« 偶然の喫茶店へ | トップページ | お世話になりっぱなし »

あじさいの歌

 チャンネルNECOの日活映画「あじさいの歌」を観ました。

 主演は石原裕次郎さん、そして、芦川いづみさん、東野英治郎さん、轟夕起子さん、大坂志郎さん、中原早苗さん、小高雄二さんなども出演されていました。

 この映画も原作が石坂洋次郎さんの文学作品のようです。

 冒頭シーンから裕次郎さんが画面に出てきましたがあまりないことでしょうね。

 珍しいなと思いました。

 足を捻挫した東野さんやめまいで倒れた轟さんを背負って助けるところなどは、きっと普段の裕次郎さんも同じことをしただろうな・・・と思いながら観てました。

 主演は裕次郎さんですが、芦川さんもある意味主役扱いのように感じられた映画でしたね。

 芦川さんは家庭の中で父親の東野さんに大事すぎるくらいに育てられた娘ですが、裕次郎さん登場をきっかけに外の世界を知っていきます。

 その芦川さんが徐々に変わっていく様子も充分楽しめたような気がしました。

 東野さん、芦川さんの住む古い洋館の使用人夫婦として出ていた殿山泰司さんと北林谷栄さんもとても良かったです。

 セリフでズバッと言うのではなく、お二人の“年の功”とでもいうのでしょうか、なんでもない会話の中に人生の積み重ねを感じるようでした。

 “味のある演技”ですね。

 ところで、映画の中では芦川さんが“美しい娘”という設定でしたがピッタリですよっ!

 

 

 

 

 

 

 

|

« 偶然の喫茶店へ | トップページ | お世話になりっぱなし »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 偶然の喫茶店へ | トップページ | お世話になりっぱなし »