« 悪魔と天使の季節 | トップページ | もうすぐ冬?もう冬? »

風速40米

 チャンネルNECOの日活映画「風速40米」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん、他には北原三枝さん、宇野重吉さん、川地民夫さん、渡辺美佐子さん、金子信雄さん、山岡久乃さん、小高雄二さんなどです。

 深江章喜さんや野呂圭介さん柳瀬志郎さんが冒頭の山小屋の場面に出てましたね。

 これがビル建設に絡む裏の動きを裕次郎さんたちが知り、完成を遅らせるめに妨害する集団らと台風上陸による暴風雨の中で対決する映画でした。

 映画の中の話とはいえ就職面接試験をサボってしまう裕次郎さんの行動は見ていてスカッとしましたね。

 実際にはできそうもないことをやってしまう人し、シャツをベルトの上で結んだり階段の途中から外にポンと飛び降りたり、ちょっとした行動に皆が憧れを持つのは当然だなと思いました。

 それにしても宇野さんと裕次郎さんは“親父と息子”という役がピッタリですね。

 今までの何回かはそういう役があったと思いますが、今回ほど強く感じたのはなかったです。

 後に日本酒の「松竹梅」のCMで共演した意味がやっと理解できたような気がします。

 嵐の中の山小屋のシーンや最後の暴風雨など、この映画では大量の水が使われたのでしょうね。

 おかげで迫力のある映像で楽しめました。

 山小屋の場面で北原さんの登山仲間の女性が裕次郎さんに対して「素晴しき男性って感じかしら。」みたいなことを言っていましたが、裕次郎さんのこの映画の前作が「素晴らしき男性」で、それにかけて上手いセリフを入れたなぁ・・・と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 悪魔と天使の季節 | トップページ | もうすぐ冬?もう冬? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪魔と天使の季節 | トップページ | もうすぐ冬?もう冬? »