« 明日は明日の風が吹く | トップページ | カフェ三昧 »

ラッシュ/プライドと友情

 海外の映画・ドラマ専門チャンネルのイマジカBSで放送された映画「ラッシュ」を観ました。

 F1ドライバーだったニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル同士の伝説の2人を描いた映画です。

 私はF1には全く興味はありませんが、そんな私でもこの2人の名前は知っています。

 知ってはいますがそれぞれどんなドライバーか?

 ラウダはレース中の事故で大火傷を負ったが、奇跡的に短期間でレースに復帰した、そして富士スピードウェイでの大雨の最終戦で、年間のチャンピオン争いでリードしていたにもかかわらず、このままではレースが危険だと判断して途中でリタイアしたために、ライバルのハントがチャンピオンになった・・・。

 これくらいしか知らないですね。

 実際に映画を観始めたら、なんとなく「デイズ・オブ・サンダー」とダブって見えたりした部分がありました。

 この映画でもCGが多く使われていたようですが、他の同じような映画よりもそれがわかりにくかったような気がしました。

 でもラウダの大やけどの治療の場面は必要以上と思うくらいににリアルすぎて、観ていて気分が悪くなるかと思うくらい強烈でした。

 正直言ってこういう内容の映画でここまで忠実にやる必要があるのかな?と思いましたね。

 この映画を観たかった理由は、当時の富士スピードウェイがどのように描かれているかを知りたかったというのもありました。

 でもさすがCG!

 当時のピットのコンクリートブロックの壁やグランドスタンドなどが忠実に再現されていたようです。

 コースのほうは「これ、違う。」と思うところがいくつかあって、特にスタンド前の長いストレートのアウト側の芝の部分が無かったように見えました。

 実在した伝説のライバルを描く映画としては素晴しかったですが、やはり火傷の治療の場面だけは嫌いです。

 富士のレースの模様には力が入りましたが、治療のシーンを思うともう2度と観れないと思った映画でした。

 昔のF1は危険でしたがそれだけ命懸けのレースが多かった、今は安全対策はバッチリでしょうがレースの中身はどうなのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 明日は明日の風が吹く | トップページ | カフェ三昧 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は明日の風が吹く | トップページ | カフェ三昧 »