« ギリギリセーフ! | トップページ | 旧東海道復路のおまけ »

旧東海道復路・その29

 年末で慌しいというのに、今日は今年初の旧東海道復路の旅に行ってきました。

 かろうじて最低年1回のペースを保てたことになりますが、こんな調子じゃ日本橋に着くのは何年後になるでしょう?

 今回のスタートは国1バイパスの道の駅・宇津ノ谷峠からでした

 藤枝駅から路線バスに乗ってそこまで行きましたが、途中の岡部では車のフロントガラスが真っ白、そして道の駅のバス停で降りたら吐く息が真っ白でした。

 この辺りは山の谷間で日が当らないというのもあるでしょうね。

Pc290015_2 いつものように車の通りが激しい道はただうるさいだけですが、脇道に入ると旧東海道独特のクネクネ道があったりします。

 さすがに年末ということもあって大掃除をしている家が多かったですね。

 高圧洗浄機で家の外壁を洗っている人、玄関先で何かをゴシゴシ洗っている人、窓を拭いている人・・・なぜか年配の人ばかりでした。

 洗車しているのは若い人が多かったですよ。

Pc290037 今回は歩きながら周囲の景色を楽しめるという道は少なかったですが、安倍川の手前でいきなり富士山がドーンと見えた時は感動しました。

 「いよいよ来たな!」という感じでしたね。

 往路ではこんな感じ方は無かったと思います。

 この後の復路ではもう3回分くらいは富士山を見ながら歩くことが出来そうです。

 安倍川を越えた先の府中宿では道を間違えそうになりましたが、危うく気がついたため2回ほど修正して元に戻すことが出来ました。

 府中宿の先では鉄道の線路によって2箇所ほど旧東海道がバッサリ切断されているので回り道しました。

Pc290087 静岡草薙球場北側の線路越えでは地下道をくぐったのですが、これがまた恐ろしいくらいに狭かったです。

 対面通行の道のくせに車1台が通れる幅しかなく、クラクションを鳴らしながら車がダーッと通り抜ける行為は危険極まりない様子でした。

 真ん中あたりに待避所がありましたが、その前後が狭いからあまり意味が無いですね。

 私も向こうからクラクションが聞えなくなった隙を見て早歩きで通り抜けました。

 命懸けの地下道でした。

 その先しばらくしたら坂道がありましたが緩い傾斜だったので難なく歩けました。

 いつもだったら私は食事なしで無理して歩くことが多いですが、午後1時半ころ江尻宿でレトロな喫茶店を見つけたので入ってみました。

Pc290114 「洋菓子喫茶・富士」

 洋菓子喫茶って?

 確かに入り口の前には洋菓子が並んでいましたが、中に入ったら思いっきり昭和の雰囲気が残る、私好みのいい感じのお店でした。

 そしてハムサンドイッチとホットコーヒーをいただきました。

 サンドイッチは辛さは無くマヨネーズが多めで美味しく、コーヒーは酸味強めでした。

 店内の様子から思いっきり地元密着型の喫茶店だと思いましたね。

 いつか妻も連れてぜひ来てみたいです。

 ここからの最寄り駅は清水駅でその先だと興津まで歩かなければいけないので、今日は清水駅前で終わりにしました。

 まあ何とか予定通りに歩けました。

 帰宅後に計算したら今日は5時間15分歩き、歩数は31009歩。

 まあ平均的な結果でした。

 でもやっぱり最低でも年2回は歩かないとダメですね。

 私の高齢化がどんどん進まないうちに何とか日本橋まで行きたいものです。

 今日歩いたことで5冊あるガイドブックが残り2冊となりました。

 確実に日本橋に近づいてはいますがまだまだですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ギリギリセーフ! | トップページ | 旧東海道復路のおまけ »

旧東海道」カテゴリの記事

コメント

とてもいいご趣味ですね。

静岡県の地名には、結構富士山が関係している所が多いですね。
私の実家は磐田市見付なんですが、その名の由来は、京都から東海道で江戸を目指す旅人が始めて富士山を目の当たりにするのが磐田原だったそうです。
そこで「富士山を見付ける」ということで「見付」という地名になったそうですよ。
字名では「富士見町」という町名があってもうそのままですよね。

やっぱ富士山はいつの時代も、いろんな意味で象徴だったんですね。

投稿: MD | 2015年12月29日 (火) 22時38分

MDさんへ。

・・・ということは「富士」の文字が無くても富士山が関係した地名は他にもたくさんありそうですね。
でも今回もそうですが「あの建物が無かったら見えるのになぁ。」と思ったところがいくつもありました。
昔、特に江戸時代以前は手前に山さえなければどこからでも見えたんでしょうね。
だからもし今の時代に富士山が出来たとしたら象徴的存在にはならなかったかもしれませんね。

投稿: まさたみ | 2015年12月29日 (火) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギリギリセーフ! | トップページ | 旧東海道復路のおまけ »