« ロミオとジュリエット | トップページ | 6ヶ月点検 »

絞首台の下

 チャンネルNECOの日活映画「絞首台の下」を観ました。

 長門裕之さんが主演で、他には渡辺美佐子さん、芦田伸介さん、稲垣美穂子さん、清水まゆみさんなどが出演されています。

 榎木兵衛さんも悪役で出てました。

 なぜこの映画を観ようとしたのかをすっかり忘れていましたが、新人・赤木圭一郎さんの名前があったためだったのをようやく思い出しました。

 映画の題名からして社会的に何かを訴えるような映画かと思ってましたが、ある事件の謎を解いていくというよくある話でした。

 でもよーく観ていないと登場人物、特に怪しいと思われる人たちの繋がりがわかりにくくなる映画だと思いました。

 悪い意味で下手に目を逸(そ)らすことができなかったですね。

 主演が長門さんだったのでそんなに期待していなかった(ごめんなさい!)のですが、一匹狼的な記者の役がピッタリでした。

 “味のある”演技といえると思いましたよ。

 稲垣さんは以前も観たことがありました。

 え~と、施設の少年との話の映画・・・「情熱の花」でしたね。

 さわやかな感じが良かったです。

 でも映画のラストシーンの電車内の会話は意味が理解できないまま終わってしまいました。

 長門さんはスクープの原稿を書いていましたが、外交関係が絡んでいる事件だということであっさり原稿を破ってしまいましたし、電車の行き先も間違えたのか、あるいは何か意味があるのか・・・。

 私としては「?」のままで終わってしまったのがとても残念でした。

 毎度のことですが、もう1回見直せばそれもわかるかな?

 

 

 

 

 

|

« ロミオとジュリエット | トップページ | 6ヶ月点検 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロミオとジュリエット | トップページ | 6ヶ月点検 »