« けんかえれじい | トップページ | こんにちわ20才 »

赤い谷間の決闘

 チャンネルNECOの日活映画「赤い谷間の決闘」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん、そして渡哲也さんです。

 他には桂小金治さん、太田雅子(梶芽衣子)さん、岩崎加根子さん、深江章喜さん、野呂圭介さん、高品格さん、榎木兵衛さんなどでした。

 う~ん、やはり裕次郎さんと渡さんが並ぶとカッコいいですね!

 この映画の舞台は山の中の石切場という渋い設定でしたが、逆にそれが独特な感じがして良かったなと思いました。

 同じ流れ者同士の裕次郎さんと渡さんが、石切り場を乗っ取ろうとするグループとまさに“命を懸けて闘う”という映画でした。

 貫禄がある裕次郎さんと若手の渡さん。

 ここから石原プロの歴史が始まっていくんだなあと思いながら私は観てました。

 このお二人が馬にまたがるというのも珍しいのではないでしょうか。

 小林旭さんの「渡り鳥シリーズ」に似たような場面もありましたが、実際は考えられないとしても映画だから出来る演出ですね。

 渡さんや太田さんの声も若々しかったし、小金治さんのあの“おやじさん”っぽい雰囲気も良かったです。

 石切場の作業者も皆さん豪快で一体感があり、本当の仕事仲間とはこういうものだなと思いました。

 そして実際はどうだったかわかりませんが、山の中の仕事という意味では後の映画「黒部の太陽」にもつながるものがあり、ひょっとしたらその下地になった映画かもしれないですね。

 とにかく裕次郎さんと渡さんの固い絆を感じたとても良い映画でした。

 

 

 

 

|

« けんかえれじい | トップページ | こんにちわ20才 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けんかえれじい | トップページ | こんにちわ20才 »