« 旧東海道復路・その27 | トップページ | ウォーキングシューズ探しへ »

初の初盆

 今日は伯母の初盆で妻と2人で親戚の家へ行ってきました。

 30年くらい前に祖母が亡くなった時はキリスト教式だったので、私にとっては初めての“初盆”。

 何をどうしたらいいのかまったくわからなかったですけど、妻に聞き、あるいはパソコンで調べたりして前準備をしました。

 でもお線香を上げた後は、普段遊びに行った時と同じように世間話をしてのんびりさせていただきました。

 “初盆”の後は今後何があるのか・・・なんてまったくわからないです。

 恥ずかしい・・・。

 子供のころから何かと遊んでくれていた伯母ですが、今も亡くなったという気がしないですね。

 人の死とはそういうものなのでしょうか。

 ただ今までのように頼って相談したい時になって始めて「あ、亡くなったんだな。相談できる人がもういないんだな。」と感じるんだろうな。

 私はもう人生の先輩方に頼るような年齢でもないんですけど、頭の中は昔の思い出のままですからね。

 「その思い出をいつまでも残しておきたい。」と私は思うのでありました。

P7140099 帰宅した後は珍しくコーヒーで一服。

 実は先日秘境カフェ「Antique Cafe Rord」へ行った時にコーヒーカップと挽いてくれたコーヒー豆を購入してきたのです。

 やっとそれを生かすチャンスが来たのだっ!

 そして生かしたのだっ!

 う~ん、大人の味。

 それにしても私の指の感触にピッタリのカップを選んだ甲斐がありました。

 引っ掛かりが全くなく、スッと持つことができます。

 これでお茶も飲めるかな・・・なんて思ったりしましたが、やはりコーヒーを飲んでこそこのカップの良さがわかるような気がしますね。

 さて、連休最終日の明日は新しいウォーキングシューズでも探しに行こうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 旧東海道復路・その27 | トップページ | ウォーキングシューズ探しへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

へぇ~。それはそうですよね。
キリスト教とお盆は接点がないですもんね。

「亡くなった方の思い出を残しておきたい。」
とおっしゃるまさたみさんは、それだけでキリスト教も仏教も宗派を越えて、ご供養になっているはずですね。

お盆も私の勝手な解釈では、
「普段は疎遠な身内も、一年ごとに亡くなった方を思い出すために集まり、親族であることを再認識するもの。」
というように解釈しています。

亡くなった方は多分、そういう役目を担っているんじゃないでしょうか。

四連休最終日、暑いですね・・・・。

投稿: MD | 2014年7月15日 (火) 09時58分

MDさんへ。

私の3人の伯父は皆関東地区住まいなので、やはりこういう時にしか揃う時はないですね。
今回は日程違いで会えなかったですけど。
でも皆80歳前後なのでこちらへ来るだけでも大変のようです。
こちらに残っている私にとっては寂しいことですが・・・。

四連休(初日は休出)の最終日だけまともなお天気とは!
うらめしや~・・・。

投稿: まさたみ | 2014年7月15日 (火) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧東海道復路・その27 | トップページ | ウォーキングシューズ探しへ »