« 真白き富士の嶺 | トップページ | 珈琲屋さんへ »

花の特攻隊

 チャンネルNECOの日活映画「花の特攻隊 あゝ戦友よ」を観ました。

 歴史的に見ると活気だった日活の終わりが近づいているころだと思います。

 杉良太郎さん主演で、他には和泉雅子さん、藤竜也さん、沖雅也さん、三ツ木清隆さん、岡崎二朗さん、浜田光夫さん、梶芽衣子さんが出てました。

 さらに渋いところでは丹波哲郎さんや玉川良一さんも出演されてましたね。

 この映画は第二次世界大戦の日本の特攻隊、しかも戦闘機に吊るされて目標物近くになったら切り離されてそのまま突っ込んでいく「桜花」という特攻兵器が出てきます。

 もちろん有人という恐ろしい兵器!

 こういうことはあってはならない、こういう悲惨な戦争が二度と起きてはいけない・・・そう思いながら観てました。

 杉さんはキリッとした厳しい表情がとても良かったです。

 青春映画ではどこかヘナヘナしていて頼りない感じでしたが、それとは全く別人のような、戦争映画にはピッタリの配役だと思いました。

 疎開している弟に母の死を告げようとしてためらう時の辛そうな表情が特に良かったです。

 三ツ木さんの若々しいさわやかな声も印象に残りました。

 子供のころ見ていた記憶がある「光速エスパー」もこんな感じだったのかな。

 杉さんの恋人役である和泉さんは、「男の紋章」シリーズと同様“耐えて待つ”の悲しい女性でした。

 戦争に出て行って死んでしまう人はもちろん、そのために残されてしまった家族や恋人の辛さはどれほどのものだったか・・・と思います。

 和泉さんはそういう役が合ってしまってますね。

 女優としてはいろいろな役ができていいかもしれませんが、私としてはやっぱり明るくて元気のある役のほうを多く演じてほしいです。

 浜田さんはあの大人気のころに比べて思いっきり脇役になってしまった印象を受けました。

 杉さんと並ぶくらいの出演かと思いましたが、それが全く違ったのが残念でしたし期待はずれでした。

 さらにこの映画を観て思ったのは、実際に戦争を体験されたベテラン俳優さんや女優さんは、このような戦争映画を演じる時にはどんな思いなのか・・・ということです。

 家族や友人、ましてや恋人を実際に亡くしている人もいるはずですが、その悲惨な体験を映画でも演じなければいけないことに抵抗はなかったのでしょうか。

 まあ大丈夫な方々が出ておられるとは思いますが私の考えすぎでしょうか。

 でも題名を見て思うに、「特攻隊」に“花”なんかあるわけがないですね。

 こんな恐ろしい部隊に花を持たせるような時代は来てほしくないです。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 真白き富士の嶺 | トップページ | 珈琲屋さんへ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 任侠・戦争映画はあまり観たくない
 でもとくに戦争映画は観ないと
 この方がいたから日本は平和なんだから
 ひょっとして私は生まれなかったのかなあ
 あまり戦争映画を美化して欲しくない
 未来に伝えていかないと

 今どこかで紛争が起こってますけど
 皆いなくなるまでするのかなあ
 悲しすぎます
 安倍さんよく考えてほしい

 杉さんはカッコよすぎます
 この頃は日活の俳優さんは日活を
 離れる方が多かったのでは
 スターさんが脇役に

 私も和泉雅子さんは明るくて元気のある役の ほうがいいですね

投稿: きなこ | 2014年8月 1日 (金) 23時02分

きなこさんへ。

殺し合いのどこを美化する必要があるのか・・・。
それを考えると、やはり戦争映画は悲惨さや愚かさをしっかり伝えるものであってほしいですね。
楽しいことなんかあるはずがないですよね。

この映画のころの日活は戦争物が多い気がしますが何か理由でもあるのでしょうか。

杉良太郎さんは本当に良かったですね。
「遠山の金さん」や「大江戸捜査網」などの原型を見たような気がしました。

投稿: まさたみ | 2014年8月 2日 (土) 02時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真白き富士の嶺 | トップページ | 珈琲屋さんへ »