« 暖かい日曜日 | トップページ | おまけの中から・・・ »

満州の紅い陽

 愛川欽也さんの第8作監督作品「満州の紅い陽」が4月18日(土)から26日(日)まで、東京・中目黒のキンケロ・シアターで上映されます。

 上映時間は午後1:30、午後4:00、午後7:00。

 入場料は前売りが800円、当日券が1000円です。

 チラシでの欽也さんのコメントによりますと・・・

 この映画は1945年8月15日、日本が戦争に負けて満州国は「解散」という形で無くなったところから始まります。

 「満州映画協会」の経理局長の男性が社員の女性とつれだって、満映の金庫から貸金庫のカギと印鑑を持って日本に引き揚げます。

 女性は焼き餃子で商売を繁盛させ、男性は銀行から大金を手に入れて屋敷を買いますが、そのころから男性のまわりに次々と事件が起き始めます。

 ・・・以上、部分的に抜粋・編集させていただきました。

 私もどの日にするかはまだ決めていませんが、今回もぜひ東京へ出かけて観たいと思っています。

 興味のある方はぜひご覧になってください。

 詳しいことは欽也さんのインターネットテレビ局「kinkin.tv」のホームページに出ています。

Img015_2
Img016

 

 

|

« 暖かい日曜日 | トップページ | おまけの中から・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖かい日曜日 | トップページ | おまけの中から・・・ »