧きます。

 とにかくおもしろい映画でした。

 まだ観ていない日活映画の中にもこんな感じのものがまだたくさんありそうですね。

 さて、明日(日曜日)は晴れるかどうか・・・。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

東海道新幹線

 今朝出勤するために車に乗ろうとしたら、ボディ全面まっ黄色でしたよ。

 たぶん大量の花粉が付着したのでしょうけど、その割には仕事中のくしゃみは2回あったかないかくらいでした。

 不思議ですね・・・。

 そんな花粉だらけの中を帰宅した夜は、日本映画専門チャンネルの記録映画「東海道新幹線」を観ました。

 これは東海道新幹線の着工から開業までの様子を紹介したドキュメンタリー映画でした。

 何もないところからあれだけのものを造っちゃったのがすごいですね。

 当然のように家を取り壊す“立ち退き”の様子も出てきました。

 測量の時の空撮や開業当時の運行の映像を見ても、どの場所が映っているのかわからないのが多かったのが残念でしたね。

 でも新幹線が地元の浜松駅や浜名湖を通過する映像はわかりました。

 浜松駅のホームは当時は屋根がない部分が多かったんですね。

 駅の周囲にも高い建物がなかったようです。

 今は当たり前のように新幹線を利用していますが、“夢の超特急”を体感できた当時の人がうらやましいですね。

 将来リニア新幹線に乗ってもたぶん新幹線のように感動しないだろうな。

 今回は懐かしい映像をカラーで見ることができて良かったです。

 それにしても今の新幹線、過密ダイヤでよく運行できてるなあと思います。

 名古屋駅だか豊橋駅だか忘れましたが、10分間隔くらいで続々と発車していくのを見た時は驚きましたから。

 パソコンで「今どこを走っている?」みたいなのを見られたら面白いな。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

贅沢な悩み

 今日は日中はNASCAR観戦で180分、映画「黒の試走車」鑑賞で95分、映画「青春とはなんだ」鑑賞で102分、合計で377分もテレビとにらめっこしていたので、どこにも出かけることなく1日が終わろうとしています。

 まあ今日はこれでヨシ。

 ところで車検&修理から帰ってきたカプチーノを2階の窓から眺めていて、それまで貼ってあったバンパーステッカーがなくなったら、急に後ろ姿が地味になったなあと思いました。

P4100005 プリンッとしたお尻はこれはこれで可愛くて気に入っているんですけど、今までのこともあって何か足りないような気がしてしまいます。

 でも交換・塗装したての新リアバンパーには貼らないほうがいいですよね。

 ・・・としたら、あとはトランクパネルくらいしかないでしょうか。

 ・・・だとしたら、今までのように横長のステッカーだと派手すぎるかも。

 できることであれば小さめのものをさりげなく貼りたいですね。

 まあいつもの部品交換会やフリーマーケットで今後じっくり探して見たいと思います。

 

 

 

| | コメント (0)

青春とはなんだ

 チャンネルNECOの日活映画「青春とはなんだ」を観ました。

 夏木陽介さん出演のテレビ番組ではない“映画”のほうですよ。

 出演は石原裕次郎さん、十朱幸代さん、太田博之さん、西尾三枝子さん、高品格さん、桂小金治さんなどでした。

 観終わった後に「見たことある顔だなぁ。」で調べてわかったのは、テレビ番組「大都会」や「西部警察」に出演されていた高城淳一さん、「丸六かまぼこ」CMのおじさんの植頭実(うえず・みのる)が出演されていることでした。

 この映画はアメリカ留学から帰ってきた新任教師の裕次郎さんが、持ち前の熱血指導で生徒たちと向き合う、まさに“青春の映画”だったと思います。 

 青空教室の様子やラストのキャンプファイヤーを囲む場面など、観ていてこちらが照れくさくなるような演出や台詞もありましたが、そこは映画の中の話なので許してあげます。

 裕次郎さんは英語教師役でしたが、ラグビー部の指導の様子や校内での上下白の姿はどうしても体育教師にしか見えなかったですね。

 今回は窃盗の疑いで退学になった生徒が裕次郎先生に殴られてぶっ倒れ、部屋に運ばれた後に涙を流す場面がジーンと来ました。

 不良少年が涙を流すとたまらないです・・・。

 まあ全体的にはスカッとした気分で観ることができました。

 でも同じ裕次郎さん主演の「やくざ先生」もこんな感じだったかな・・・?

 

 

 

| | コメント (0)

黒の試走車

 チャンネルNECOの、今回は大映映画の「黒い試走車(テストカー)」を観ました。

 「試作車」だと思ったら「試走車」でした、間違えました!

 主演は田宮二郎さんでした。

 私が他に知っていた人は高松英郎さん、船越英二さん、中条静夫さん、菅井一郎さんくらいでした。

 この映画は題名の「黒い」という2文字が行ったり来たりしていましたね。

 ライバル自動車メーカーの間でお互いの開発車の情報をスパイ行為で探りあい、騙しあい、どんどん深みにはまっていくという、ある意味恐ろしい映画でした。

 まずは社内の人間を疑う、金をちらつかせてスパイ行為を依頼する、恋人までスパイとして利用する、脅しと暴力でスパイ行為を自白させる・・・。

 会社のためといいながら、やっていることは反社会的のようですね。

 スパイ班の課長・高松さんは怖いくらいに迫力ありました。

 とくにあのギョロッとした鋭い目が!

 最後のほうは暴力で強引に自白させる刑事のようでした。

 田宮さんは部下としてライバル社の情報を探っていましたが、あまりにも酷いスパイ行為に嫌気が差して、最後には会社を辞めてしまいます。

 でも辞職がこの恐ろしい映画を引き立ててくれたなと思っています。

 深みにはまった泥沼から田宮さんだけきれいさっぱり抜け出してくれましたから。

 ライバル社のスパイ部長役の菅井さんは日活映画「青春ア・ゴーゴー」に出演されていた俳優さんでしたね。

 なんとなくユーモアを感じるような、私が好きな俳優さんの1人でもあります。

 映画のラストのように、外観はきれいでカッコよくても本当の中身は“黒い”車は今も走っているんでしょうかね?

 昔ほどではないんでしょうけど、実際はどうでしょうか・・・。

| | コメント (2)

都会の空の非常線

 チャンネルNECOの日活映画「都会の空の非常線」、1ヶ月前くらいに録画してから今日までそのままにしてました。

 他にも数作品観ていない映画があります。

 今回の主役は小林旭さん。

 そして浅丘ルリ子さん、杉山俊夫さん、下條正巳さん、山内明さん、内藤武敏さん、高品格さん、藤岡重慶さん、榎木兵衛さんなどが出演されていました。

 この映画はヘリコプター操縦士の旭さんが活躍する話で、裕次郎さんの映画「紅の翼」を思わせるような“航空アクション映画”といった感じでした。

 空や地での旭さんのアクションシーンはもちろんありましたが、私は杉山さんが子供たちを寝かすための子守唄として「七つの子」(notesか~ら~す~ なぜ鳴くの~)などを歌っている場面が妙に面白くて印象に残りました。

 それが静かに歌うのではなく、ギターを弾きながらの軽快なリズムで必死になって歌っていたので余計に良かったですね。

 ちょっと気になったことですが、キャバレーで乱闘している時の旭さんの右腕の動きがどこか不自然だったように見えました。

 右腕で殴ったりはしているのですが、なぜがダラ~ンとしているように見えることが多く、右腕をなるべく使わないように気を使っているようでしたね。

 私は明らかに痛めているように感じましたが、実際のところはどうだったのでしょう?

 アクションが目立った映画でしたが、医師の下條さんが自分を殺そうとしていた高品さんのケガに気を使ったり、上空のヘリコプターの旭さんと杉山さんが地上にいる子供たちに向けて落下傘でプレゼントを落とした場面は微笑ましかったです。

 旭さんのカッコよさが存分に出ていた映画だと思いました。

 調べたらこの映画の前作に「都会の空の用心棒」というのがあったんですね。

 確かこの映画の中で流れていた旭さんの歌の歌詞が「都会の 空の 用心棒~!」だったような・・・。

 そういえば最近のチャンネルNECO、日活映画の本数が以前より随分減ったような気がします。

 まだ観たことのない日活映画がたくさんあるのになあ。

 特に和泉雅子さん出演でまだ観ていない映画も何本もあるのですが、最近は以前観たことがある映画を再び放送していますね。

 一通り放送してしまって、後は繰り返すだけなのかな?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ハゲが治りましたが・・・

 今日はまた気持ちが良い天気でした。 

 夜勤明けの土曜日の休日でしたが、ちょっと早めに起きていつもの秘境カフェへ行ってきました。

P4090023 でも私としては随分久しぶりのような気がして、スパイシーカレーや深煎りコーヒーの味が懐かしく感じました。

 今日もカレーが美味しい!

 もう一皿食べたいな・・・。

 深煎りコーヒーも美味しい!

 他で飲んだコーヒーと比べても、やっぱりこれが自分に一番合っているなぁと思います。

 外に出ると鶯の声が気持ちよく響いていました。

 そして帰宅後は車検に出していたカプチーノを受け取りに行ってきましたよ。

 今回は塗装が剥げてきたリアバンパーの交換もお願いしておきました。

Pa190010 今までは剥げたところにステッカーを貼って隠していたのですが、そのステッカーも色あせてきて、さらに端のほうから剥がれてきてみっともない姿になってきていたので、今回思い切って交換を頼んだのです。

 おかげでツルツルのきれいな姿になりました。

P4090052 もー、なでなでしたいくらいですよ~。

 でも支払い金額が・・・。

 リアの両サイドのブレーキローターも研磨することになったので、車検+リアバンパー交換&塗装+ローター研磨+その他もろもろで・・・、

 「これ、約19まんえ~ん。」(ここはトーカ堂の北さんの真似で)

 財形貯蓄から「念のために。」と多めに出しておいたお金が一瞬で消えてしまいました。

 でもこれからも大事に乗るためには仕方がないこと。

 しばらくは我慢の生活をしていくつもりです。

 「~つもり」ですよ。

 現実はそう甘くはないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

エコパの後に変身!

 今日は午前は袋井エコパ駐車場の部品交換会へ行ってきました。

 袋井に入る辺りで1回だけ雨がパラパラッと降りましたが、会場は大丈夫でしたね。

 それにしても今日も人や出店が多かったです。

 前回よりは空きスペースが目立ちましたが、それだけ前回が多かったということでもありますね。

 今日も会場を何周したか覚えていませんが、溜まっていた100円玉を久しぶりに使うことができました。

P4030026 しかも大量16枚も使ってNASCARの1/64スケールのダイキャストカー2個を手に入れました。

 “M&M's”ポンティアック・グランプリと“Mobi1”フォード・トーラスです。

 NASCARグッズを見つけたのはうれしかったですが、新品同様のキレイさのため普通のミニカーショップで購入したような気分になりちょっと残念・・・。

 そう思っても買ってしまった私を許してください。

 そして午後。

 先日の風邪のために行くのを先延ばししていた映画を観に行きました。

 それは、「仮面ライダー1号」!

 かなり期待して観ましたが、やはり私の頭の中には昔のイメージが強力に残っているためか、「本郷猛も年を取ってしまったなぁ・・・。」という印象でした。

 感想としては、「立花のおやじさん」の孫娘が出ているのですから、もっとおやじさんのことに触れてほしかったです。

 そしてエンディングで撮影の様子を流すくらいだったら、そこは昔の仮面ライダーの映像にしてもらったほうがカッコよく締まったのになぁと思いました。

 せっかくグ~ッと盛り上がった気分がそこで冷めてしまいましたから。

 でも入場者プレゼントもしっかりいただきましたし、観た勢いでカンバッジセットと藤岡弘さんのブロマイドを買ってしまいました。

 藤岡さんが変身するのもこれが最後でしょうが、私も仮面ライダーの映画を観るのはこれが最後でしょうからその記念に!

P4030022_2

 入場者プレゼントの3枚カードセットも、4パターンのセットがある中で一番私好みの組み合わせでした。

 今思うと先週風邪をひいたのがラッキーでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

41&39スタート

 小学6年生の時から続けている「巨人軍スクラップ」ですが今年も始めました。

 41年目&39冊目のスタートです。

P4020001 今回は私が熱を出して寝込んでいる間に開幕連勝してくれたおかげで、なんとなく良い気分の貼り付け作業となりました。

 でも今年こそは新聞切抜きを溜め込まないようにしたいと思います。

 巨人ファンとしてはルーキーのピッチャー・桜井に背番号「18」を付けてもらいたいな・・・。

 

 

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »