« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

「風になる」のG

 つじあやのさんの「風になる」 

 私もウクレレの練習で使わせていただいているのですが、「G」コードが上手く押さえられなくて困っているところです。

 たぶん人差し指、中指、薬指を使うのだとは思っているのですが、どうやってもダメなのです・・・。

 こんな狭いところに私の太い指をどうやってまとめるの?

 毎日毎日こんなことで悩んでおります。

 まだ修行が足らないようですね。

 頑張ります。

 でも音楽はやっぱり楽しいですnotes

 

 

| | コメント (0)

浮気の季節

 決して「こういう時期は・・・。」という意味ではないですよ。

 私はチャンネルNECOの日活映画「浮気の季節」を観たのです。

 主演は益田喜頓さんです。

 「益」「田」「喜」「頓」・・・漢字は確かこうだったかな?と思ってキーボードから打ち込んだら合ってましたね。

 共演は中原早苗さん、吉行和子さん、沢村みつ子さん、白木マリさん、赤木圭一郎さん、岡田真澄さん、小沢昭一さん、奈良岡朋子さん、藤村有弘さん他・・・という豪華メンバーでした。

 平尾昌晃さんや私が好きな柳瀬志郎さん、そして独特な雰囲気を持つ野呂圭介さんもちょこっと出てましたね。

 益田さん出演の映画をまともに観たのはこれが初めてだと思います。

 中原さん、吉行さん、沢村さんの3人娘の父親役でしたが、どこか頼りない感じの様子が益田さんにはピッタリだったです(失礼かな?)。

 旅館の部屋で白木さんと仲居さんの3人で酔っ払っている場面は面白かったですね。

 ひょっとしたらと思いまして映画公開日と益田さんの生年月日を確認してみたら、今の私(50歳)より2ヶ月ほど若いことがわかりました!

 昔の人は老けて見えたといいましょうか、貫禄があったとでもいいましょうか、この年齢まで歩んできた人生の濃さが私とは全く違うようです。

 もちろん益田さんのほうが充実した人生、苦労された人生だったのは明らかですね。

 そして寅さん映画に出ていた笠智衆さんもそうですが、娘の父親役が似合う俳優さんはいいなぁと思いました。

 末娘役で歌が上手かった沢村さんは始めて拝見しましたが、ハワイのような南国ムードを感じさせる女優さん・・・というより歌手なんですね。

 しかも沖縄出身だそうです。

 そんな沢村さんが甘い声で洋楽を歌っていた場面がとても良かったです。

 この後アクション系俳優になっていく赤木さんは、この映画が唯一のコメディ作品出演だそうですね。

 派手に動き回るカッコいい赤木さんもいいですが、普通の青年を演じているほうが若々しくてさわやかですね。

 このイメージのような役で多くの映画に出演し続けていたらどうなっていたでしょうか。

 何となく生々しい題名の映画でしたが、個性的な俳優さん女優さんが出演されていて観た甲斐がありました。

 でも昔の映画の夜の場面は動きがよくわからないですね。

 映画館で観たらまたもっとハッキリ見えると思いますが。

 益田喜頓さん、江戸川乱歩さん、谷啓さん、私が“ある意味”で知っているのはこの3人だけです。

 おわかりですね?

 昔、プロ野球の南海ホークスに“王天上”という外国人選手がいましたが、この方々と一緒にしたらダメですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

いよいよ!

 今日は1日中ハッキリしない天気でした。

 そんなに寒くはなかったですが、休みの日はやっぱりスカッと晴れてほしいなぁ。

 さて、アメリカのストックカーレース「NASCAR」がいよいよ開幕です。

 もー、うれしいったらありゃしない。

 今日は開幕前のイベントレース“スプリント・アンリミテッド”を観ました。

 昨日放送されたのを録画しておいたのです。

1423970965_2
 75周という短いレースでしたがクラッシュあり、レース後にドライバー同士のいざこざありでとても見ごたえがありました!

 明日(23日)は開幕ながらシーズン最大のレース“DAYTONA500”。

 私は午前2時からの日テレG+での生放送に今から備えます。

 まあレースのセレモニーは午前3時(現地時間午後1時)過ぎ開始のようなので、ちょっとの寝坊だったら大丈夫。

 ただ心配なのは現地と我が家の天気。

 現地が雨だったら翌日に延期、そして我が家の上空の天気が悪かったらCS放送が見られなくなるという事態が起こります。

 これだけは勘弁してもらいたいな。

 調べたところ現地の天気予報は晴れのようですが、我が家のあたりは雨のようなのでちょっと心配です。

 ・・・今年こそはぜひトヨタ・カムリに勝ってもらいたい!

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

涙でいいの

 チャンネルNECOの日活映画「涙でいいの」を観ました。

 主演は松原智恵子さん。

 他には浜田光夫さん、稲垣美穂子さん、御木本伸介さん、山本陽子さん、黛ジュンさんなどです。

 御木本さんは全く知らなかったですが、松原さんのお姉さん役だった稲垣さんは見たことがありました。

 え~と、確か施設の少年を更生させる役・・・すっかり忘れたので調べてみたら映画「情熱の花」でしたね。

 でも今回観た映画が公開されたあたりの流行のためか、長い“付けまつ毛”が顔の印象を変えてしまっていてとても残念でした。

 馬車に乗って登場した主演の松原さんはテンガロンハット姿がイメージとかけ離れた感じで、しかも恐々(こわごわ)馬車に乗っているのが明らかにわかりました。

 稲垣さんが松原さんを探しに街に出た時のあのミュージカル的な演出は・・・どうなんでしょうか。

 人によって好き嫌いが極端に出てくるようで、今観るとこういう話の映画には合っていない気がしましたね。

 それに対して黛さんの歌う場面はうまいタイミングで入ってきていたと思いました。

 あの甘い歌声はなんともいえないですね。

 この映画はそのおかしなミュージカル場面の後から徐々に良くなってきたみたいです。

 乱暴な言葉でお姉さんを罵(ののし)った松原さんに対して浜田さんが怒る場面がとても印象的でした。

 そしてなぜか“友情出演”枠で内田良平さんや和田浩治さんが出てましたね。

 髪を伸ばした和田さんはドラマー役でちょっとだけの出演でしたが、それでもカッコよかったですねえ。

 パッと最初に映った時は和田さん本人のドラムの生の音だったように見えました。

 内田さんは喫茶店「山小屋」のマスター役でした。

 山男らしく髭を蓄えた姿は貫禄がありました。

 でもやっぱり“付けまつ毛”が代表するように、全体的に女性の化粧が派手だったのがあまり印象が良くなかったですね。

 サラッとした感じのほうが私は好きです・・・って、そんなのは個人の勝手。

 逆に私が怒られそうです・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

やっぱり基本から・・・

 今日も夕食後に20分くらい練習しました。

P2160028 

 ウクレレを買ってから練習は1日も休んでいませんよ。

 もちろん今日も優しい曲、知っている曲を繰り返し練習しました。

 でも先日のウクレレ公開セミナーを受けてから、やっぱり教則本みたいなもので基礎をしっかり練習したほうがいいのかな・・・と思うようになりました。

 今までの方法だと“できる曲”しかできなくなってしまうんじゃないかな。

 もうちょっとレベルがアップするような練習方法もあるんじゃなかろうか?

 難しく考えなくてもいいとは思うのですが、今度の休みの日にでも教則本を探しに行こうかなぁ。

 もちろん行くなら島村楽器に・・・ですけど。

 いったいウクレレ愛好家の皆様は初心者の時はどうやって練習していたのかな?

 

| | コメント (0)

長さんはきっとすごい人

 もう春だと思うのですが、今日の浜松は風が強くて冷たかったですね。

 そんな冬のような日にイオンモール浜松市野の島村楽器で行われた「ウクレレ公開セミナー」に妻と2人で行ってきました。

 今日は妻の親友も一緒に参加してくれました。

 講師は島村楽器専属、そしてウクレレ「KA'ALA」のモデル開発も手がけているという猪古淳仁(いこ ・あつひと)さん。

 やっぱりプロの方が教えていただく“演奏のコツ”はありがたかったですね。

 「なるほど~。」

 「そういうことか。」

 こんなことがいくつもあって、初心者の私たちにはうれしいアドバイスでした。

 猪古さんが言うには同じウクレレ奏者の高木ブーさんは神様だそうです。

 お会いしたこともあるとおっしゃってました。

 でも高木ブーさんが神様ということは、その神様を番組で叱っていた“いかりや長介”さんはもっとすごい人なんだなぁ・・・と私は勝手に思いながら練習していました。

 セミナーの1時間があっという間でした。

 機会があったらまた参加してみたいですね。

 妻の親友と別れた後は帰り道の途中の篠ヶ瀬にある「BUNKA-YA」という喫茶店へ。

P2150023_2 店内はジャズが流れていて静かで落ち着いた雰囲気でした。

 なんとなくアンティーク・アメリカンという感じ。

 浜松では人気の喫茶店のようですね。

 もちろんカプチーノをいただきました。

 こういう静かな喫茶店はまた来てみたいと思いました。

 それでは皆様、「アロハ!」

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

うれしい土曜日

 ありがたいことに今年も妻からいただきました。

P2140011 「お~、ウクレレ型のケースだぁ!」・・・って、よく見たらギターでした。

 いろいろな形のチョコがあるもんですね。

 でもちょうど2人でウクレレの練習をしている時にこういうプレゼントはうれしいです。

 中身はよくある普通のチョコレートのセットでしたけど、ウクレレの練習をしている妻の横でさっそく何個か食べました。

 チョコはすぐになくなるでしょうが、このケースは残しておきたいですね。

 さて、今日はこの他に会社との通勤用の腕時計を探してきました。

 安い腕時計でいいのですが、見やすさを考えて液晶より針、交換を考えてゴムか皮のベルトが条件でした。

 思いつきでいざ「MEGAドン・キ・ホーテ浜松可美店」へ。

 相変わらず商品がギッシリで、どこに何があるかよくわからない・・・。

 探し始めてから数分、ようやく時計コーナーを見つけました。

 やはりホームセンターよりは品数はありました。

 液晶もいいかな・・・と浮気しかけましたが、針の時計、見た感じまあまあの腕時計を購入。

P2140002 
 全く見たことも聞いたことも無いメーカーですが、校舎などにある時計に似ていたという単純な理由で決めました。

 文字盤が大きく見えるのがうれしいですね。

 ベルトもステンレスではないので軽いです。

 消費税込みで1000円ちょっとでした。

 電池も4年は持つそうです。

 ただ中に入っている電池が本日4年目の最終日を迎えていたとしたらショックですけど、いくらなんでもそれは無いでしょう。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ずらり俺たちゃ用心棒

 チャンネルNECOの日活映画「ずらり俺たちゃ用心棒」を観ました。

 主演は二谷英明さんですが、この方が出る映画にしては面白い題名だと思いました。

 他には川地民夫さん、和田浩治さん、南田洋子さん、大坂志郎さん、金子信雄さん、新人の和泉雅子さん・・・えっ?

 私の好きな和泉さんが出ているなんて全く知らずに観たので、名前が出た時はビックリしました。

 この映画は二谷さんと和田さんが出ていることもあって、何となく映画「太陽と星」に似てるかな~と思いました。

 二谷さんは組の用心棒役でしたがとても頼もしかったですね。 

 映画の中だからといえばそうなのですが、うまいこと相手を利用して取引しつつ行動するのがうまかったですね。

 和田さんは二谷さんに助けられる役で、その和田さんの恋人(?)役が高校生の和泉さんです。

 セーラー服姿が可愛かったですねぇ。

 バイクを操る和田さんの背中に抱きついている様子も初々しかったですよ。

 川地さんは組の幹部への昇進に期待して刑務所から出てきて見事に裏切られた惨めな子分でしたが、愚痴をこぼす時や二谷さんに慰められている時の表情ががとても面白かったです。

 当時の川地さんは日活の中ではベテラン組に入ると思いますが、二谷さんと組めば子分的な役もピッタリのように見えますね。

 組に裏切られて落ち込んだ川地さんが酔っ払ってキャバレーに入ってきて、踊っているカップルの間を抜けるという場面がありましたが、そのカップルの中に長門裕之さんがチラッと映ってましたよ。

 「なんだよ、コイツ!」みたいな顔をしてましたが、どう見ても長門さんとしか思えないです。

 もちろんオープニングの出演者の中に名前はありませんでした。

 もう1つ驚いたのがエンディングで二谷さんの歌が流れたことです。

 あれは間違いなく二谷さんの声でした。

 テレビでたくさん映画を観てますが、二谷さんの歌を聴くのは初めてだと思います。

 ドッシリした感じの低い声が渋かったですよ。

 何となく観た映画にしてはいろいろなことを見つけられてとても良かったです。

 こんな感じだと和泉さんが出ていても観ていない映画が何本かありそうです・・・。

 

 

 

 

| | コメント (2)

銀座の恋の物語

 チャンネルNECOの日活映画「銀座の恋の物語」を観ました・・・というのは先月のこと(こちらです)でして、実は先日からウクレレの練習にこの歌を加えているのです。

 楽譜のコードを見たら今までやってきたものとそんなに変わらず新たに1つ加わっただけなので、「こりゃいけるかな?」という安易な気持ちで練習し始めました。

 歌のテンポもゆっくりですからね。

 でも指が余計な弦に当たった時の嫌な音は相変わらずです。

 指が細い妻はこの点は大丈夫のようで、耳障りな音が聞こえることはそんなに無いですね。

 う~ん、どうにかしたい。

 指を細くするか指をうまく押さえられるように練習するか。

 もちろん後者に決まってますけど。

P1250017

 

| | コメント (0)

スワップミートへ

 今朝は4時起床、5時過ぎ出発で「浜名湖2&4スワップミート」へ行ってきました。

 休日ですから苦もなく起きられました。

 今日は外にいても思ったほど寒くなかったですね。

 開始時間は6時ということでしたが、盗み聞きによると数十分早く始まったみたいです。

 雨覚悟でしたがうれしいことに曇り空でのスタートとなりました。

 天気予報が良くなかったためか出店数は思ったほど多くなかったですが、それでも私にとっては充分な数です。

 さて、今日はうれしい収穫となりました。

P2080051 まずはNASCARのピットストップのジオラマモデルとでも言いましょうか、1/43のダイキャストカーとピットクルーが揃ったモデルです。

 こういうのをこういう場で見つけたのは初めてです。

 やはり今日は静岡県の西寄りの地での開催ですから西からの出店者のおかげか、普段見られない物がありましたね。

 早い時間に行って正解でした。

 “超早起きは五文の得”という感じですね。

 そして横のほうにあったポストカードの中にNASCARのものがあったのでそれも購入しました。

P2080045 これは1996年の「NASCAR鈴鹿サンダースペシャル100」のローリング・スタートの場面だと思います。

 先頭はポールポジションの#2ラスティ・ウォレス。

 私はこのレースの模様はテレビ愛知で観ました。

 日本でのNASCAR初開催でしたが、私は「NASCARはオーバルで!」という思いがあったので、ロードコースの鈴鹿には行かなかったです。

 この2品で今日は幸先の良いスタートを迎えられました。

 早く来て良かったな。

 こんなにうれしい物をゲットできた後は心に大きな余裕を持って他の品定めをすることができましたよ。

P2080058 そんな中で次に手に入れたのがキーホルダーです。

 50になったおじさんがなぜこのデザインを買ったのか、わかってくれる人がいたらうれしいです。

 実は車のキーホルダーが情けない姿になっていたので、ここ数回の部品交換会では次なる物をずっと探していたのです。

 今までも立派な物はいくつかありましたが、今日ついに買う決意をしたわけです。

 同じデザインのステッカーがあるのも以前から知ってましたが、そちらは貼る場所が無いので買いませんでした。

P2080050 その代わり・・・のつもりがこちら。

 サイズは大・中・小とありましたがこれは“中”です。

 妻の車がムーヴ・ラテのためという思いもありましたが、どこに貼るかはまだ検討中であります。

 そしてこれらの品定め前後くらいから雨がポツポツ降り始めました。

 確か8時半を過ぎたくらいだったと思います。

 そして3時間くらい会場にいて帰宅したころは本降りになってきました。

 昨日のてるてる坊主(こちらです)が効いたかな。

 本当に早く見に来て良かったな・・・。

 今日の4点買いというのは今までで最多の数だと思います。

 うれしい、楽しい日曜日でした。

 次の部品交換会は来月14日の御前崎だと思いますが、夜勤の後の週末だから余裕を持って行けそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

お願いします!

Teruteru001_2


 どうか明日(日曜日)の浜名湖競艇駐車場、せめて午前6時から10時ころの間だけでもいいので良い天気にしてください!

 寒いのはなんとか我慢しますから。

| | コメント (0)

初ガシガシ!

 今朝(未明)は車のボンネットからルーフにかけて白く凍ってました。

 そんなに酷い寒さではなかったですが風がなかったですからね。

 そこでやっと出番がきましたっ!

P1040002 霜取りメガホンです。

 年が明けた時に買ってから車のトランクに入れていましたが、「いつ使う時が来るのだ?」と待ちに待って待ちくたびれて疲れきってしまったころでしたよ。

 早速手にとってフロントガラスをガシガシしました。

 円を描くようにクルクル動かすだけ。

 お~、霜が取れる、取れる!

 今日くらいの霜なら水をかけて溶けたかもしれませんが、場合によってはさらに凍ってしまう時があるので、今朝みたいにガシガシ削り取るほうが早いでしょうね。

 取れる、取れる、どんどん取れます。

 ただ、欠点を見つけてしまいました。

 午前5時45分のまだ真っ暗な時間帯の作業としては音が大きかったのです。

 薄い樹脂が円錐状になって中は空洞になっているので、音が反響しあって大きくなってしまうようですね。

 さすがに買う時にはそこまで考えなかったですよ。

 これだったらヘラ型のほうが良かったかな・・・と思いましたが、買いなおすのももったいないのでこのまま使わせていただきます。

 おかげさまで視界良好で会社まで行くことができましたから。

 車を運転される皆様もフロントガラスの凍結には充分お気をつけください。

P2060023_2

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

驚きのチューニング

 ウクレレの練習は毎日少しずつですが休まず続けています。

P2050021 妻も負けずに練習していますよ。

 ウクレレを買う時はチューニングで使うチューナーも買いました。

 せっかく買ったんだからチューニングしてみようと思いまして数日前にチャレンジしてみましたが、使い方がよくわからずにうまく合わせられなかったのでそのままにしていました。

 それでもウクレレを買ってから1週間以上経っているので今日は真面目にチューニングに挑戦しました。

 でもいくら合わせようと思ってもメーターが右に左に動くだけ。

 数字とコード名が表示されますがよくわかりません・・・。

 でも念のため改めて説明書をじっくり読み直してその通りにやってみたら、弦が張る、張る!

 こんなに張って切れやしないか?

 そう思いながらさらに張っているとメーターが中央にピッタリ合ったではありませんか!

 こんなに張って音が合ったということは、今までは緩んだまま、音が狂ったままで練習していたことになりますね。

 確かに練習の音が全体的に高くなったのがハッキリわかりました。

 チューニングの大切さを今日始めて知りましたよ。

 でも音が狂ったままでウクレレ講習に参加しなくてよかったです。

 下手な素人が危うく恥をかくところでした・・・。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

夜霧よ今夜も有難う

 チャンネルNECOの日活映画「夜霧よ今夜も有難う」を観ました。

 歌はよく知っていますが映画の内容は全く知らずに今まで来ました。

 主演はもちろん石原裕次郎さん。

 そして浅丘ルリ子さん、二谷英明さん、郷鍈治さん、高品格さん、佐野浅夫さん、大田雅子さんなど。

 榎木兵衛さんや柳瀬志郎さんも出演されてました。

 全体的な印象では“大人が楽しむ映画”という感じがしました。

 こういう映画を“ムードアクション映画”というんですね。

 裕次郎さんがピアノを弾きながら歌う「夜霧よ今夜も有難う」は渋かったです。

 何となく背景をぼかして裕次郎さんが画面の中で浮かび上がっているように見えた映像がそう思わせたのかもしれません。

 冒頭で浅丘さんが事故に遭うシーンを観た時は「銀座の恋の物語」を思い浮かべてしまいましたが、この映画の裕次郎さんは愛することを自分から遠ざけているようでしたね。

 ただ浅丘さんが事故の影響で子供が生めない体になってしまったという場面は、実際に子供がいない裕次郎さんにはとても気の毒な内容だと思いました。

 私と妻にも子供がいませんが、そんな夫婦が観るにはここはちょっと辛いシーンですね。

 高品格さんも味がある役だったと思いましたが、郷さんのボクサーはメイクが微妙だったです。

 メイクでごまかさずに髪型だけ変えていたほうが、郷さんの魅力がもっと出ていたんじゃないかなと思いました。

 映画名からして「めでたし。めでたし。」で終わるかと思っていたらそうでもなかったですね。

 メロディーの雰囲気にはピッタリの内容だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

部品交換会へ

 あっという間に2月ですね。

 今日は袋井エコパ駐車場での部品交換会へ行ってきました。

 富士山はきれいにはっきり見えましたが、会場は寒かったぁ~!

 ハイネックのシャツを着たり手袋や熱いお茶を持って行きましたが、耳を保護するのをうっかり忘れていたので冷たくて大変でした。

 今日も自宅から40分ほどで会場に到着しました。

 それにしても今回は車が多かったですね。

 手前のエコパ・サンデーラン側の駐車場もいっぱいだったようで、後半あたりにはそこに入れない車が部品交換会側の駐車場までゾロゾロ入ってきてましたからね。

 結果的には私は8時半から11時ころまで会場にいました。

 あまりにも寒かったので毛糸の手袋をして歩き回っていましたが、品物を物色する時は滑って不便でしたね。

 早く暖かくなってもらいたいものです。

P2010008 ←さて、今日手に入れた品はこちらです。

 おかげさまで今回もNASCAR物をゲットできました。

 左はベテランドライバーのモーガン・シェファードのダイキャストカーです。

 デラックス・ホイールモデルのようです。

 このM・シェファード、昨年はたぶん1回走っただけだったはずですが、確かその時の年齢が72歳ですよ!

 タフと言えばタフですがこのおじいちゃんは大丈夫だったのかな・・・。

 右側はマーク・マーティンのフィギュアで1997年モデルのようです。

 シールドが上下に動きますし、ヘルメットも取れるんですよ。

 そんな細かい部分まで凝った作りには感心しますが、肝心の顔は本人と全く似ておりません。

P2010017 私もレーシングスーツで判断して購入したのですが、確認するまでは不安でした。

 というわけで先ほどUSAのYahooで画像検索したら確かにM・マーティンだったのでホッとしました。

 でもやっぱり全然似ていませんっ!

 ご本人はもう少し丸顔、いや四角顔かな。

 だからこのフィギュアを飾る時はヘルメットを被せないとダメかもしれないですね。

 約17年前でこういう仕上がりですから、今だったらもう少し似せて作っているんでしょうね、きっと。

 そうでなければ困ります。

 今日手に入れた2品、実は前回の御前崎で#43グッズを購入したのと同じ出店者様です。

 私が前回買い残したのを今回買ったということですね。

 でもNASCARグッズを購入できたのですからうれしいです。

 今日も楽しい1日でしたが、来週(次回)の日曜日も浜名湖競艇駐車場で「浜名湖2&4スワップミート」があるので今から楽しみですよ。

 日の出時間スタート、しかも男性のみ入場料500円ですがそれでも行きたいイベントなのです・・・。

4012120884_bf06910cef_b こちらが1997年ころのM・マーティンご本人の画像です。 

 フィギュアと全く違いますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

| | コメント (2)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »