« きれいな小川の前で | トップページ | 猫のお相手 »

恋のつむじ風

 チャンネルNECOの日活映画「恋のつむじ風」を観ました。

 最初は観る気はまったくなかったのですが、勢いで予約録画してしまったので仕方なく観ることにしました。

 主演は松原智恵子さん、映画初主演作だそうです。

 他には太田雅子(梶芽衣子)さん、長谷川照子さん、杉良太郎さん、和田浩治さん、川口恒さん、山本陽子さん、丘みつ子さん、沖雅也さんなどです。

 何かで観たことがあると思った女優さんのお名前は西恵子さんでしたが、調べたら「ウルトラマンA」のTAC隊員にいた方ですね。

 確かにそうです、思い出しました。

 この映画の前半は当時(1969年)の若者のイメージが強すぎた感じがして嫌でした。

 さらにオープニングはまるでテレビドラマのようで“映画らしさ”がなく、日活の衰退の近さを感じてしまうようでした。

 しかし後半、登場人物のそれぞれの裏事情が明らかになってくるころからだんだん良くなってきました。

 特に田舎へ戻る杉さんを追うために松原さんが花屋の車に同乗して駅に向かう場面。

 荷台に載せてあったたくさんの花が松原さんのこれからを表現しているようで、とても素晴しい演出だと思いました。

 太田さんは前半は「野良猫ロックシリーズ」以降の梶さん、後半は青春映画風の太田さんのようでした。

 当然のように前半のほうが今の梶さんのイメージが強いですが、私は日活青春映画を観て始めて知った太田さんという感じがする後半のほうがなじみが強かったですね。

 川口さんは時々見かけますが、私はこの方のキザっぽい雰囲気があまり好きではないのです。

 実際はたぶん違うと思いますが、そこまでは分からないですからね。

 あれっ、川口恒さんはあの川口浩さんの弟なんですか?

 全く知らなかったですっ!

 あれっ、元女優の川口晶さんはこのお二人の妹さんなんですか?

 これも全く知らなかったです。

 たぶん皆さんはご存知のはず、私が無知だっただけですね・・・たぶん。

 

 

 

 

 

 

|

« きれいな小川の前で | トップページ | 猫のお相手 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きれいな小川の前で | トップページ | 猫のお相手 »