« フリーマーケットと乗りたい車 | トップページ | 読むのが大変 »

うず潮

 チャンネルNECOの日活映画「うず潮」を観ました。

 主演は吉永小百合さんです。

 他には奈良岡朋子さん、浜田光夫さん、山内賢さん、東野英治郎さん、二谷英明さん、沢村貞子さん、田代みどりさんなどです。

 林寛子さんの名前もありましたが、吉永さんたちと一緒に「証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)」を歌いながら踊っていた幼い女の子がそうだと思います。

 これは尾道を舞台にした映画で、小説家の林芙美子(ふみこ)さんが東京へ出るまでを描いたようです。

 林さん原作の「うず潮」とは内容が違うようですね。

 映画の中での林さん役の吉永さんは気の毒に感じてしまうくらい明るくたくましく振舞っていたと思いました。

 家が貧しいため自分がやりたいことを遠慮していたような場面が多かったです。

 自分のことよりも母親や父親のことを思っての行動でしたね。

 特に浜田さんの自宅でもある質屋に着物を返しに行って泣き出してしまう場面は、見ているだけでも辛くなってきました。

 でも応募した童話が入選して、それをきっかけに東京へ行くところで映画が終わったのは、今後に希望が持てる感じで良かったです。

 汽車の窓に入ってくる朝日に照らされた吉永さんの顔が印象的でした。

 お互いに吉永さんを好んでいた浜田さんと山内さんのライバル同士がにらみ合う様子も面白く、映画を明るくしてくれていたと思います。

 このころの時代を象徴するような木造校舎も大きくて立派でした。

 袴姿の女学生たちが長い石段を行き来する様子もお上品な感じがして良かったです。

 映画のロケ地探訪を兼ねて尾道に行ってみたくなりましたが、当時と様変わりしているでしょうね。

 ちなみにこの映画は私の生後15日ころに公開されたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« フリーマーケットと乗りたい車 | トップページ | 読むのが大変 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フリーマーケットと乗りたい車 | トップページ | 読むのが大変 »