« サッサと帰宅 | トップページ | 松下さん »

日活の銀幕スターたち

 今日は予定を早めて藤枝市郷土博物館で現在催されている「日活・青春映画スター展」へ行ってきました。

 東海地区初開催だそうです。

 本来は来月の初旬、平日に休んだ時に行こうと思っていたんですけど、まあ今日でもいいかな?と思って出かけてみたのです。

 国1バイパスを東へ走って薮田西インターチェンジで降り蓮華寺池(れんげじいけ)を目指しました。

 そこの公園内に博物館があるのです。

 駐車場に着くとたくさんの車がありました。

 昔の日活の根強いファンがたくさん見に来ているようです。

P7270001 今日も暑かったですが、ここの施設は池の横にあるためか風が強かったですね。

 施設内の受付の横には、憧れの銀幕スターたちのブロマイドが売られていました。

 チャンネルNECOで拝見しているおなじみの映画スターの顔がたくさん!

 最初は同時開催中の「昭和のあそび横丁」へ。

 昭和の時代の懐かしい縦長のホーロー看板やブリキのおもちゃなどがありましたが、ここのコーナーは軽く流しました。

 そしてそこから奥へ進むと・・・ズラッと並んでました。

 日活映画のポスターや映画看板、スチール写真やパネルが。

 私もテレビで多くの日活映画を観てきましたが、ポスターを見るとまだ観ていない映画がたくさんありますね。

 今回見に来たのは特別展の“前期”。

 石原裕次郎さんが着用したアロハシャツや、女優さんたちが着用した森英恵さんデザインの服などが展示されてました。

 驚いたのが女優さん着用の服の小さいこと!

 一緒に行った妻が特に驚いてました。

 今だと小学校高学年か中学生くらいのサイズに見ええました(私は!)。

 小柄な方が多かったんですね。

 でも服のデザインは今でも充分通用するものが多かったようです(妻の感想ですけど)。

 なお8月19日からの特別展“後期”は吉永小百合さん着用の白ブラウス他を展示するそうです。

 そういえば「嵐を呼ぶ男」で裕次郎さんが叩いたドラムセットも展示されてました。

 一回りしてみての感想ですが、なんとなく昭和30年代の作品や展示品が多かったようです。

 日活ダイヤモンドライン。

 つまり石原裕次郎さん、小林旭さん、赤木圭一郎さん、和田浩治さん、そして宍戸錠さんと二谷英明さん。

 この方々の時代の映画が多かったなと思いました。

 渡哲也さんが控えめだったし、和泉雅子さんや浜田光夫さん、吉永小百合さんだってまだ子供っぽい顔だったころの映画ポスターが目立ちましたからね。

 特に和泉雅子さん関連が思ったより少なかったのが残念でした。

 “共演者”としての映画が多かったです。

 そして駐車場の車の多さに反して、この特別展に来ていたのは私と妻の他には年配のご夫婦1組だけでした。

 人が多すぎるのも困りますが、期待したわりにはあまりにも少なかった・・・というのも逆の意味で残念でしたね。

 今日私たちが行った時間帯(昼ころ)がちょうど人出の谷間だったということであってほしいです。

 そう言っておいて、私は“後期”は行かなくてもいいかな・・・と思っています。

P7270009 博物館を出た後は蓮華池周辺を散策しました。

 文字通りそれはそれは見事な蓮の花と葉っぱでしたよ。

 風の方向によって葉が揺れているところと揺れていないところとの様子の違いがおもしろかったです。

 ここを出た後は、事前に調べて見つけておいたカフェへ行ってみました。

 石蔵を改装したということで妻に気に入ってもらえそうでした。

 定休日が月曜日と隔週日曜日なので“良いほうの日曜日”に期待しましたが、残念。

 今日は良くないほうの隔週日曜日だったようです。

 というわけで、いつもの秘境カフェへ立ち寄ることとなりました。

 これで5回目になるかな。

 今日はいつもよりお客さんが多かったです。

 駐車場もいつもよりひとつ奥の場所に止めることになりました。

 でものんびりできました。

 今日はお店の方に「いつもありがとうございます。」と言われたのが一番うれしかったです。

 また来週も行きたいと思ってます。

P7270025_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« サッサと帰宅 | トップページ | 松下さん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 6年前に日活映画のポスター展がありました
 インターネットで知って行ってきました
 ポスターを見てたら急に年配の男の方が
 名刺をくださったのでビックリしました
 その方が柳瀬監督さんでした
 そのときはたくさん来てました
 「北国の街を」観て最後柳瀬監督さんと
 大体20人ぐらいの方々と写真を撮りました

 森英恵さんデザインの服が見られてよかった ですね
 私もみたかったなあ

 ちなみに和泉雅子さんの映画ポスター
 20枚ぐらい集めました
 高くてなかなかゲットできないですけど

投稿: きなこ | 2014年7月27日 (日) 21時14分

きなこさんへ。

実際にご活躍された映画関係者にお会いできるとはうらやましいですね。
こういうところが首都圏開催と地方開催との差なのでしょうか・・・。

そういえば受付け横のブロマイドに和泉雅子さんがなかったようです。
見つけたら「買おうか、やめようか・・・。」と絶対悩むと思うのですけど、全くそれがなかったので本当に売られていなかったのだと思います。

映画ポスターもいいですね。
私だったら和泉さんファンになったきっかけの映画「東京ナイト」のポスターかな。
額に入れて、“焼け防止”のためにも日が当たらないところに飾りたいです。

投稿: まさたみ | 2014年7月27日 (日) 22時22分

先日はコメントありがとうございます。
僕は実家が藤枝なので、蓮華寺池公園も博物館もよく知ってますが、今回はそんな映画ロマン満載の特別展が開催されてたのですね。それなら地元の人も、もっと足を運ぶべきです。^_^
蓮の花も写真を撮りに行ったことがあります。他所にはなかなかないスケールなので、撮りがいがあります。

秘境カフェ、行ってみたいです!

投稿: コーディー | 2014年7月28日 (月) 08時12分

コーディーさんへ。

こちらこそコメントをいただきましてありがとうございます。
藤枝は従姉が住んでいたり、親戚の集まりでエミナース(閉鎖?)に泊まったことはあるのですが、それ以外は何の縁もないところでした。
でも石蔵のカフェは行きたいし、田中城の周囲も円(堀の跡?)が重なったようで面白そうなので、近いうちにまた出かけることになると思います。

まあご覧の感じのブログではありますがまたお立ち寄りくださいませ。

投稿: まさたみ | 2014年7月28日 (月) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッサと帰宅 | トップページ | 松下さん »