« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

青春蛮歌

 チャンネルNECOの日活映画「青春蛮歌」(せいしゅんばんか)を観ました。

 「蛮歌」は「挽歌」とは違うと思うのですが何を意味しているのでしょう?

 主演は長門裕之さん。

 他には大坂志郎さん、浅丘ルリ子さん、清水まゆみさん、沢本忠雄さん、小沢昭一さん、南田洋子さんなどでした。

 そんなに期待しないでおまけのつもりで観た映画でしたが、長門さんの演技がとても素晴らしく見応えがありました!

 観て良かったですね。

 この映画はガリ勉校になりきってしまった学校に赴任してきた教師が奮闘して、明るく活気のある学校に戻していこうとする話でした。

 いつもは長門さんに物足りなさを感じてしまうのですが、今回は学校運営に反対している4人組の生徒とのやり取りが熱血教師らしくて観ていて気持ちが良かったし、向かいに住む南田さんのお色気攻撃から逃げ回る場面もとても面白かったですよ。

 長門さんはコメディー的な演技が上手いですね。

 浅丘さんは落ち着いた感じの若手教師の役でした。

 露店で買った手提げの回り灯篭(?)の影絵が長門さんと浅丘さんの姿に変わっていく場面は芸術的な感じがしてとても良かったです。

 ロケ地がどこなのかはわかりませんが、小高い丘から町を見下ろした時の景色が素晴しかったのも印象に残りました。

 今回のように期待していなかった映画がすごく良かった時はうれしいですね。

 こういう機会がもっと増えたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

必死に弾きました!

 今日も暑かったですが雲が多く風もあったので、いつもの暑さよりは過ごしやすかったです。

 そんな中、私と妻は無料のウクレレセミナーへ行ってきました。

 もう何回目になるでしょうか。

 イオンモール内という広くて賑やかな場所なので、家の中で弾く感覚でやっていると自分の音がよく聞こえないんですよ。

 だから音が大きくなるように必死に弾くわけでして、しかも毎日の適当な練習に比べて多くの時間弾いているので、きょうもセミナーが終わった後はくたびれてしまいました。

 でも楽しかったです。

 あっという間の1時間でした。

 先月は出られなかったので来月は参加したいな。

 我が家にあるのは一番小さいサイズのソプラノ・ウクレレですが、一回り大きいコンサート・ウクレレだと音も幾分大きくなるようです。

 店員さんにも勧められましたが買ってしまうとかえって無駄になってしまいそうなので、もっと自分の腕を上げてから考えたいと思います。

 フリーマーケットで中古を見つけたら買ってしまうかもしれませんけどね。

 皆さんもウクレレいかがですか?

 自分がやりやすいようにゆる~く弾けるのがウクレレの良いところですので、簡単なコードさえ覚えればレパートリーもグンと増えて楽しくなりますよ。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

まだまだです

 私の最近のウクレレの練習は加山雄三さんの「お嫁においで」しかやっていません。

 この歌を知っている方が聴いたら「ああ、あの歌ね。」とわかってくれるくらいは弾けるようになったとは思いますけど、コード表を見ずに弾くとやっぱり途中でわからなくなります。

 まだまだですね。

 しかも1曲集中練習のため、それまで練習で弾いてきた曲「風になる」や「乾杯」が上手く弾けなくなりました。

 でもいいんです、これで。

 好きな曲が弾ければ私は満足なのです。

 明日の日曜日も暑くなるのかな?

 水や麦茶ばかり飲んでいるので水太りしそうですよ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

暑いけど涼しい!

 今日はうれしい有給休暇だったので「Antique Cafe Road」へまたまた行ってきました。

 最近の有休は平日にここへ行くために使っているようなもんです。

 家を出る時は暑かったですが、この秘境のカフェへ来てみたらやっぱり若干涼しかったですよ。

 たとえ同じ気温だったとしても景色や音が涼しく感じさせてくれるところでもあるでしょうね。

P7240015 私はいつものようにスパイシー・カレーと深煎りブレンドコーヒーですが、妻はサンドイッチ、デザートにマンゴーのかき氷でした。

 ←いよいよこの季節になりましたね。

 妻も「美味しい!」を連発しながら食べてました。

 自然の中で食べるかき氷は美味しさも増すようです。

 私もひと口いただきましたが、口の中に入れるとサラ~ッとなくなってしまうくらいの軽い氷でした。

 苦味のあるコーヒーも美味しい。

 ここにくると本当にのんびりできるな~。

 2匹の子猫も店内や雑草際をのんびり歩いたり寝転がったりしていました。

 顔や首の辺りはまだ細いですが身長はだいぶ伸びたようです。

 おかげで今日もゆったりとした時間を過ごすことができました。

 堅苦しい場所でのいつもの生活には戻りたくないな・・・。

P7240051


P7240039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

こんにちは赤ちゃん

 チャンネルNECOの日活映画「こんにちは赤ちゃん」を観ました。

 この映画も何年か前に観た記憶があります。

 ブログで紹介したかも・・・(調査中)・・・ありませんでした。

 主演は和泉雅子さんの山内賢さんの2人でしょう。

 他には川地民夫さん、芦川いづみさん、桂小金治さん、杉山俊夫さん、藤村有弘さん、E・H・エリックさん、野呂圭介さん、吉永小百合さんなどです。

 田端義夫さんが本人役で歌を歌っていましたね。

 “ミスター・珍”の名前もありましたが、冒頭の場面で山内さんと杉山さんが喧嘩している中にいた大柄の人がそうでしょうね。

 名前は何回も聞いたことがありますが顔はよくわからなかったのです。

 吉永さんは特別出演なので主演の時ほど出ていなかったですが、「寒い朝」を歌う場面は良かったです。

 これは赤ちゃんを中心に起こるドタバタ喜劇ですね。

 特に前半は騙して慌てて勘違いして大騒動のオンパレードといった感じでした。

 川地さんの妻、つまり赤ん坊のお母さんに山内さんと和泉さんが会いに行くあたりから落ち着いてきたように思えました。

 和泉さんはまだ少女役が合うころのようでした。

 特にふてくされてプイッと横を向く時のふくれっ面がとても可愛く見えました。

 赤ちゃんを抱きながらセリフを言っている時にグッと反動をつけて抱きなおす仕草もなぜか印象に残りました。

 お母さんらしかったというのでしょうか、現在も独身の和泉さんからは想像できないから余計にそう思えたかもしれません。

 若い俳優や女優さんがいる中で川地さんや芦川さんを拝見すると、ベテランという雰囲気が強く感じられます。

 若い人も演技が上手いですが、同じ“上手い”でも何かちょっと違うように見えました。

 この映画はセットでの撮影が多いな・・・と以前観た時にも思ったのですが、やっぱり今回もそう思いました。

 舞台でも充分通用する芝居と言えそうです。 

 和泉さんが山内さんなどと歌う場面がありましたが、あの声は絶対に別人ですね。

 歌手らしい声に違和感があるように感じました。

 あそこは和泉さんご本人の歌声のほうが映画の流れそのままに自然に聞けたんじゃないかな。

 この点だけがちょっと残念でした。

 それにしてもこの映画に出ていた赤ちゃんは今は51歳か52歳くらいなんですね。

 そう思うと日活の俳優さん女優さんたちが今は皆様が高齢というのも納得できてしまいます・・・。

 ちなみに我が家には梓みちよさんの「こんにちは赤ちゃん」のレコードがどこかにあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • | | コメント (2)

    普通っぽくなった腕時計

     朝起きたら今日も若干の頭痛が・・・。

     これで先週分の夜勤の翌日は毎日頭痛との闘いだったことになります。

     数時間するといつの間にか痛みが消えているんですけど何とかならんのか?

     さて、私が外出する時にいつも使っている腕時計。

    P7190012 何年か前のアートクラフトフェアで購入した、本体が木でできているお気に入りの品ですが、バンドがとうとう限界を迎えてしまったようです。

     ゴム製なので穴位置はそのままでビロ~ンと広げるだけで腕にはめることができるという優れものでした。

     しかし汗をかくとゴムバンドが湿ってしまい、使い終わった後は乾燥させなければいけませんでした。

     湿る、乾かす、湿る、乾かす、さらに伸びる、縮む、伸びる、縮む・・・を繰り返しているとどうしても劣化が進んでしまうのでしょうね。

     もうこの工房では腕時計作りはしていないので私は大事に使わなければいけません。

     ある廃校で行われていた小規模のクラフトフェアで偶然この同じ工房に再会した時に代わりのバンドをいただいたので、今日いよいよそれをはめてみることにしました。

    P7190015 いかがでしょうか?

     どちらも濃い色合いになってしまったので木製の本体が目立たなくなってしまいましたね。

     しかも今度はゴム製ではないので、いちいち腕に巻いて穴位置を合わせなければいけなくなりました。

     今までかなり楽をさせていただいた反面、これはかなり面倒な作業です。

     慣れればどうってことはないと思いますが、週に1回か2回程度の使用ではそれまでにかなりの日数が必要ですね。

     色も今までのゴムバンドと同じようなほうが本体も引き立つと思うので、色とサイズが合うものをどこかで見つけられたら購入したいと思います。

     たぶんこの時計は一生使い続けますよ。

    P7190006 昼間に買い物に行ったころに晴れてきて暑い思いをしたので、帰宅後に箱入りのあずきバーを1本食べました。

     冷たくて美味しかったけど、夕食のカレーでは大量の汗をかいてしまいました・・・。

     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    まさたみの法則

     ①職場に傘を持っていかなかった場合、帰宅時に降る雨は弱くない。

     ②職場に傘を持っていった場合帰宅時は晴れる、あるいは傘を差すべきか差さないべきか迷う程度の弱い雨が降る。

     ・・・昨日と今日は②でした。

     でも“休日が雨で仕事の日は晴れ”なんていう最悪のパターンだけは避けてほしいですね。

     

     

     

    | | コメント (0)

    すごい音

     大型で強い台風が来ています。

     我が家で波の音が聞こえる時は普段は「ザブ~ン!ザブ~ン!」という感じですが、今日は大荒れの海を象徴するような「ドードードー!」という大きくて低い音が聞こえています。

     おまけに低気圧のためか、朝起きたら頭痛がひどかったので薬を飲みました。

     おかげでだいぶ楽になりました・・・。

     普段からあまり薬は飲まないようにはしているんですけど、今日は我慢できずに飲んでしまいました。

     お昼過ぎ、波の音がスゴイけど空は明るいしセミも鳴いています。

     今日の夜勤の帰りの時が一番荒れた天気になりそうなので気をつけたいと思います。

     今度の日曜日こそ洗車しなければ!

     

     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    予想外の低さ

     会社の連休も今日までですが、私は今週は夜勤なので明日の朝も少しはゆっくりできます。

     でも土曜日も仕事なのでこの勝負(?)は引き分けでしょうか。

     連休最後の今日も暑かったですが、先日妻の実家から出てきた昔のシングルレコード(EP盤)を中古レコードショップに買い取ってもらいに行ってきました。

     山口百恵・・・ヒットパックシリーズ(ひと夏の経験、ちっぽけな感傷、冬の色、湖の決心)

     三浦友和・・・ほほえみの扉

     南沙織・・・ふりむいた朝

     ピンク・レディー・・・サウスポー

     サーカス・・・Mr.サマータイム

     水前寺清子・・・鬼面児

     西城秀樹・・・ホップ・ステップ・ジャンプ、勇気があれば

     この8枚を持って行きました。

     「ママとあそぼう!ピンポンパン」に出ていたビッグ・マンモスが歌う「火の玉ロック」だけは妻が持っていたいということで家に置いていきました。

     しかし妻と一緒に某中古レコード店に行って上の8枚を手渡したと同時に店員さんに即言われたのが、「EP盤は今は値段が付かないんですよ~。」

     え~っ?

     しかも私たちが渋い顔をしていた時に出してくれた買い取り値が10円!

     かえって店員さんが値をつけてくれたことが気の毒に思えるくらいでした~。

     やはりレコードプレーヤーを持っている人が少ないので店の在庫が増えている状態で、もし買い取ったとしてもなかなか売れないということです。

     もし同じEP盤だったなら希少価値のある珍しいレコードが、あるいはレコードジャケットのデザインが良いLP盤はインテリアとして部屋に飾る人もあるとかで人気があるそうです。

     店員さんも「持っていたほうがよろしいかと思いますよ。」と言ってくれたので、そのお言葉に甘えてそのまま持ち帰ることにしました。

     現実は厳しいなぁ・・・。

     在庫も山のようにあるという話だったですからお店の人も大変なんですね。

     でも持ち帰ったレコードはフリーマーケットに出せば1枚100円くらいで売れるはずです。

     我が家で出すことはありませんけどね。

     というわけで今日は残念な結果に終わりましたが、この後に沼津魚がし鮨・浜松市野店でいっぱい食べてなんとか引き分けに持ち込めました・・・。

    P7140009

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    期限切れ

     暑いですね。

     ニュースで盛んに“熱中症”という言葉が出てきますが、他人事だと思わずに私も気をつけたいと思います。

     さて、我が家では東日本大震災後にある程度の食料や水を用意したのですが、うっかり賞味期限が数ヶ月ほど過ぎてしまったものをいくつか出てしまいました。

     水は6月までの期限だったので沸騰させるものに使っています。

     3月までだったホテイフーズの「やきとり」のたれ味6缶、このうち2缶は今日の夕食時に温めて食べてみました。

     私の腹は今のところは大丈夫です。

    P7130008 問題は”ひとつぶ300メートル”のグリコ・キャラメル。

     賞味期限が2014年11月なので8ヶ月も過ぎちゃいました。

     「定期的なお買い替えをおすすめします。」と記されているのに守れませんでした。

     江崎グリコさん、ごめんなさい。

     でもやきとり缶同様まだ開けていないので大丈夫だとは思うんですけどね。

     蓋をパカッと開けて変な臭いがしたらすぐに捨てますけど、キャラメルの風味がプ~ンと香ってきたら食べちゃうつもりです。

     家のトイレまでは8メートルくらいなので、1粒食べてお腹が痛くなっても18往復はできます!

     今日は買い物に行った時にミネラルウォーターをを3ケース(18本)買ってきました。

     ビスケット缶やご飯物はまだ2年ほどあるので大丈夫でしょう。 

     でも緊急に必要になることが起こらないように願うばかりですね。

    P7130007 さて、我が家では昨晩から蚊取り線香をたくようにしています。

     昨日伺った秘境カフェの真似ですけどね。

     薔薇の香りということですが、私には蚊取り線香の匂いしか感じられません・・・。

     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    午後の秘境へ

     今日は決めてました。

     自治会の防災訓練の打ち合わせが終わった後は、いつもの秘境カフェへ行くことを・・・。

     普段の日曜日だったらお客様がまだ少ない開店時間を狙って出かけるのですが、うれしいことに私は月火と連休なので今日は午後の遅めの時間に行ってみました。

     しかしカフェ内は予想に反して多くのお客様で、私たちは席が空くまで外で待つことになりました。

    P7120021 待つなんて初めてでしたが、じゃれあう子猫たちを眺めていたので退屈はしなかったですね。

     今日は深煎りブレンドコーヒーのみをいただきました。

     ここへ来る度に“深煎り”と“オリジナル”の2種類のコーヒーのどちらかを飲んでいるのですが、今日ようやくその違いがわかったような気がしました。

     深煎りのほうが口の中に苦味が残る時間が長い・・・ってことです。

     なんとなくですよ。

     なんとなくそう感じたのです。

     でも別の日にまた来た時に今日と違った感覚だったらどうしましょう?

     満席に近かった店内も結局は私と妻が最後に帰ることになりました。

     今日も店内に流れている曲と蚊取り線香の香りと目の前の緑のおかげで癒されました~。

    P7120051_2


     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (2)

    命懸け

     今日も休日出勤、くたびれました。

     でも明日から3連休なので今晩は開放感でいっぱいです。

     夕食後には今日予約録画しておいたNASCAR第17戦「Coke Zero 400」を観ました。

    369nascar20daytona20auto20racing 最後のフィニッシュ後の大クラッシュはすでにYouYubeで観て知っていましたが、それでも迫力があり、それはそれは恐ろしい様子でありました。 

     時速300キロのまま横を向いたマシンに3番が乗り上げ、さらに隣に並んでいた2台に跳ね上げられる形で外側のキャッチフェンスに激突。

     いつもだったらそのままの勢いでフェンス沿いに飛んでコース上に跳ね返ってくるのですが、今回は激突した後に支柱に引っかかってガツンと動きが止められてしまったので衝撃が想像以上に大きかったようです。

     コース上にゴロッと落ちてきた時は前と後ろが無くなっていて運転席だけになってひっくり返っていましたが、頑丈なロールゲージのおかげでドライバーは無事でした。

     私たちは気楽に楽しんで観ていますが、ドライバー達はいつこういう目に遭うかわからない中で必死に走っているんですね。

     このような頑丈な車に比べてフニャフニャの車に乗っている私はある意味この方たち以上に危険な立場にありますから、今まで以上に安全運転に心がけたいと思います。

     でも今回は「これがNASCARだ!」と言えるようなレースでした。

     こういう映像を観たりしたら、現地に行った時はキャッチフェンスからはるか後方の席で観戦しなければいけないですね。

     

     

    | | コメント (0)

    「鷲と鷹」を観ましたが・・・

     今日はいつもより早く帰れたのですが、車の運転中に突き刺さってきた太陽の光は完全に“夏仕様”でした。

     暑い!

     そんな中、私は自宅でチャンネルNECOの日活映画「鷲と鷹」を観ました。

     主演は石原裕次郎さんと三國連太郎さんの2人と言ってもいいでしょうね。

     他には浅丘ルリ子さん、長門裕之さん、月丘夢路さん、西村晃さんなどです。

     この映画も何年か前に1回観たことがありますが、その時の印象は裕次郎さんの長い足、そして甲板上での裕次郎さんと三國さんの取っ組み合いの大喧嘩でした。

     やはり今回も殴り合いの大喧嘩は強烈でしたね。

     板の上での殴り合いで転ぶ度にバッタンバッタンとものすごい音がしてましたから。

     私は三國さんが刑事という身分を隠して乗船したのは覚えていましたが、裕次郎さんは何だったっけ?と思いながら観てました。

     人を刺し殺してしまった犯人でしたね。

     その犯人を捕らえるために三國さんは乗船したのでした。

     裕次郎さんがウクレレを弾く場面があり、観終わった後に「鷲と鷹」の演奏コードを検索しましたが見つからなかったです。

     裕次郎さんが手にしていたのは随分派手な縁取りのウクレレでしたね。

     三國さんのギロッとした目は迫力を感じました。

     最後のほうでは白い服を着ていましたが、日に焼けた肌を出してタバコを吸う姿のほうが三國さんらしかったです。

     浅丘さんは子供っぽさが残っていましたが、今回の舞台となる船では似合わない服ばかりでちょっと浮いてしまったように感じました。

     逆に月丘さんの汚らしい姿での登場のほうがこの映画には合っていたと思います。

     今回特に印象に残ったのが、自分が犯した罪の時効の30年をまもなく迎えようとしていることを三國さんに話したオヤジが、最後のほうで三國さんが刑事だというのを知って青ざめる場面でした。

     体も態度もでかいようなオヤジが急におとなしくなる様が面白かったです。

     沢村国太郎さんという俳優さんだったようですが、喜劇俳優みたいで見たことがない面白い人だなあと思ったらこの方は長門さん津川さん兄弟の父親なんですね!

     そういえばいつかどこかで聞いたことがあるようなないような・・・。

     親子共演だったとは知りませんでした。

     えっ?沢村貞子さんは妹で加東大介さんは弟なんですか?

     そういえばこれも何となく聞いたことがあるような気がします。

     どうも失礼しました。

     さて、この記事を作成して公開する前に、「まさか以前にも記事にしてないだろうな。」とふと思って念のため確認してみたら・・・ナントありました!

     2012年8月5日にしっかりと「鷲と鷹」が。

     先に確認するべきでしたね。

     でも驚いたことに今回と似たような感想だったですよ。

     暇な方はぜひ読み比べてください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    また飲んでみよう

     浜松は今日も雨の1日でした。

     こういう日は窓を閉めておくのですが、最近はあえて網戸の状態にして雨音を楽しむようにしています。

     ①ザー・・・rain

     ②シトシト・・・rain

     ③ピチャピチャ・・・rain 

     今日は③でしたが、優しそうな音に聴こえてきて良かったですよ。

     当然のように洗濯物は乾かないので、今日は浴室乾燥機で3時間乾燥させてみました。

     Tシャツやタオルは乾きましたがバスタオルがイマイチだったので、次回は4時間乾燥させてみることにいたしましょう。

     昼前には妻といつもより早めの買い物に行きましたが、某ドラッグストアで「また飲んでみようかな?」とふと思って久しぶりにブルーベリーエキス食品を買ってみました。

    P7050002 前回飲んだ時は効果がよくわからないままだったんですが、昨日のショック(ブログ記事はこちら)が頭に残っていたので“ダメもと”で再び飲んでみることにしました。

     老眼鏡はまだ持っていませんがなるべく使いたくないんですよ。

     でも暗くて細かい部分がよくわからないのです。

     強度の近視なので、仕事ではそういう時は眼鏡を外して目に近づけて見ています。

     今回買ったこのカプセルは60日分入っています。

     約2ヶ月後の9月5日、私の目はどうなっていることでしょう?

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    冷却ファン掃除

     今日は1日中雨でしたが明日も雨みたいじゃないですか!

     休みの日に限って、もうっ!

     そんな土曜日の私は夜まで留守番でありました。

     昼ごろのことですが、いつものようにパソコンで中古車検索していたらマウスの動きに反応しなくなり、突如電源が落ちるという症状が起こりました。

     「?」

     今のパソコンを買って4年2ヶ月、もう壊れたか?

     そこで同じような症状で検索してみたら、パソコン本体内部の埃の影響かもしれないという例がいくつか出てきました。

     そういえば1回も掃除してないなぁ・・・、あ、また電源が落ちた!

     ということで掃除にチャレンジしてみることに。

    P7040005 カバーを外して中を見たらやはり冷却用ファンに埃が付着してました。

     思っていたよりは少なかったですけど、普通に使っていて4年でこういうことになるんですから、家の中に舞う埃は目に見えていなくても結構あるんですね。

     私が見たところによると電源用と基盤用、そして内部全体用の3つのファンがあるのがわかりました。

     電源部のファンは取り出せそうもなかったので、画像の基盤用ファンと全体用ファンの2つを取り外して掃除してみました。

     まずは綿棒で埃を落とした後に掃除機で吸い取りました。

    P7040010 しかし基盤用ファンに付いてきたアルミ製(たぶん)のフィンのような物には埃がビッシリ。

     隙間にまんべんなく詰まっていました。

     このフィン、パキッと割らないよう慎重に外して掃除し、再び慎重にはめ込みました。

     「へぇ~、中はこうなっているんだぁ。」

     普段見られない貴重な物を見ることができましたね。

     そして2つの冷却ファンは無事に元の位置に戻すことができました。

     しかしここまでの作業、私の目の衰えがハッキリわかってしまいました。

     細かいところがハッキリ見えないのですよ。

     強度の近視なので眼鏡をかけているのですが、物がハッキリ見えないのを改めて痛感させられました~。

     あまりのひどさにショックでした・・・。

     掃除が終わった後に電源を入れたところ無事に動き出しました。

     よかった。

     久しぶりの分解作業で、機械イジリが好きだった昔を思い出しました。

     その後の調子ですが今までよりファンが強く回る時が多くなった感じです。

     異音はなくて、ただ単に「ぶゎ~」と強く回るのですよ。

     逆に今までが回ってなかったと言えるのかな?

     これからさらに暑い日がやってきますから、しばらくは様子を見ようと思っています。

     夜は横浜の友達に会ってきた妻のお土産、崎陽軒の幕の内弁当をいただきました。

     辛子の袋までしっかり崎陽軒でした!

    P7040022

     

     

     

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    1号車

     私は旅行で新幹線のこだまに乗る時はほとんど1号車に、あるいは稀に2号車に乗ります。

     席が空いていることが多いですからね。

     ホームと繋がる階段と乗車口との移動が大変ですが、急ぐ必要がないように時間に余裕を持つようにもしているから大丈夫ですよ。

     でも今回の新幹線の火災事件が1号車で起こったというのを知ると、先頭や最後尾の車両に乗って逃げ場が限られてしまうのはまずいかな・・・と思いました。

     先頭車両だったら後ろだけ、最後尾だったら前だけしか逃げ場がないですから、もしその方向で火災が起こってしまったらどうしようもなくなってしまうわけです。

     すぐ逃げられるように通路の自動ドアの手前に座るという手もありますが、デッキ部分で事件があったらかえって危ないですね。

     今回のような大迷惑な事件で、今まで全く気にしなくてもよかったことを気にしなければいけないのかな。

     座席に座ってとりあえずホッとした後も、周囲の乗客の行動を常に気にしなければいけない・・・そんな旅行が楽しいわけがありませんね。

     でも今はそう感じていても、いざ旅行となったら「自分は遭わない。」と思って今までと同じになるんだろうな。

     

     

     

     

     

    | | コメント (0)

    « 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »