« 支援する会 | トップページ | ワイパーゴム交換 »

雲に向かって起つ

 チャンネルNECOの日活映画「雲に向かって起つ」を観ました。

 「起つ」は「たつ」と読むんですね。

 主演は石原裕次郎さん。

 そして浅丘ルリ子さん、新人(!)の山内賢さん、水谷良重さん、東野英治郎さん、田代みどりさん、滝沢修さん、山田吾一さん・・・など、渋い役者さんが大勢出ていた感じでした。

 この映画は国会記者になりたての裕次郎さんが政治の黒幕の人物と対決するという話でした。

 これを録画してから2週間経っていたのでどのような話だったか忘れていました。

 題名からして“山”が舞台の映画のように思われますが違いましたね。

 前半は裕次郎さんのコミカル調なところを強調した感じで、後半はアクションシーンが多かったですね。

 イメージ的には後年の裕次郎さんの映画にはコミカルな演出が少ないような印象がありますが、このころはまだ十分生かされてますね。

 明るく始まって最後はめでたし、めでたし!・・・私はこういう映画のほうが好きですが、ひょっとしたら以前に思っていたことと違っているかもしれません。

 山内さんの不良っぽい若々しさや初々しさも良かったです。

 得意のギターも自分で弾かれてましたね。

 ところで山内さんが映画の中でツイスト調の曲を歌われていて、それが聞き覚えのある歌でした。

 何の映画だったかな?と考えていたら、映画「太陽と星」に出てきたのを思い出しました。

 二谷英明さん、和田浩治さん、和泉雅子さんが出ていた映画ですね。

 確か和田さんと杉山俊夫さんが店で食事をしている時に2人が観ていたテレビで、そこに映っていた山内さんが歌われていたはずです。

 ひょっとしたら今回見た映画の映像をそのまま使っていたかもしれませんね。

 まだ確認はしていませんが、着ていたシャツが同じような感じなので間違いないと思います。

 この「雲に向かって起つ」の原作は石原慎太郎さんですが、今思い返してみると慎太郎さんらしくない内容の映画だったようです。

 イメージよりも明るすぎるようで・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 支援する会 | トップページ | ワイパーゴム交換 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 支援する会 | トップページ | ワイパーゴム交換 »