« 赤い谷間の決闘 | トップページ | 上がっていくしかないっ! »

こんにちわ20才

 チャンネルNECOの日活映画「こんにちわ20才」を観ました。

 “こんにちは”ではなくて“こんにちわ”だし、“はたち”ではなくて“にじゅっさい”なのです。

 映画名を調べるだけでも面白かったですね。

 主演は吉永小百合さんと高橋英樹さん。

 他には轟夕起子さん、田代みどりさん、和田浩治さん、笹森礼子さん、桂小金治さん、太田博之さん、進千賀子さんなどです。

 これは下宿屋の娘の吉永さんとそこへ下宿に来た学生の高橋さんとが恋愛・結婚に発展するまでを“明るく”描いた映画でした。

 こういう映画は吉永さんが大きく扱われることが多いと思いますが、高橋さんも主役と言っていいくらいの活躍ぶりだったと思います。

 改めて見ると高橋さんは学生服姿がすごく似合いますね。

 普段着だと年齢以上に老けて見えていましたが、学生服の時は若者らしさが強く前面に出ていたようです。

 この映画で私はなぜか脇役の笹森さんや太田さんや進さん達が光って見えました。

 太田さんは吉永さんの妹役の田代さんの友達役、笹森さんは吉永さんの従妹役、進さんは吉永さんの友人役だったと思います。

 太田さんは子供っぽいところがとても良く、笹森さんと進さんは私の中では吉永さんと同等に見えるくらいの存在に感じました。

 轟さんも優しいお母さんでしたね。

 映画の中での和田さんのドラムと笹森さんの琴の演奏の組み合わせもカッコよかったです。

 最後のほうの大学のダンスパーティーのシーンでは山本陽子さんが奥のほうにチラッと映ってましたよ。

 いかにも石坂洋次郎さんの作品らしい明るい青春映画だったと思いました。

 

 

 

 

 

 

|

« 赤い谷間の決闘 | トップページ | 上がっていくしかないっ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い谷間の決闘 | トップページ | 上がっていくしかないっ! »