« 財布探し | トップページ | 買わなくてよかった! »

間謀中野学校 国籍のない男たち

 チャンネルNECOの日活映画「間謀中野学校 国籍のない男たち」を観ました。

 「間謀」は“スパイ”と読むそうです。

 今回は何気なくチャンネルを合わせたら放送が始まって間もないころだったのでそのまま観てしまいました。

 だから久しぶりのリアルタイム鑑賞です。

 主演は二谷英明さん。

 他には近藤宏さん、岩崎加根子さん、山本陽子さん、藤竜也さん、西尾三枝子さんなどです。

 これは第二次世界大戦中に中国に侵入してゲリラの行動を探るスパイを主人公にした映画でした。

 スパイですから国籍などの身分を明かさないのは当然です。

 この映画も回想シーンが主でしたね。

 スパイ活動中の二谷さんが中国人女性の岩崎さんと恋におちてしまいますが、この岩崎さんがきれいな方でしたね。

 何かの映画で見覚えのある女優さんでしたが、二谷さんを見つめる悲しそうな表情がとても印象的でした。

 恋愛した相手の本当の身分すらわからないというのは辛いですね。

 戦争中は他人を疑い、少しでも怪しかったら自分や組織を守るためにも殺してしまうことが多かったのでしょうね。

 スパイアクション映画ということですが、“幸せになった人は1人もいない”という映画でした。

 当たり前ですね。

 間諜・・・「かんぼう」または「まぼう」と読むと思ったら「かんちょう」でした。

 意味は“ひそかに敵側の情勢をさぐって,味方に通報するもの。間者。スパイ。”(広辞苑より)です。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 財布探し | トップページ | 買わなくてよかった! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 財布探し | トップページ | 買わなくてよかった! »