« 暑いなあ・・・ | トップページ | 今日も秘境へ »

涙をありがとう

 私が嫌いな「感動をありがとう!」という言葉とは関係ありません・・・。

 今日はチャンネルNECOの日活映画「涙をありがとう」を観ました。

 珍しくあの「星のフラメンコ」の西郷輝彦さんが出演されている映画です。

 しかし主演は高橋英樹さん、他には和泉雅子さんや山本陽子さん、久保菜穂子さんなどが出演されていました。

 いきなり「アニキ~ッ!」という西郷さんの叫びから始まりましたね。

 西郷さんは主演扱いだったとは思うのですが、事件解決に活躍したのは高橋さんのほうでした。

 男らしい覚悟を決めて事件解決に挑む高橋さんの姿は、どこか「男の紋章」を思い出させてくれました。

 今回の和泉さんは高橋さんではなく西郷さん寄りでした。

 やはり悲しい立場の役だったようですが、衣装を見るとお金持ちの家の“お嬢さん”という感じでした。 

 “文学青年”、あるいは“勤労青年”というイメージの舟木一夫さんとは違って、西郷さんはこの映画では“やんちゃな青年”に見えました。

 無茶なことをしでかそうとする西郷さんを、『アニキ」格の高橋さんがなだめているところなんかは本当の兄弟みたいでしたね。

 映画の中では西郷さんの死んだお兄さんが高橋さんに似ているという設定でしたが、最後の回想シーンがどこか中途半端に思えたのが残念でした。

 でもそれでもいいのです。

 私は和泉さんが出てくるためにこの映画を観ただけですから。

 この映画だけで西郷さんを評価するのは失礼だとは思いますが、どちらかというと私は舟木さんのほうがいいな。

 三田明さんもさわやかでいいと思います。

 ・・・・・いったい私は昭和何年の生まれなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 暑いなあ・・・ | トップページ | 今日も秘境へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 わたしも観てて西郷さんの演技何か気にかか るとゆうか違和感がありました
 どちらかと云うと私も舟木さんのほうがいい
 ですね

 最後のところで西郷さんが自動車で高橋さん を助けに行こうとそこで和泉雅子さんが涙で
 西郷さんを止めに入るところすきですね

投稿: きなこ | 2014年8月 8日 (金) 20時46分

きなこさんへ。

西郷さんは不良青年が更生していくような役のほうが似合ってるかな・・・とも思いました。
というのもどうしても俳優の松村雄基さんとダブって見えてしまうものですから。

ご指摘された場面の和泉さんは必死でしたね。
西郷さんも急におとなしくなってしまいましたね。

映画とは全然関係ないのですが、松村さんのプロフィールを確認したら生年月日が私とちょうど1年違いでした!
話をするきっかけを見つけられました。
会うことはないでしょうけど・・・。

投稿: まさたみ | 2014年8月 8日 (金) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑いなあ・・・ | トップページ | 今日も秘境へ »