« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

ミニカー大集合

 今日は「カートイズミーティング イン 浜松 2015」へ行ってきました。

P9270089 ミニカーやプラモデルやカタログなどの自動車関連グッズのスワップミートなのです。

 数日前にある方のブログを見て偶然知りました。

 うれしい情報をありがとうございました。

 場所は浜松市総合産業展示館1階の第2ホールです。

 入り口を入って左側ですね。

 建物も古いためか、1歩足を踏み入れた途端に「ムヮ~」と暑苦しさを感じるほどの大盛況ぶりでしたよ。

 自動車関連グッズということでしたが、ほとんどがミニカーやダイキャストカーでしたね。

 親子連れはもちろん、いかにも“ミニカー好き”の青年や大人たちが品定めに必死だったようです。

 もちろんこういう催し物でおなじみの「先着物」や「限定物」もあったようですが、私はそういう物には全く興味がありません。

 とにかく“NASCAR”関連のミニカーが目当てで来ました。

 でも探してもなかなか見つからなかったですね。

 ホットホイールのミニカー集団の近くにありそうな雰囲気でしたが・・・ない。

 だから手ぶら帰宅を覚悟したところですが、やっとのことで1/64スケールのミニカーを見つけることができましたぁ!

 そりゃあうれしかったです。

 私の他に買っていく人がいるのだろうか?

 年代はちょっと前の物でしたが、いくつかあった中で私はデイル・アーンハートJr.のモデルを選びました。

 ボンネットフード型のマグネットが付いています。

 よし!これで本日の目標達成・・・と安心した後にふと横のほうを見たら、そこに目立たぬように置かれていた1/43モデルを発見したのです。

 おーっ!(←大興奮の様子)

 私が一番好きな大きさ!

 1/64では小さく、1/24では大きい、この1/43の大きさが収集にはちょうどいいのです。

 ここにあったのも10年以上前のモデルでしたが、当然この中で気に入った1台もゲットしました。

 いや~、来て本当に良かったです。

 ↓これが今回購入した物です。

P9270095 

 上が1/64モデル、デイル・アーンハートJr.のシボレー・モンテカルロSS、たぶん2007年に走っていたものだと思います。

 下が1/43モデル、マイケル・ウォルトリップのポンティアック・グランプリで、こちらは1991年に走っていたマシンのようです。

 おかげでコレクションがまた増えました。

 そろそろ上の物が崩れ落ちそうになってきたので、もっときれいに飾るように考えなければいけないようです。

P9270108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

判明しました!

 今日の仕事は半分は掃除の時間になりました。

 停電だったのです、停電!

 「もうすぐ昼ご飯の時間だ。」と思ったら突然工場建屋内がシ~ンとなったのです。

 それはとても静かでしたよ。

 でもこれまでも理由は何であれ何回か停電になったことがあるのです。

 「安全」「コスト」「納期」とか立派に推進するくせに、度々こんなことで止まってしまうなんてそんなにたいした会社じゃないな・・・と思ってしまいました。

P9190005_01 さて、先週末の土曜日に浜名湖アート・クラフトフェアで購入したキーホルダー。

 その時の様子はこちらです。

 購入したお店のブログを通して質問したところ、「江戸の町人をイメージして作った。」というお返事をいただきました。

 ありがとうございました。

 ということは“ちょん髷”でしたね。

 このキーホルダーは人気があるそうで、更なる増殖を狙っているということでした。

 「江戸の町人」と判明してよかったな・・・。

 これで安心して眠れます。

 おやすみなさい。

 

 

 

 

| | コメント (2)

若い人

 チャンネルNECOの日活映画「若い人」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん。

 他には浅丘ルリ子さん、吉永小百合さん、大坂志郎さん、小沢昭一さん、北村和夫さん、殿山泰司さんなどが出演されていました。

 私は知らなかったですが、この映画も原作が石坂洋次郎さんの有名な小説なのですね。

 しかも戦前に書かれたそうで、石坂さんの出世作とも言われているようです。

 戦前にしてはかなり斬新な内容だったのではないでしょうか。

 簡単に表現すると、裕次郎さん演じる女子高の若い教師、同僚の教師の浅丘さん、そして女学生の吉永さん、この三角関係が基となってましたね。

 裕次郎さんが本当に好きなのは浅丘さん。

 吉永さんも裕次郎さんのことが好きなのです。

 憧れもあったのでしょうね。

 しかしこの浅丘さんと吉永さんに加えて、後半では吉永さんの母親(三浦充子さん)もこの中に入ってくるのでややこしくなってくるのです。

 内容からして裕次郎さんらしくない映画のように思えましたが、逆に言うといつもと違う裕次郎さんが見られたかもしれませんね。

 吉永さんは女学生役でも大人のような演技だったように感じました。

 私が持っているイメージのためか、周りの普通の女子高生達よりも1歩先を行っているようでした。

 でも最後に吉永さんが今にも泣き出しそうな顔で海を見つめている場面がありましたが、これは自分ではもうどうにもできないと思っていたのか、あるいは辛いけど裕次郎さんのことを諦めようとしていたのか、私には何だかハッキリしないままで終わってしまったのが残念でした。

 私はこのまま自殺してしまうのではないかと思ってましたが・・・。

 いろいろ考えられる形で終わるのもいいですが、何か「?」のままで終わってしまったようでしたね。

 坂や海などの風景を見て、ロケ地めぐりの場所としては素晴しいところだと思いました。

 ロケ地は長崎のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

新しい仲間

 本来は月火休みの秘境カフェ「Antique Cafe Road」ですが、祝日の場合は営業されているということなので、新たに飼われ始めた子猫を見るのも兼ねて行ってきました。

P9210002 すでに飼われている“トラ”と“ゴマ”とは色が違いますが、この2匹と同じ御前崎の捨て猫だったそうです。

 名前がなんと“きなこ”!

 たぶん色がきな粉みたいだからとは思うのですが、こういう猫を見ると私はどうしても「ニャンコ先生!」って呼びたくなります。

 ちなみに名前は“~こ”で終わっていますがオスだそうです。

 3匹が一緒にいる時は先輩の“トラ”と“ゴマ”がしっかり見守っている様子でしたが、先輩猫が小さかった時よりは行動範囲が広いような気がしました。

 しかも「ニャー」とハッキリ鳴いたのを聞いたのは3匹の中で初めてだと思います。

 この様子だとたぶん大きくなったら先輩猫以上にあっちこっち活発に動き回りそうですね。

 今日は始めは曇っていましたがそのうち日も差してきました。

 心地よい風と小川のせせらぎで今日ものんびり過ごすことができました。

 猫好きの妻も膝の上で寝ている“きなこ”を見てうれしそうでしたよ。

P9210015

P9210047_2





 

 

 

 

 

| | コメント (0)

浜名湖アート・クラフトフェア

 今日は妻と2人で「浜名湖アート・クラフトフェア」へ行ってきました。

 ちなみに明日も10時から16時まで開催されます。

 今回も大渋滞を覚悟で行きましたが大当たり。

P9190005 宇布見橋北交差点から浜名湖ガーデンパークに入って車を止めるまでの約5kmで1時間20分もかかりました。

 いったいどこからこれだけの人が集まって来るのでしょう?

 まあ急いでいるわけでもなかったので気が楽でしたけど。

 でも会場は暑かった!

 夏に逆戻りしたかと思うくらい本当に暑かったですよ。

 帽子を持っていけばよかったな。

 会場をのんびり歩いている時もクラッとなりそうなくらいでしたから。

 さて、こういう催し物は気に入った物を買っていると、ついついお金を使いすぎてしまうのが怖いです。

 だから私は「!」と思ったキーホルダーを1つだけ購入しました。

P9190005_01 さて、これはいったい何でしょう?

 今思えば出店者の方に訊けば良かったですけど、買うときには私は“丁髷(ちょんまげ)頭”と思いました。

 でもリーゼントにも見えますね。

 こけし雑貨のお店でしたが、このキーホルダーが吊るされているところだけ別世界のように見えました。

 これでも吊るされている中で一番良い顔を選んだつもりなですよ。

 どうやって使うかはまだ未定です。

 通勤車両のキーに使うと擦れてボロボロになりそうなので、それ以外のところでおとなしく丁寧に使いたいなと思っています。

 でもしばらくは飾っておくだけになりそうです。

 会場内を歩いて思ったのは、始めて目にするようなお店がいつもより多かったかなということでした。

 アートクラフトフェアとしてはかなり大規模で人気もあるようですから、全国各地からいろいろな出店があって、雑貨ファンの方々にはたまらない催し物でしょうね。

 私も久しぶりにお日様の下で歩いたのでくたびれました。

 私以上に妻が喜んでくれたのは良かったです。

 それにしても何だろう?↓

P9190022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

体内時計ズレズレ

 昨日の夜勤はいつものように午後5時スタートでしたが、終了したのが今朝の午前6時半でした。

 平常勤務で言えば午前8時から午後9時半働くのと同じ時間ですけど、私と逆の勤務時間の同僚が帰宅した後にまた出社してきたのは変な感じでしたね。

 その間が長い時間だったのか、あるいはあっという間だったのかがわからなくなりました。

 その同僚と今日の夕方もまた会社で会うわけでして、今日だけで何日分も一気に通り過ぎていったみたいです。

 でもたった1日しか経っていないんですよね。

 これだから普段から狂っている体内時計が余計におかしくなってしまいそうですよ。

 こんな生活リズムから早く脱出したいな。

P7190014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

喧嘩太郎

 チャンネルNECOの日活映画「喧嘩太郎」を観ました。

 主演は石原裕次郎さんです!

 共演は芦川いづみさん、中原早苗さん、東野英治郎さん、白木マリさん、二谷英明さん、芦田伸介さん、藤村有弘さんなどです。

 とにかくオープニングでの出演者の名前の多さはすごかったですね。

 小学校の運動会の騎馬戦のシーンもかなり迫力がありました。

 この映画は題名そのもの、裕次郎さんの喧嘩のシーンが目立ってました。

 でも変な言い方ですけど“喧嘩を楽しむ”ような感じでしたね。

 暴れっぷりの裏で会社の不正を暴いていくというよくあるパターンの映画でしたが、国会の参考人招致(?)での裕次郎さんの堂々とした証言はスカッとしていて爽快でした!

 今こそこういうズバットした発言をする人が必要だなと思いました。

 映画の中では裕次郎さんと芦川さんがデートで映画を観に行きますが、小林旭さんと宍戸錠さんが出ている映画でしたね。

 観終わった後の裕次郎さんも「ああいう西部劇みたいなのが好きなんだ。」みたいなことを言ってます。

 確かに西部劇みたいな映画ですが・・・。

 たぶんですが私はこの映画も以前観たことがあるようです。

 白木さんがプールに落ちたり定年退職の日を迎えた東野さんの寂しそうな姿を観た記憶がありますから。

 私の映画の感想はダブっていないと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

よく見え~る!

 今日は先週購入した新しい眼鏡を受け取りに行ってきました。

 私は強度の近視なのでいつも“最も薄くできるガラスレンズ”を頼んでいます。

 おまけに乱視も入っているのでどうしても料金が高くなってしまうんですよ。

 でも数年に1度の購入なので許してください。

 出来上がるまでの1週間は2つ前に使っていた古い眼鏡をかけていたので、テレビ画面の番組表などの細かいところがハッキリ見えませんでしたが、新しい眼鏡はスッキリクッキリ!

 世の中が少しだけ明るくなったような気がしますよ。

P9130002 今回私が偶然選んだメガネフレームは、胸ポケットに引っ掛けられるようクリップみたいな物がテンプル(耳へ伸びている部品)に付いています。

 これは便利・・・なのですが、たぶん私にはこれを利用するチャンスは1回もないでしょうね。

 でも大事に使いたいと思います。

 今回は以前利用したことがある「メガワールド」で再び購入しました。

 今まで使っていたのは1回だけ浮気して「眼鏡市場」で買った眼鏡でした。

 でもこの2つを比べて見ると、購入する前の目の検査や説明の丁寧さが全然違いましたね。

 「メガワールド」のほうが検査の項目がかなり細かくてしっかりしていて、レンズの選定や説明もすごく丁寧でわかりやすかったです。

 逆に「眼鏡市場」は私には合わなかったということですね。

 だって「最も薄いレンズを。」と頼んだのに出来上がりのレンズの厚さを見て、私は受け取りを拒否しようと思ったくらいですから。

 そんな経験から今後は再び「メガワールド」でお世話になることに決めました!

 実は検査後には遠近両用も勧められましたが、見え方の違いがよくわからなかったので普通の眼鏡にしましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

休みだ!御前崎だ!

 「ボッボッボッボッ」エンジンだったカプチーノ。

 ディストリビューター関連部品の交換が終わったということで、昨日の夕方に車を取りに行ってきました。

P9120001_2 今朝それを確認したらプラグコードがきれいな青になってましたよ。

 汚れかけているエンジンルームがちょっと締まって見えるような気がしました。

 かえって青のアース線が邪魔になってますね。

 どっちみちたいした効果を感じなかったアースなので、機会の良い時に外しちゃおうかなと思っています。

 さて、今日は本来だったら休日出勤だったのですが、機械の修理の予定があるということでめでたく休みとなりました。

 昼間の勤務の週での土曜日休みはかなり久しぶりです。

 ということで、諦めていた御前崎での部品交換会へ当然のように行ってきました。

 今回は1時間15分で現地到着。

 開始時間の午後4時までまだ20分くらいありましたが、もうすでに始まっているような状態でした。

 でも個人的な印象では今回は出店数が少なかったようです。

 歩くことは歩いたのですが、いつもより店同士の間隔が大きく感じましたね。

 これといった物もなく、今回は手ぶらでお帰りとなりました。

 う~ん、せっかく来たのに残念です。

P9120008 でもピッカピカのホンダ・T360(かな?)を見ることができたのはせめてもの救いでしたね。

 こういうのは帰ったら絶対にガレージの中に大切に置いてあるんだろうな。

 雨が降っていたら乗ってこないんだろうな。

 古さをあえてそのまま残すほうが私は好きですが、これくらいのピッカピカもやっぱりいいですね。

 手ぶらでの帰りでは西日が非常に眩しかったです。

 今日は残念な結果でしたが、来月はエコパ(4日)とキャルフレーバー2015(18日)の2つがあるので今から楽しみです。

 

 

 

 

| | コメント (2)

増水の川を目の前に

 昨日から今日にかけての台風18号関連の全国ニュースで、今回盛んに「浜松」と出ていたのには驚きました。

 主に降雨量と住宅の浸水や道路の冠水でしたが、同じ浜松市内でも我が家の周辺ではそれらが全く別の地域での出来事に感じるくらい何もありませんでした。

 それだけに被害に遭われた方々はお気の毒でございます。

 「台風が来た時に秘境カフェに行きたい。」とずっと思っていた私は今日は偶然にも有給休暇の日でした。

 気合いを入れて出かけましたが、雨はすっかり上がって路面も乾き、雲の間から青空が時々顔を出すくらいの回復ぶり。

P9090049 でもカフェの前の小川は増水していて音も大きかったです。

 そして私はいつものように、そして妻も同じくスパイシー・カレーと深煎りブレンドコーヒーを。

 今日は私たちが一番乗りだったようで、2匹の猫のうちの1匹がひっきりなしに私たち、特に妻の膝の上で服を引っ掻いたり齧ったりで大変でした。

 何でもその日の最初の客にはいつもこんなお出迎えをするそうです。

 遊び相手が来たと思って喜んでいるようでしたよ。

P9090026 これだけ動き回った猫でも、最後のほうには妻の膝の上でウトウトしてました・・・。

 今日はオーナーさんお1人で切り盛りしていました。

 平日の昼間なのでお客様は少なかったですが、こういう天候の時はどれだけの来客があるか予想が出来ないでしょうから、かえって準備が大変かもしれないですね。

 そして今日の私たちはいつもより長い時間のんびりさせていただきました。

 ありがとうございます。

 かき氷はまだありましたが、温かいものが欲しくなる季節になってきましたね・・・。

 ここでご報告です。

 昨日のカプチーノの「ボッボッボッボッ」の症状(詳細はこちら)ですが、やはりディストリビューターがダメだったようで部品&修理待ちとなりました・・・。

P9090056

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

蜂の怨念か?

 今日は夕方に仕事が終わって帰ろうとした時、車のエンジンがかからなくなりまして・・・weep

 でもセルモーターは回るしメーター内の表示も点灯したのでバッテリーではないみたいです。

 何回かチャレンジしてかかるようにはなりましたが、アイドリング時で500回転くらいの低さ。

 さらに「ボッボッボッボッ」という異常に低いエンジン音。

 アクセルを踏み込んでもそれが高く早くなるだけ。

 しばらくしたらエンジンが止まることはなくなりましたが、帰宅途中で止まってしまったら大変なので、同僚のスマホを借りて修理工場へ電話して、代車と引き換えに持っていってもらうことになりました。

 カプチーノに乗り始めてからこんなこたぁ初めてです。

 同僚や修理工場の方の話では最近の雨による湿気ではないか・・・という話でした。

 でも夜勤の帰りで誰もいない時でなくて良かったですよ、ホントに。

 夜には地震でグラッとくるし、今日はいったいどうなってるんだ?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

流行の店作りのカフェへ

 今日は自治会で“小雨決行”行事の避難訓練があったのですが、その時は雨が降りそうでなかなか降らない、降ったとしても傘やカッパが必要かどうか迷うくらいの微妙な雨でした。

 そして午後3時ころから本格的に振り出してきて・・・遅いって!

 でも避難訓練自体はのんびりした感じで、しかも怪しい天候のために早めに終わりました。

 終了後には豚汁を食べて、炊き出しで作った味付けご飯をいただいて帰りましたが、「こんなんでいいのかな?」と思った訓練でしたね。

 余裕が出た午後は妻と何気なく外出し、偶然見つけたカフェに入りました。

P9060060 浜松市南区小沢渡町にある「さかい珈琲」です。

 全く知らない名前でしたが、今流行りの和風モダン(?)のカフェだというのがお店の外観を見てすぐにわかりました。

 店内に入るとまさにその通り。

 昨年の7月にオープンしたそうですが、最近は新しいカフェというと皆こんな感じですね。

 確かに人気はある店作りだとは思いますが、私はかえって独自性が失われている感じがします。

 「元町珈琲に来たみたい。」

 そう思った私は有機ブレンド珈琲とホットドッグをいただきました。

 珈琲は1杯分としては量が多かったです。

 カップを持ち上げる時の重量感がかなりありましたよ。

 でもこの重さは腕の力が弱いご年配の方はちょっと辛いかなと思いました。

 珈琲はテーブルに運ばれてきた時にフラスコ(?)からカップに全部注いでくれるのですが、あれだけの量だったら始めは半分だけ注いで、後は本人に任せるほうがいいと思いました。

 でもサイフォンの数にも限りがあるから難しいだろうな。

 珈琲の味の違いは相変わらずよくわかりません。

 飲んだ後の口の中の苦味はそんなに残らなかったです。

 今日は駐車場は満車に近かったですし、ご年配連れが結構見られました。

 コメダ珈琲よりは落ち着けましたが、このような店作りばかりだとやはりもう少し独自性が見られるカフェに行きたくなりますね。

 おっと、忘れるところでした。

 昨日の蜂の巣駆除(こちらです)が終わり、今朝その真下に落ちていた蜂を回収したら15匹ほどありました。

 寝ているところを襲撃してごめんなさいネ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

9割がた勝利!

 先日の宣言(こちらです)通り、我が家の蜂の巣の駆除を今晩決行しました。

 蜂は黒い物を狙う習性があるそうなので、ちょうど家にあった白い保護服(汚れる仕事の時などに着る薄い生地の服)をまず着ました。

 そして鼻から下を白いタオルで巻いて後ろで縛り、妻の農園フードを頭から被りました。

 もちろん手には軍手着用です。

 この怪しい姿で非常持ち出し用のライトを左手に、そして先日購入した「一撃必殺・ハチアブ・スーパージェット」を右手に持って、蜂の巣の真下やや斜め横に立ちました。

 ライトで巣の位置を再確認した後に、狙いを定めて一撃発射!

 ブシューッ!と勢い良く薬剤が飛び出しました。

 「行けーっ!」

 「倒せーっ!」

 心の中で叫びました!

 でも暗い中で真下から見ても本当に薬剤が巣まで届いているかがよくわからなかったです。

 そこで念のため家の中に戻って、巣の横方向にある2階の窓から再度一撃発射を!

 2箇所で全部で30秒くらいでしょうか、噴射が無事終了しました。

 参った蜂が落下したかどうかは暗くてわからなかったですが、耳を澄ましても蜂が飛び回る音は聞えません。

 安全を充分確認した後に物干し竿で巣を叩き落しました。

 そして再び外に出て、2枚重ねたゴミ袋に急いで巣を入れて、口元をグルグル巻きにしてゴミ箱へポイッ。

 私の短い戦いは終わりました・・・。

 久しぶりに緊張しましたね。

 完全防御(のつもり)姿で外と2階を往復したために息苦しかったし熱くて汗も出ました。

 最終確認は明日。

 巣の落下地点に蜂が転がっているかどうかですね。

 本当は落下した蜂にも一撃必殺をしたほうが良いみたいですが、今日は視界不良の中で無理をするのはやめました。

 でもやっぱり夕方か明け方、周囲がよく見える時間帯に駆除するほうが良いでしょうね。

 暗い時間帯の時は様子がハッキリわかりませんから。

 それにしても我が家は他の家と比べて蜂の巣ができやすいようです。

 私は外壁の色などが関係していると思うのですが・・・。

 皆様も蜂の巣を見つけたら早めに駆除するようにしてください。 

 自信がない方は業者に頼んでやってもらったほうが安心です。

 なお今日の戦いでは写真を撮る余裕はありませんでした・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

金八先生

 数日前に何気なくテレビを見たら、「3年B組金八先生」第2シリーズの第1話の再放送をやってました。

 CS放送のTBSチャンネル2でしたが、ドラマには無関心な私でもこのシリーズは別。

 第1話を見たらその続きを、続きの第2話を見たらまた続きを・・・で結局は今日まで毎日見ることになってます。

 私はこの前作の初シリーズの時にちょうど中学3年生でしたが、その時は終盤近くになって見始めたくらいでした。

 今回の第2シリーズはあの“腐ったミカンの方程式”で有名ですが、たとえフィクションであっても見ていてジ~ンときてしまうことが多いです。

 来週の私は早勤で昼間は家にいないので、録画予約だけは忘れずに、ここまで来たら最終話まで全部見たいですね。

 ちなみに妻が中島みゆきさんの大ファンになったきっかけがこのシリーズだそうです。

 

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »