« 巨人の本 | トップページ | 「一会」 »

運転代行業について

 NHKラジオ第1の静岡版ニュースで、運転代行業の事故が県内では昨年は61件あったというのをやってました。

 その中で代行業者側に原因があったのが44件(?)だそうですが、認可・許可が厳しくなったとはいえ事故は多いんですね。 

 夜勤で帰る時にもそれらしい2台組が走っているのをたまに見かけますが、ほとんどが明らかにスピード超過と思われる走行ですね。

 しかも客の車と代行業者の車との車間距離があまり取られていないことが多いです。

 交通ルールをしっかり守っている業者もあるでしょうが、私はこういう職業が成り立っているのくらいの利用者がいるのが不思議です。

 お酒を飲みに行く時になぜ車を運転していくのでしょうか?

 車を運転していったのになぜお酒を飲むのでしょうか?

 自分の車を見ず知らずの人に運転させることをなんとも思わないのでしょうか?

 だから代行業者の方々には悪いのですが、私は絶対に利用したくない業種でもあります。

 まあ私は家の中はもちろん、外でお酒を飲むのは年に1回あるかないかくらいの人間ですからそう思えるかもしれませんが、そんな中でも特に自分の車を平気で他人に運転させるのは絶対イヤです。

 30年位前に地元のサークルの先輩に運転させてあげたことが1回だけありますが、今ではよくもそんな怖いことをさせたなあと思って反省しています。

 だからもし何人かで私の車で出かける時は、どんな長い距離でも私が全行程運転します。

 とはいっても最近は車の遠出は滅多にしません。

 帰りのことを考えるだけで疲れてしまいますから。

 とにかく運転代行業という仕事が成り立たない世の中に早くなってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

|

« 巨人の本 | トップページ | 「一会」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全くもって同感です!

私もお酒を全く呑まないので、
自分の車を他人に運転させてまで呑みたいという気持ちがよく解らないですね。

投稿: MD | 2016年1月29日 (金) 00時28分

MDさんへ。

こういうことをなんとも思わない人たちが代行を利用するんでしょうね。
逆に言うと代行業者にうまく利用されているのかも・・・。

投稿: まさたみ | 2016年1月29日 (金) 03時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巨人の本 | トップページ | 「一会」 »