« 銀座の恋の物語 | トップページ | 蕎麦屋のカレー »

高校三年生

 日活映画を放送しているチャンネルNECOですが、今回は大映の「高校三年生」を観ました。

 私もオープニングを観て初めて「あれ?大映だ!」と思ったくらいでした。

 主演は姿美千子さん。

 始めて知った女優さんですが、なんと元巨人の投手だった倉田誠さんの奥様だそうで驚きました!

 私は映画初出演の舟木一夫さんが主演だと思ってました。

 でも主演じゃないから目立っていないというわけではなく、生徒役で“ここ”という大事な場面で出ていたような気がします。

 他には倉石功さん、高田美和さん、教師役で高橋昌也さんです。

 堺正章さんも生徒役で出てましたね。

 何となく観た映画にしては「高校三年生」はとても良かったです!

 登場人物の中の大人が絡んでくると難しい話になってましたが、生徒同士や教師と生徒が出てくる場面は観ていて爽(さわ)やかでした。

 普通は観ているだけで照れくささを感じてしまうのですが、この映画ではそれは全く感じなかったのです。

 生徒が自転車に乗っている場面がよく出てきましたが、制服姿と自転車は合いますね。

 特に当時の型のゴツイ自転車と制服姿というのは妙に合うような気がしました。

 姿さんは始めは生徒にしては大人っぽく見えましたが、セリフがたどたどしく感じた倉石さんが絡んでくると最後のほうでは本当の高校生らしく見えてきました。

 私個人的な印象ですが、この方は何となく日活の芦川いづみさんに近いかな・・・と思いながら観てました。

 出演者の中で高田さんだけはきちっとした大人の高校生という感じでした。

 “大映”といっったら私は永田社長のワンマン経営、大映スターズ、大毎(毎日大映)オリオンズくらいしか出てきませんが、「こういう良い映画もあるんだなあ。」と改めて思わせてくれるような映画でした。

 観て得しましたね。

 

 

 

 

 

 

|

« 銀座の恋の物語 | トップページ | 蕎麦屋のカレー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀座の恋の物語 | トップページ | 蕎麦屋のカレー »