« いよいよ! | トップページ | 「風になる」のG »

浮気の季節

 決して「こういう時期は・・・。」という意味ではないですよ。

 私はチャンネルNECOの日活映画「浮気の季節」を観たのです。

 主演は益田喜頓さんです。

 「益」「田」「喜」「頓」・・・漢字は確かこうだったかな?と思ってキーボードから打ち込んだら合ってましたね。

 共演は中原早苗さん、吉行和子さん、沢村みつ子さん、白木マリさん、赤木圭一郎さん、岡田真澄さん、小沢昭一さん、奈良岡朋子さん、藤村有弘さん他・・・という豪華メンバーでした。

 平尾昌晃さんや私が好きな柳瀬志郎さん、そして独特な雰囲気を持つ野呂圭介さんもちょこっと出てましたね。

 益田さん出演の映画をまともに観たのはこれが初めてだと思います。

 中原さん、吉行さん、沢村さんの3人娘の父親役でしたが、どこか頼りない感じの様子が益田さんにはピッタリだったです(失礼かな?)。

 旅館の部屋で白木さんと仲居さんの3人で酔っ払っている場面は面白かったですね。

 ひょっとしたらと思いまして映画公開日と益田さんの生年月日を確認してみたら、今の私(50歳)より2ヶ月ほど若いことがわかりました!

 昔の人は老けて見えたといいましょうか、貫禄があったとでもいいましょうか、この年齢まで歩んできた人生の濃さが私とは全く違うようです。

 もちろん益田さんのほうが充実した人生、苦労された人生だったのは明らかですね。

 そして寅さん映画に出ていた笠智衆さんもそうですが、娘の父親役が似合う俳優さんはいいなぁと思いました。

 末娘役で歌が上手かった沢村さんは始めて拝見しましたが、ハワイのような南国ムードを感じさせる女優さん・・・というより歌手なんですね。

 しかも沖縄出身だそうです。

 そんな沢村さんが甘い声で洋楽を歌っていた場面がとても良かったです。

 この後アクション系俳優になっていく赤木さんは、この映画が唯一のコメディ作品出演だそうですね。

 派手に動き回るカッコいい赤木さんもいいですが、普通の青年を演じているほうが若々しくてさわやかですね。

 このイメージのような役で多くの映画に出演し続けていたらどうなっていたでしょうか。

 何となく生々しい題名の映画でしたが、個性的な俳優さん女優さんが出演されていて観た甲斐がありました。

 でも昔の映画の夜の場面は動きがよくわからないですね。

 映画館で観たらまたもっとハッキリ見えると思いますが。

 益田喜頓さん、江戸川乱歩さん、谷啓さん、私が“ある意味”で知っているのはこの3人だけです。

 おわかりですね?

 昔、プロ野球の南海ホークスに“王天上”という外国人選手がいましたが、この方々と一緒にしたらダメですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« いよいよ! | トップページ | 「風になる」のG »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ! | トップページ | 「風になる」のG »