« 次は鳩 | トップページ | あっという間 »

沓掛時次郎

 チャンネルNECOの日活映画「沓掛時次郎(くつかけときじろう)」を観ました。

 冒頭にお知らせが出ましたが、この映画フィルムはすごく貴重な物のようですね。

 戦争後に日活が映画製作をを再開した時の第2作目だったと思います。

 時次郎役には島田正吾さん。

 他には水戸光子さんや辰巳柳太郎さんなどが出ています。

 島田さんも辰巳さんも新国劇の大スターだったそうですね。

 辰巳さんのお名前は聞いたことがありますが、島田さんはちょっとわからなかったです。

 でも「お~い、お茶」の初期のCMに出ていたそうで、そういえば何となく見たことがあるような・・・。

 この映画はいわゆる“股旅物”です。

 時代劇ですから難しい中身かなと思ってましたが、最後まで見入ってしまいました。

 時次郎はヤクザ者ですが、“義理と人情”を絵に描いたような渋い人だと思いました。

 斬った相手の妻と子供の面倒を見るのですが、妻の水戸さんの表情がだんだんと変化していくところが良かったです。

 子供が島田さんと水戸さんを結びつけているようでした。

 最後の場面もジーンときてしまいましたね。

 そもそもなぜ私がこの映画を観たのか?

 それは愛川欽也さんが「沓掛時次郎」の映画を製作していて、それが東京・中目黒のキンケロ・シアターで今後上映される予定でして、ぜひそれを観に行きたいと思っていたところなのです。

 偶然といえば偶然ですねぇ。

 でも今回の映画監督の佐伯清さんと愛川欽也監督との映画作りの違いなどがいろいろ発見できそうでとても楽しみです。

 ところで、伊藤園の「お~いお茶」のCMに出ていたのがこの映画の主役の島田さんだったら、以前「クール宅急便」に出ていたお父さんも島田さんじゃないのかな?

 吉幾三「息子さんからです。」

 お父さん「お~、冷えてるねぇ。」

 吉「娘さんからです。」

 父「かなり冷えてるねぇ。」

 吉「奥様からです。」

 父「冷えきってるな・・・。」

 こんな感じだったと思います。

 島田さんなのかなぁ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • |

    « 次は鳩 | トップページ | あっという間 »

    映画・テレビ」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « 次は鳩 | トップページ | あっという間 »